育毛剤はどこに働きかけるのか?どんな副作用があるの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

育毛剤はどこに働きかけるのか?どんな副作用があるの?

一口に育毛剤といってもその種類はたくさんあり、それぞれ配合されている成分が異なります。では、自分に合った育毛剤にはどのようなものがあるのでしょうか?今回、育毛剤の概要と気になる副作用についてご紹介します。

そもそもなぜ髪が抜けたり薄くなったりするの?

円形脱毛症・10円禿のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (2284)

ある日ふと鏡を見たら髪が薄くなってきたように感じる、誰かに指摘された等、
薄毛や抜け毛に気づくタイミングは人それぞれです。
そして、薄毛や抜け毛になってしまう理由も様々あります。
バランスの悪い食生活によるたんぱく質不足や喫煙、飲酒といった
生活習慣から引き起こされる場合もありますし、
血流の悪化によって髪に十分に栄養素が行きわたらないため起こることもあります。
また、ストレスなどの精神的な負担や不適切なヘアケア、紫外線によるダメージも原因となります。

そして抜け毛の原因として最も多いのが、男性ホルモンによる影響です。
抜け毛の95%を占めるともいわれている「男性型脱毛症」(AGA)は、
男性ホルモンから発毛抑制作用のある成分が作られることによって起こります。

このように、一口に「抜け毛」「薄毛」といっても、その原因は様々あります。
そのため、育毛剤を使用する際は
どのような原因で薄毛になってしまったのかを考えながら使用する必要があります。

育毛剤の作用① 男性ホルモン抑制タイプ

ストレスによる抜け毛のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (2281)

AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)※ です。AGAで悩む男性も脱毛箇所の頭皮に通常より多くのDHTが確認されています。DHTは5α還元酵素によってテストステロンが変換され生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。その結果、退行期の細い毛髪が増えたり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄くなってしまうのです。
プロペシアは、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが出てきたり、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できるお薬です。
男性型脱毛症(AGA)に最も効果的なのがこのタイプ!「飲む育毛剤」といわれています。
AGAの原因となる物質を最初から作らせないんですね!

※副作用があります

このタイプは比較的副作用の出る確率が低いのですが、
男性ホルモンの分泌を抑制してしまうため精力が減退する恐れがあります。
また、希に胃の痛みなども生じることがあるそうです。
そして最も気をつけるべきは、女性・妊婦さんの場合です。
女性はもともと男性ホルモンが少ない状態でバランスを取っているため、フィスナステリドを服用することで元々少ない男性ホルモンが更に減少し、身体のホルモンバランスが崩れて様々な障害が出てきます。

また、触れるだけでもけい皮吸収といって、身体の表面からも吸収してしまうので注意しましょう。妊婦で特に男の子を妊娠している場合は、男の子の男性機能の発達が阻害され障害が出る可能性が高まりますので、特に注意が必要です。

女性の場合触れるだけで悪影響が出てしまうので、とても怖いですね。
特に妊婦さんの場合はお腹の中の赤ちゃんにまで影響が出てしまいます。
女性のみなさんはこの成分が含まれていないか気をつけましょう。

育毛剤の作用② 血行促進タイプ

冷え性の女性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (2291)

ミノキシジルはアメリカのアップジョン社が開発した発毛促進成分です。毛細血管を拡張させて血圧を下げる効果があり、もともとは高血圧患者に使用する経口血圧降下剤として開発された薬品でした。

ミノキシジルの歴史は意外と長く1970年台から臨床の現場で使用されていましたが、副作用として多毛症の報告が相次ぎ、外用薬として頭髪に使用する試験をおこなったところ男性の薄毛に対して高い発毛効果が見られ、有効な成分であることが発表されたのです。

この成果を元に再研究がおこなわれ頭髪再生用の外用医薬品(育毛剤)として成分を希釈・再構築が施され、1980年初頭に「ロゲイン」が誕生し、発毛促進の革命的育毛剤として現在も君臨しています。

市販で売られている育毛剤でよく見られるのがこのタイプ。
乱れた生活習慣などにより血流が悪化、
髪に十分に栄養が行きわたらなかったことによる抜け毛の場合に効果的な力を発揮します。
血流を促進してくれるので、冷え性・肩こりなども抱えている人におすすめです!

※副作用があります

このタイプの薬は血管を拡張、血流を促進します。
今まで流れの悪かった血流が突然良くなるため、体には様々な影響が現れます。

多いのは顔のほてり・発疹・かゆみ・血圧低下などで、
他にもめまい・頭痛・胸痛などの症状が出る恐れもあります。
使用し始めたら体が慣れるまで、無理はしない方がよさそうですね。

育毛剤の作用③ 栄養補給タイプ

髪の毛は毛母細胞の分裂によって生成されますが、この分裂を活発に行うためには、ビタミン、亜鉛、システインなどの養分が不可欠です。毛母細胞活性(栄養補給)タイプの育毛剤はこれらの栄養を直接頭皮に補給することで毛母細胞の分裂を活性化させ、強く健康は髪の毛を作るものです。
不規則な食生活などで髪に必要な栄養素が十分に摂れていない方にお勧めなのがこのタイプ。
育毛剤だけでなく、育毛シャンプーやサプリメントに配合されていることも多く、
副作用もあまり見られないため、比較的簡単に始められるものとなっています。

育毛剤の作用④ 皮脂分泌抑制タイプ

メタボリック・肥満のイラスト「体重計・男性」 | かわいいフリー素材集 いらすとや (2330)

頭皮から過剰に皮脂が分泌されるとフケとなって毛穴を塞ぎ毛髪の成長を阻害します。またそのまま放置すれば炎症を引き起こし、脂漏性脱毛症の原因にもなります。皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、余分な皮脂の分泌を抑制し、頭皮環境を清潔に保つことで育毛を促すタイプの育毛剤です。
肥満・頭皮乾燥などにより毛穴に皮脂が詰まってしまい、
毛が生えづらくなっている方におすすめなのがこのタイプです。
育毛剤の他、薬用シャンプーなどにも含まれているため、気軽に試すことができます!

育毛剤の作用⑤ 頭皮保湿タイプ

無料の写真: 髪, ストランド, 美容, 女性, 美しい髪, 染め, 着色 - Pixabayの無料画像 - 418265 (2331)

頭皮の乾燥がターンオーバーを乱すのは、肌と同様、体が乾燥から皮膚を守ろうとして角化を早めてしまうためです。正常なターンオーバーによりはがれた角質は、とても小さいので目で見ることはできませんが、過角化によりはがれ落ちた角質(いわゆるフケ)は、皮脂やごみが混ざっている状態なので、目に見える大きさになっているのだそうです。

乾性脂漏を放っておくと、フケが毛穴周辺を塞ぎ、かゆみなどの炎症が起こって抜け毛が誘発されます。これを、粃糠(ひこう)性脱毛症と言います。

主に女性用の薬用シャンプーや育毛剤に含まれていることが多いのがこのタイプ。
アミノ酸などの天然由来の成分で頭皮に潤いを与え、地肌の環境を整えます。
紫外線やカラーリングなどにより髪がダメージを受けている方におすすめのものとなっています。
いかがだったでしょうか?
育毛剤はその作用によって大きく5種類に分かれ、それぞれ副作用も異なります。
どの作用が自分に合ったものなのかをしっかりと確認し、自分の症状に合った育毛剤を使用しましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |