京都第二赤十字病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

京都第二赤十字病院の看護師転職求人のご案内

京都第二赤十字病院は京都府京都市上京区にあります。日本赤十字社京都支部が運営しています。京都第一赤十字病院と区別するために府庁前日赤と呼ぶ場合もあります。起源は大正26年に遡ります。昭和18年に現在の名称に改称され、昭和53年には救命救急センターを開設しました。平成19年に地域がん診療連携拠点病院に指定されました。そんな京都第二赤十字病院の看護師の情報を紹介します。

病院の紹介

 (11667)

病院の外観です。
歴史を感じさせる外観です。
 (11610)

院長の日下部 虎夫先生です。
当院は、京都御所に隣接し、明治45年に開設された日本赤十字社京都支部常設救護所を起点として、大正15年の日本赤十字社京都支部療院発足を創立の年としており、以来今日まで86年近くの間、地域住民の皆様に支えられながら地域中核急性期病院として発展してまいりました。
 当院の使命は京都市内の地域中核急性期病院として「最善の医療を安全かつ適切に提供する」ことです。この使命を全うするために、総合医療情報システムや最新の大型医療機器の導入など病院の機能強化を図り先進医療を行ってまいりました。また、平成23年3月の東日本大震災では、赤十字病院として救護活動を展開いたしました。
 また当院における、理念・基本方針・患者権利に関する宣言に基づき、患者さんの健康を守ることに全力を尽くすことに変わりはございません。
 今後はこれまでに培った経験と知識を活かし、地域住民の皆様から信頼される病院であり、貢献できる病院として、益々発展できるよう職員一丸となって頑張ってまいりますので、これからもご理解とご支援をよろしくお願いいたします。
地域の拠点病院として、患者さんの健康を守っています。
赤十字の誇りと伝統を重んじながら、最新の医療を提供をしています。
1.患者さんの権利を尊重し、良質の医療を安全に提供します。
2.地域中核病院として、高度な急性期医療を担います。
3.救急医療に力を尽くし、内外の災害救護に貢献します。
4.地域の人々の健康を守り、医療連携を推進します。
病院の基本方針です。
その根幹には赤十字の理念があります。
総合内科(内科)
呼吸器内科
循環器内科
消化器内科
血液内科 代謝・腎臓・リウマチ内科
脳神経内科(神経内科)
外科
呼吸器外科
心臓血管外科
気管食道外科
整形外科
脳神経外科
形成外科
こころの医療科(精神科)
小児科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
リハビリテーション科
放射線診断科
放射線治療科
病理診断科
歯科口腔外科
麻酔科
化学療法・緩和ケア科
人間ドック
診療科の紹介です。
地域の総合病院だけあり、多様な診療科があります。
 (11668)

院内にあるコンビニエンスストアです。
必要な雑貨類などが簡単に手に入ります。

看護部の紹介

 (11617)

患者さんやその家族はもちろんのこと、地域の方々、他職種の皆さんから信頼される組織、また、さまざまな経験を通して、互いに学びあう組織を目指したいと考えています。さらに、赤十字の看護師として、人の命と健康、尊厳を守るため、苦痛を予防し、軽減に努めるという赤十字の基本原則に基づく行動ができる組織でありたいと思っています。
看護部長の責任が感じられるコメントです。
 (11623)

看護部の教育理念です。
 (11626)

認定看護師に認定され、認定書を授与される場面です。
部署が全面的にキャリアアップを応援、支援してくれます。
当院看護部ではeラーニングシステム「ナーシング・スキル」を導入しています。「ナーシング・スキル」は、看護手順を確認・習得するためのオンラインツールです。臨床で必要な標準的な看護手順を映像付きで収載されています。部署にあるパソコンはもちろんのこと、自宅からでもアクセスし使用することができます。
チェックリストやテストも掲載されているので、看護技術の自己学習に役立ちます。また、はじめて行う看護技術や診療の補助などが予定外に入ったときなども、部署のパソコンですぐに確認することができます。
オンラインでの学習システムも利用しています。
非常に教育が熱心です。
・ナーシング・スキル日本版は入職前から使っています。最初は動画を見て、一連の流れを把握しながら理解を深めました。次からはイラストや図解だけで十分わかるようになりました。今は採血など現場でその日にやることがわかっている時は、朝チェックしています。大切な要素が見やすくまとまっているので、短い時間でも予習ができるので、助かります。

・図解が多く、また手順が細かく書かれているので、PDFでも十分わかりやすいです。いろいろな手技のイメージができます。現場で困った時でも、手近な端末からすぐに開けるので便利です。

・私のように現場で新人看護師を指導する者も、共通の方法をすぐに確認できるので、指導者と新人の認識のズレが生じないのもありがたいです。

オンラインシステムを使ってみた感想です。
 (11653)

 (11655)

磨平 栞里看護師です。
大学卒業後、助産師としてこの病院に就職してから、あっという間に3年目になりました。赤ちゃんやお母さん、その家族が一生懸命お産に取り組み、新たな生命が産まれる瞬間に立ち会う時は、毎回感動します。また、無事出産を終え、元気に退院していく姿に元気をもらい、これからも、もっと頑張ろうという気持ちになります。
 現場で働いていると、学生時代に行った看護が今に繋がっているということを実感します。私は今でも実習で出会った患者さんの顔や人柄、自分の行った看護を覚えています。1つの実習の期間は短く、毎回慣れた頃に終わってしまいますが、患者さんとの関わりを通して、一生懸命考えて行った看護は患者さんのためだけでなく、自分も大きく成長させてくれるものだと思っています。
 私も初心を忘れず、患者さんに寄り添っていけるように努力していきたいです。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。
学生時代の経験が現場で直接活かすことができています。
患者さんとともに成長ができる職場だそうです。
 (11658)

がん看護専門看護師の西谷 葉子看護師です。
私は、現在がん看護専門看護師として従事しております。現場では多くの患者さんが、苦痛を抱えながら治療をうけられています。できる限りその人らしい生活を送りながら治療が受けられるよう、早期から緩和ケアを取り入れていく必要性を以前から感じていました。
ちょうどその頃、病院内で緩和ケアチームを組織化する役割に携わることができました。チーム員としてベッドサイドに向かうようになり、さらに痛みや他の症状で悩んでいる患者さんやご家族に対して、専門的な知識や技術をもって、健やかに過ごせるような関わりがしたいと思い、受験を決意しました。
がん看護専門看護師をめざしたきっかけが綴られています。
現在は、緩和ケアチームに所属していて、入院中の患者さんのケアや相談などに対応しています。
看護業務に集中できるのが魅力だそうです。
研修学校での日々は楽しいことばかりではなく、レポート、実習、試験など様々な難関がありました。自分のできなさに落ち込むこともありましたが、研修学校では同じ志を持った仲間がたくさんできました。子どもの看護について深く考え、お互いの意見をぶつけ合うことができる仲間と過ごせた時間は、かけがえのないものになっています。そして、実際に研修を終えて働いてみると、今まで気付けなかった子どもたちの表現や、サインに気づくことができ、子どもたちと関わることが、より楽しくなりました。認定看護師としては1年目でありこれから頑張っていかなければなりません。一緒にがんばりましょう。
小児救護看護認定看護師の加藤 佳美看護師のコメントです。
病院は全力でバックアップしてくれます。
是非、スペシャリストを目指してみてはいかがでしょうか。

中途採用情報

下記の提出書類を揃えて、郵送またはご持参下さい。
履歴書
※市販さているもの(見開きA3サイズ)、または当院所定のものを当ページよりダウンロードして下さい。
※履歴書の空欄に希望職種、試験日を記入して下さい。
成績証明書新卒者のみで結構です。
免許証の写し免許証をお持ちの方は、取得されている免許証全ての写しを提出して下さい。(看護師・助産師・保健師・准看護師)
※郵送の場合
〒602-8026 京都市上京区釜座通丸太町上ル春帯町355-5 京都第二赤十字病院 看護部宛て
※ご持参の場合
C棟南5階 看護部へ平日9時~17時の間にご持参下さい。
応募方法です。
試験の内容は小論文と面接です。
小論文は一時間ほどかかります。
試験全体では午前中一杯ほどの時間がかかります。

アクセス

 (11646)

電車でのアクセス:
 地下鉄烏丸線「丸太町駅」から徒歩5分ほどです。
バスでのアクセス:
 市バス(10,93,202,204系統)に乗車して頂き、「府庁前」の停留所が最寄りになります。
お車でのアクセス:
 専用の駐車場はありません。
 近隣に提携駐車場があるのでそちらをご利用ください。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |