空港検疫所における看護師の仕事とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

空港検疫所における看護師の仕事とは

数は少ないですが空港の検疫所にも看護師の転職ポストがあります。その仕事内容、やりがいを見てみましょう。

空港検疫所とは

検疫所では入国時の旅行者への検疫・健康相談、出国者に対する保健情報の提供、航空機や空港区域における媒介動物等に対する衛生管理、輸入食品に対する厳正かつ効率的な監視、動物由来感染症侵入防止対策の強化のための、動物の輸入届出制度など、検疫所業務の円滑な推進と充実に取り組んでおります。
 (5085)

検疫官の存在意義は

空港の利用客には、外国人や、海外から帰国した人も多く含まれています。彼らの中には、知らないうちに海外で流行している感染症にかかり、ウイルスを持ちこんでいる人がいるかもしれません。 感染症が国内で広がることを防ぐための対策を行う人が、検疫官です。
国内外を結ぶ拠点で感染症対策を専門に担うのが検疫官の役目です。海外渡航者の健康相談・問い合わせの対応や予防接種などを行います。
via http://空港看護師求人.net/
 (5090)

検疫官として働く看護師の仕事内容は

検疫官の仕事内容は、空港・港での、感染の疑いがある人の診察や、海外へ行く人の予防接種など。 時には、「海外で虫に刺されたのですが、大丈夫でしょうか?」といった健康相談や、具合が悪い人の検温や採血などの看護業務も行います。
全国の港湾・空港の検疫所における検疫感染症等に対する検疫衛生業務、
健康相談業務及び予防接種業務
 (5086)

感染症にかかっているかを判断するために、採血することもあります。
海外へ行く人の予防接種や、海外からくる外人が病気を蔓延させないように、感染症の対策をするために看護師が配属されているのです。
海外から日本を訪れる乗客や海外から帰国した日本人が感染症に掛かっていないかチェックし、感染者が見つかれば、その時点で「専門病棟」にて隔離します。
こうした厳しい「感染症対策」を行うために看護師が配属されています。
via http://www.看護師転職企業.jpn.com/article/410754444.html
 (5087)

感染症にかかっている人が見つかったら、隔離する必要があります。
アンケートへの記入をお願いするなど仕事はたくさんあるのです。
エボラ出血熱が世界的に脅威となっていますが、こういった感染症疑いのある方への問診やバイタルサインチェックも検疫官の役割となり、必要に応じて採血などを行う場合もあります。
航空機から降りた乗客は必ず検疫ブースを通りますが、このとき検疫官がサーモグラフィーを使って、発熱のある方がいないかどうかをチェックするのです。
 (5088)

サーモを使って発熱している人を探します。

検疫官として働く看護師のやりがいは

病院の看護師とは大きく異なる検疫所でのお仕事。そのやりがいはどこにあるのでしょうか。

「病院だと、患者さんの<個>を見て、病気やパーソナリティ、家族背景をケアしていくことになります。しかし、私は看護師であるとともに検疫官なので、どちらかというと『国民の健康を守る』という意識で取り組んでいます」

非常に責任は重大ですが、リスクを背負いながらも感染症や伝染病などから日本を守る使命があるため、仕事に誇りとやりがいを持つことができます。
 (5089)

海外から感染症が持ち込まれないように、日本を守るお仕事です。
ときどき、『海外で感染症にかかったんじゃないか』ということで、とても心配しながら帰ってこられる方がいらっしゃいます。問診をした上で、『あなたの行った地域では感染症の流行は確認されていないので、おそらく心配はないでしょう』と伝えると、すごく安心してほっとした笑顔が見られます。そうしたときにはやりがいを感じますね
空港の検疫所で検疫官として看護師が働いていることはあまり知られていないのではないでしょうか。海外から持ち込まれかねない種々の感染症から、日本を守る貴重な仕事であることが分かりました。働いている意義を実感しやすい転職先と言えるでしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |