憧れの美白!と思っている方、アルガンオイルで美白になってみませんか? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

憧れの美白!と思っている方、アルガンオイルで美白になってみませんか?

日焼けした健康な肌に憧れている方も多いかもしれませんが、日焼けは肌に良くないですね。若い頃に真っ黒だった人が年齢を重ねるほどシミやしわに悩ませると言う事もあります。

美白に憧れている方も多いと思います。日に焼けた女性が活動的に見えて人気のあった時代もありましたが、現代は美白の方が人気があるようです。清楚な感じはするし、清潔感があるし、女性としての魅力が数倍アップする感じがします。アルガンオイルで美白になってください。

アルガンオイル

 (5412)

アルガンオイルは「モロッコの黄金」とか「モロッコの宝石」と呼ばれたりします。このアルガンオイルの良さは、よくオリーブオイルと比較してたとえられています。特にビタミンEがオリーブオイルの2~3倍含まれているのが特徴です。

美容面では、乾燥、しわの予防やアンチエイジング、ニキビなどに効果があると言われています。こちらもオリーブオイルと同じく、美白やシミに使う美白オイルとしてはあまりメジャーではありません。

お値段は高め

 (5416)

美容面では、乾燥、しわの予防やアンチエイジング、ニキビなどに効果があると言われています。こちらもオリーブオイルと同じく、美白やシミに使う美白オイルとしてはあまりメジャーではありません。

モロッコではこのオイルを有名な料理「クスクス」にかけて食べたりするようです。

使い方はオリーブオイルのような感覚でOKなんですが、やはりアルガンオイルの方がクセが強く、またお値段も高めになっています。

お肌のくすみをとってクリアで美白な顔に!

 (5418)

このアルガンオイルは肌が再生する周期を整えるそうです。

お肌の周期の再生を整えるということは、キチンとしたサイクルで古い角質が取り除かれるのですね。

古い角質が取り除かれれば、自然とキメが整い、くすみが取れて、クリアなお肌になることからワントーン明るいお肌の印象になるでしょうね

美白効果も見込めるアルガンオイル使い方

 (5421)

アルガンオイルには強い抗酸化作用があり、使い続けることで紫外線を浴びてもシミやシワができにくい健康な肌を作るという真実があります。

砂漠の国モロッコの女性は、このアルガンオイルを塗ることで、厳しい気候の中でも美しい肌をキープしているそう。

SPF5程度の紫外線防止力があると言われているので、肌への刺激が強い強力な日焼け止めを塗る前にアルガンオイルを下地として使うことで、肌へのストレスを和らげて美白の敵である紫外線をカットすることができるようなのです。

アルガンオイルに美白効果が見込める理由

 (5422)

約30キロの果肉に対して採取できるのはたったの1リットルという大変貴重なオイルで、「モロッコの黄金」と呼ばれるほど価値のあるものです。

美白や健康に効果があるとして、欧米では既にヘアケア剤やスキンケア用品に取り入れられて人気を集めているそう。

日本でも最近名前を耳にするようになり、成分が含まれる美白化粧品なども増えてきました。アルガンオイルにはオリーブオイルやアボカドなどと同様に、人間の皮脂に近いオレイン酸という不飽和脂肪酸が大量に含まれています。

浸透性が高くべたつきが残らないオイルなので、これを肌の表面に塗ることで皮膚の乾燥を予防し、紫外線や有害物質からお肌を守ることで美しい肌を保つことにつながります。

アルガンオイルでシミが消えた!?シミやそばかすにも効果的

 (5423)

アルガンオイルの抗酸化作用や肌の新陳代謝を活発にさせる働きで、シミやそばかすの原因になるメラニンを排出します。

洗顔後、2,3滴のアルガンオイルを顔に塗り、その後、化粧水やクリームなど普段のスキンケアをします。
化粧水の前にアルガンオイルを塗ることで、その後のケアの保湿効果などを高める効果もあります。

普段の生活では、できるだけ紫外線を受けないようにしましょう。

 (5424)

自然な方法なので美容医療よりは時間がかかりますが、アルガンオイルでのスキンケアは肌への負担がなく、美肌になれるというのは魅力的で費用も安くすみます。

美白成分を体内から補う

健康な肌を作るには、たんぱく質やビタミン、脂質、糖質、ミネラルなどをバランスよく摂取することが大切です。とくにストレスを感じているときや日焼け後などは活性酸素が大量に発生するので、抗酸化成分を積極的に摂るようにしましょう。

美白効果・抗酸化効果が期待できる成分

 (5425)

ビタミンC
水溶性のビタミン。レモンやオレンジなどの柑橘類、トマト、パプリカ、アセロラなどに含まれています。メラニンを還元する作用があります。

ビタミンE
脂溶性のビタミン。ナッツ類、アボガド、えごまなどに含まれています。

β-カロチン
体内でビタミンAに変化します。ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリーなどに多く含まれ、目や粘膜などの機能を保つのに重要な成分です。

 (5426)

L-システイン
代謝を促し、メラニンの生成を抑制し、皮膚に沈着したメラニンの排出を助けます。大豆、小麦胚芽、蜂蜜などに含まれています。

リコピン
抗酸化力に優れた成分。トマトに多く含まれています。

アスタキサンチン
サーモンやエビ、カニ、いくらなどに多く含まれる成分。優れた抗酸化作用があり、メラニン抑制の効果もあります。

エラグ酸
黄色色素のポリフェノールで、ざくろやベリー系の果物に多く含まれています。抗酸化力が高く、メラニン抑制効果もあります。

食事でなかなか美肌成分を摂取できないという場合は、サプリメントで摂るのもオススメです。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |