空を飛ぶ体験を!?フライボートの魅力 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

空を飛ぶ体験を!?フライボートの魅力

フライボードは、2012年にフランスで開発されたマリンスポーツで世界大会も開かれるマリンスポーツです。

フライボードとは

フライボードは、水上バイクの排気口に専用のノズルを接続し、水圧を利用して空中を飛ぶことができるスポーツです。

発祥はフランスで、これまで欧米を中心にブームとなっていたのですが、最近では日本国内でもこのフライボードを楽しむことができるようになってきています。

マリンスポーツというと通常、海の上を滑ったり、波の上に乗るというスタイルが定番でしたが、フライボードは高くジャンプすることがメインと言えます。

もちろん、海上を滑ることも可能ですからまるでトビウオになったかのような爽快感を味わうことが可能です。

両手にはノズルが付けられ、このノズルを使って全体のバランスをとることになります。

海上から宙へ浮かぶ、爽快感も最高のマリンスポーツです。
プロのレベルになると、とても高くまで上がる事ができるようですよ。
今では、回転したり水中にもぐったりという技を競い合う大会なども開催されていて、とても人気のスポーツです。

こんなイメージです!

フライボード全日本選手権2014 ブルーシールカップ – YouTube

YouTube Captureから

フライボードを初心者が楽しむコツ

フライボードは、とても難しそうなスポーツに見えますが慣れれば誰でもできるマリンスポーツです。できるようになると本当に空を飛んでいるような気分を味わえるので、おすすめのマリンスポーツです!

フライボード、専用ブーツ

フライボードを体験するには、専用のブーツをまず履かなければなりません。

重さは約10キロで、ジェットスキーのポンプで汲み上げた水をボードへ流し、噴射する水の圧力で空を飛ぶ仕組みになっているようです。

ちゃんと飛ぶには、膝を曲げないことと正しい姿勢が重要

コツを掴めばすぐに立つことができるそうです。体の重心を保ち、バランスを取る事が大事です。
フライボードで飛べない原因の80%が膝が曲がってしまうことです。

足は水圧が噴射されるボードに固定されている(スノーボードと同じ状態)ので、足首が曲がることは少ないのですが、膝が曲がってしまうと水上に飛ぶことが出来ません。

コツは足元(フライボード)をしっかり水中に沈めてから膝を伸ばすことです。

本能的に膝が曲がってしまいますが、膝を伸ばすことを意識しながらやってみましょう。

感覚的には足元が深く沈み込む感覚!

感覚的には足元が深く沈み込む感覚です。水にな慣れていない人は足元を沈めると体も沈んでしまうのでは?と心配になり膝が伸びきらないのですが、実際には足元のフライボードが安定しているので心配はありません。

海の場合は特に体が浮きやすいのでチョッと勇気を出して足元を沈めて膝をしっかり伸ばすことが重要です。

難しそうに感じますが、15分程練習すれば慣れてきてできるようになるそうです。初心者の場合だと、インストラクターの方が高度を調節してくれるようです。

お手軽に楽しめますのでみなさんも、是非チャレンジしてみませんか。

CORE TOKYO 涼さん 初フライボード@バリ島社員旅行 – YouTube

特にこれと言って説明もないまま、レッツトライ☆10分ぐらいでとりあえず立てるように CORE TOKYO 東京都新宿区歌舞伎町2-17-4 コリンズ37ビル7F 03-3207-1567 公式ホームページ http://core-tokyo.com
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |