看護師さんが転職するいい時期とは?どうせ転職するならいいタイミングでしましょう! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

看護師さんが転職するいい時期とは?どうせ転職するならいいタイミングでしましょう!

闇雲に転職して、「転職しなければ良かった!」と思わないように、いい時期を選んで転職しましょう!せっかく転職するならいい所に行きたいものです。

何事もタイミングが重要です。気まぐれに、人間関係が嫌だから転職!とか、仕事が辛いから転職!もっといい仕事がしたいから転職!と思いついてすぐに転職しても、いい所へ行けるのはまぐれのようなものです。しっかりといい時期を選んで転職しましょう!

看護師が転職するベストなタイミング

 (4224)

転職を考えている看護師の希望就業時期としては、3人に2人以上の看護師の方が半年以内の転職・就業を希望しているという結果が出ています。

自分の希望を満たす求人があるのであればいつでも転職したいと考えている看護師の割合も高く、多くの看護師は常に転職という選択肢を意識しつつも日々の多忙な業務に追われてなかなか行動に移せていないという姿が見えてきます。

転職はタイミングが重要です

 (4225)

今の職場に何らかの不満があり転職をしたいと思っているものの「タイミングが掴めない」「今のタイミングで転職したほうが良いのか、もう少し経験を積んでからのほうが有利なのか」など、転職のタイミングが分からずにもやもやとしている看護師の方も多くいるのではないかと思います。

確かに、転職はタイミングが重要です。求人市場に出てくる求人の数はタイミングにより大きく変動しますので、転職を成功させるためには自分のタイミングだけではなく、転職市場のタイミングも考慮した上で考えていく必要があるのです。

自分のタイミングと、転職市場のタイミングは違う!

 (4226)

看護師の転職市場は慢性的な売り手市場で常に求人が豊富にある状態ではありますが、短いスパンで転職を繰り返してしまうと、採用者側も「入職してもまたすぐに辞めてしまうのではないか?」「職場に適応できる能力が低いのでは?」「ストレス耐性が低いのでは?」「そもそも看護師としての適正はあるのか?」と懸念してしまい、なかなか良い印象を持ってもらえません。

その逆に、一つの職場でしっかりと経験を積んでいけば、経験やスキルが社会的にも認められるようになります。看護師が業務をしっかりと習得するには少なくとも3年必要と言われているので、3年を目安として一つの職場で勤務したほうが自己のスキルアップのためには賢明かもしれません。

1年の中では、4月・夏賞与後・9月・冬賞与後がおすすめ

 (4227)

病院などの医療機関の入職動向というところでは、4月、夏賞与後、9月、冬賞与後の4つの時期に入職が多くなっています。

なかでも、4月には多くの病院で新卒採用がありますので、転職者のほうも同時期に入職して基礎研修を受けてしまいたいと考えて動く方が多くなっています。9月も、4月同様に期の変わり目ということで入転職が伸びる時期です。

転職したい月の2~3ヶ月前から動く

期末期初以外のタイミングとしては、賞与をもらってから辞めたいと考える方が多いので、夏の賞与後と冬の賞与後にも転職活動が増える傾向にあります。

4月の時期に転職をしようとする方は、転職したい月の2~3ヶ月前から動く方が多いので、待遇の良い求人や人気の病院などはその期間中に応募が集中したり採用予定数に達して求人が終了することも多くなります。

求人自体は、半年前くらいから掲載が開始されますので、応募が集中する2~3ヶ月前を避けて、12月・1月の時期を目安に転職活動のタイミングをずらして早めに開始するのがおすすめです。

転職希望の看護師が増える時期なのが、冬です。

 (4228)

冬に転職を考える看護師が増える理由としては、冬のボーナス時期と言うことが大きいですね。 夏と冬と同額のボーナス設定をしている病院も多いですが、冬のボーナスの方が比率が大きい場合もあります。 また、新卒看護師(新人ナース)は夏のボーナス時には査定月が足りないため寸志程度しかもらえなかったと思いますが、冬のボーナスはしっかり支給されます。 そのためこのタイミングまで頑張って、退職をするナースも多いですね。

また年末は1年の区切りとしては良いタイミングですよね。 ですから、これからの自分のキャリアを考えたり、育児や家事と仕事の両立、バランスを考えて転職をしようと考える看護師さんが増えるため、年末年始をまたいで冬の時期は看護師転職が活発になる時期だと言われています。

11月、12月、1月、2月は看護師求人も増える時期

 (4231)

病院側としてもこの時期は採用活動を活発にする時期です。 退職希望者、転職希望者が冬の時期に増えるのは、毎年です(^^; 退職者を見越して早めに看護師を採用しておきたいと言うことなんですね。 ですから病院側としても看護師を確保するために採用活動を行います。 普段は求人がなかなか見られないような人気病院であったり総合病院なども看護師紹介会社を利用して求人を出す時期となります。

独自採用では追いつかないといった事で、こうした紹介会社を利用することもあるようです。 採用したい気持ちが強い時期ともなりますから、中途採用のハードルは少し下がっていることが多い時期でもあります。 言い換えると、転職しやすい時期ということになりますね。

見る時期、動く時期

 (4229)

ピークではない4、5月、8月、12月といった時期は、前後の月と比べて若干求人が少ない可能性があります(特に春先は現場で教育を一生懸命している期間ですので、全体の求人量は減る傾向が強くなります)。

転職を急がなくて良い看護師さんは、この時期はじっと「見る(調べる)」時期にしてもよいかも。一方、この時期に「これはいい!」という求人が出たら、急いで応募したほうが良いかもしれません。他の方も狙っている可能性が高いですから。

看護師の求人が増える時期

3月:もっとも求人と転職する看護師が増える時期です。新卒看護師の入職と合わせて中途採用の研修を実施する病院も多いためです。

入職後に教育体制が整っている職場では、研修や教育、ルールなどの仕事のノウハウを1から新卒の看護師と一緒に学ぶことができるので、未経験の仕事にトライする場合、あえてこのタイミングを狙って転職を希望する経験を持った看護師も少なくありません。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |