着物美人の近道は、歩き方とマナーが大切 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

着物美人の近道は、歩き方とマナーが大切

着物を着慣れていないと、歩く、座るなど一つ一つの仕草が着物に適した仕草でないと着崩れてしまいます。仕草が残念だと、せっかく綺麗なきものを着ていても、綺麗な装いが半減してしまうことに。着物に合った仕草は、着物美人への近道です。さあ、どのような仕草があるのか見ていきましょう。

着物の歩き方、まずは裾割り

着崩れも防いでくれます。

人目のないところで行いましょう。

着物の着付けがきれいでも、着物に合った振る舞いをしないとすぐに着崩れてしまいます。
着付けのプロは、そんな素人の動作をよく知っているので着崩れないようにとしっかりと着付けてくれますが、胴の部分で織りたたまれた「おはしょり」から少しずつ着物がずれていってしまうので注意しましょう。

そのような着崩れを防ぐには「裾割り」が効果的です。
裾割りのやり方は、お相撲とりをイメージして、足を肩幅に開きそのままの格好で2、3回スクワットを繰り返します。裾割り後は、少し着崩れてしまうので着物の前後をチェックして裾が出すぎて乱れていないかをよく見ましょう。

歩き方のコツ

着物を着て歩くときは
歩幅を普段よりも抑えて、少し内股で小幅に歩くことを意識しましょう。どうしても普段の歩幅で歩きたくなるものですが、大股で歩くと合わせた裾から徐々に着崩れてしまいがち。

着物の形状を想像してみてください。円筒の形状で左右に合わせ、腰ひもで固定され最後に帯揚げと帯がされています。円筒状で左右に合わせてある状態の場合、内向き加減で歩かなければ、左右の合わせが崩れてくるのが想像できるのではないでしょうか。

また帯をすることで背筋もぴんと伸びてきますが、お尻の少し上あたりを意識して歩いたり座ったりしてみてください。猫背に気を付けると、着物姿がさらに綺麗になりますよ。

階段を上り下りするときは

両袖をまとめて片手にかけ、もう一方の手で袖が汚れないように軽くつまみ上げます。上り下りは一段ずつゆっくりと。裾を踏んだり、たもとを引きずらないように注意しましょう。ステップに対して身体をほんの少し斜めに向けると、より美しく見えます
振袖も礼装用の着物のこの点では同じですが、振袖は長い裾を左右に合わせて一つに持ち、乱れないように気を付けましょう。

車の乗り方

車に乗る時も、階段の時のマナーと同様に、右手で振袖の裾を合わせて持ち、後ろからゆっくりとシートに浅く腰掛けましょう。

両方の足を少し浮かせて、体をくるっと回転させるようにして車の中に入ると綺麗に車の座席に座ることができます。

ここで注意してほしいのが、洋服時の癖のように車のドアを開けて後ろ向きではなく、前向きで座ろうとすることです。そのように座ると、せっかく綺麗に着ていた着物の足元の裾が大きく持ち上がり、とても見苦しくなりますし、思うようにすんなりと乗り込むことができず大変なので気を付けましょう。

物を拾うときは

スマホを取り出す、吊革につかまるなど、手をあげるしぐさをするときも要注意です。
無意識に手をあげて、腕がむき出しになるのは避けたいもの。
必ず上げる手と反対の手で袂(たもと)をおさえることを忘れずに。

椅子に座るときは

椅子に座るときのポイントは浅く腰掛けること、これにつきます。
深く腰掛けたくなるものですが、浅く腰掛けることを頭に入れておきましょう。この座り方は着物ばかりではなく、洋服時でも同じです。

振袖の場合は長い袖が地面について汚れてしまうので、ここでも、左右の振袖の裾を合わせてから座りましょう。

椅子に腰かけるときに特に注意して欲しいのが姿勢です。せっかく綺麗な着物を着ているのに猫背では美しくありません。背筋を伸ばして、足は揃えて少し斜めにすると、着物姿でも足がすらりと長く見えます。

しぐさ美人になろう

特に着慣れていない振袖の場合は、長い振袖の存在を忘れた振る舞いをして残念なことになりがち。
気を使って動いていないと、おはしょり(帯の下の着物を折りたたんだ部分)がどんどん乱れて、最悪の場合帯が形が崩れてしまうなんてこともあります。

大切な日、一つ一つの仕草を着物のために変えるだけで、艶やかな振る舞いを目指しましょう。

着物マナーの復習に

MyFirstDress ~はじめての振袖~ アドバイス2、基本マナー – YouTube

http://kimono-kawabata.jp/ 成人式、入学式、卒業式にあう、振袖の上品な立ち居振る舞い、マナーのアドバイス。 歩き方、椅子の座り方、車の乗り降り、階段の上り下り、お手洗い。
はじめは誰でもうまくいかないものです。着崩れないように頑丈に着付けてもらったのに、おはしょりが乱れるほど着崩れてしまったり、そういうことは経験が浅ければ浅いほどに誰でも起こることです。

回を重ねるにつれて、なんとなくできるようになっていくのがマナー、難しく感じずに少しずつ覚えていきましょう。

着物を着ている人には、自然と視線が集まります。
つまり、着物を着た時は普段よりも人に見られているということ。
折角の素敵な着物を台無しにしないように、着物の立ち居振る舞いと基本的なマナーを知っておきましょう。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |