《知らなきゃ損!》グルコサミンの最新情報 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

《知らなきゃ損!》グルコサミンの最新情報

グルコサミンは、軟骨に良いとされています。年とともに、グルコサミンが体内で生産されにくくなっていくので、サプリメントなどで摂取して徐々に効いてくるそうです。

理想は6ヶ月間飲み続ける

グルコサミンの研究は、甲殻類に含まれるキチンキトサンの食効に関する研究から始まり、ヨーロッパではすでに1960年頃には研究されていました。
しかし、医薬品として認められていない日本やアメリカでは、グルコサミンの効用があまり知られていませんでした。

そんな中、1997年にアメリカのとある医師がグルコサミンを紹介した本を出版した事をきっかけに栄養補助食品として知名度が上がり、市場規模が急拡大しました。
アメリカでのブームが飛び火する形で日本にもグルコサミンブームが訪れ、ここ数年、健康食品や栄養補助食品としては珍しく即効性があるとして大人気になっています。

現在では医療用としてもグルコサミンは使用されています。
半年グルコサミンを摂取してみてから、効果を確認するのがお勧めです。

半年程度摂取すると、効果が見えてくるわけです。

体質も変わりますし、軟骨自体にもグルコサミンは補給され続けて、強化され始めるからです。

半年の服用はコスト的にも難しいかもしれませんが、定期購入などをすると価格が10%から20%ダウンする、といったことも考えられるわけです。

少しでも良いコスパで継続利用しましょう。

長期間利用するにあたっての危険性などは、全くないそうです。
プロテオグリカンの原料を作るのは簡単ではありません。
ですので、長い目で見ることが大事です。
グルコサミンが配合されている健康食品やサプリが多いのは、グルコサミンが食事から摂取することが難しい成分であるためです。
軟骨によいとされ、毎日の立ったり座ったりする動きをサポートしてくれるグルコサミンは、規則正しい食事とグルコサミンサプリの両方から摂取するのが一番よい方法です。
カニやエビなどの甲殻類の殻の部分に軟骨成分があります。
けれど、殻の部分は普通食べないですよね。
だからこそ、サプリメントの摂取が勧められているのです。
人間には、骨があって、その骨と骨のつなぎ目にあるのが関節です。
その関節のつなぎ部分には、関節が激しく動いても大丈夫なように関節軟骨という部分があります。

この関節軟骨の主成分は、プロテオグリカンと言って、
関節に圧力がかかると圧力を上手く分散・吸収するという大事な役割も担っています。
そのプロテオグリカンの原料がグルコサミンになります。

スポーツ選手にグルコサミンのサプリメントの愛用者がとても多いそうです。
そんなグルコサミンについてまとめてみました。

気をつけたいこと

グルコサミンは人体に大切な栄養素ですが、やはり過剰摂取には問題があります。食事による摂取では基本的に不足となるため問題にはなりませんが、サプリメントで摂取する場合は注意が必要となります。

グルコサミンは1日に必要となる量が1500mgといった目安があります。
これを大きく超えてしまうようであれば副作用が出てくることも考えられます。但しこの必要量は体格によっても異なります。この必要量は体重が55kg〜90kgの範囲の方が対象となっています。これより軽ければ1000mg、重ければ2000mgが必要な摂取量となります。もちろんこれは単純な目安ですから、80kgの方であれば1900mgとかでも良いわけです。サプリメントの注意書きには一日に摂取する量が記載されていますからそれを参考にしてその前後の量を守っていれば問題ないでしょう。

大した副作用ではないと思いますが、摂取量には気をつけましょう。

1日1回夕食後や寝る前に飲むのが良い場合もあれば、朝、昼、夕の1日3回に分けて飲むのもおすすめです。
飲み忘れがないように、時間を決めて飲んだ方が良いと思います。

グルコサミンの歴史

効果が出るまでの期間

摂取する方法

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |