<失敗したくない>間違いのない黒酢の選び方! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

<失敗したくない>間違いのない黒酢の選び方!

美味しいだけでなく、ダイエットにもいいといわれる健康の黒酢ですが、どんなものを選べばいいのかが気になりますよね。そこで見ていきましょう。

初めに

黒酢は健康にいいのは皆さんも熟知しているでしょう。しかし案外知られていないのはその選び方です。今回はその選び方を中心に述べていこうと思います。

どう選ぶ?

そもそも黒酢って?

黒酢を選ぶときは、せっかくですのでアミノ酸とクエン酸の含有量が多い物を選ぶのがおすすめです。また、黒酢をカメで熟成させる過程で、底に沈殿したものが「もろみ」と言われ、黒酢の約数十倍くらいのアミノ酸が含まれています。ですので、もろみ入りの黒酢というのもおすすめです。

甘言に騙されない。

このほかにも、ダイエット用や健康用など、あなたのライフスタイルに合った黒酢というものがあります。こういった情報は商品のパッケージを見るだけでなく、ホームページでも確認できる部分が多数あります。それを見れば自分にふさわしいか、そうでないかがわかると思います。それらを考慮して自分にふさわしいものを選んでいきましょう。

終わりに

黒酢の原料は、基本的に「玄米」を使用しています。蒸した玄米を壺(アマン壺)に入れ、麹と水を加えて仕込み、糖化させます。壺の中で麹の表面を覆い、蓋となる事でアルコール発酵し、炭酸ガスが発生します。酢酸発酵が続くと表面の麹が沈んで、酢が上へ浮き上がり、アマン壺という薩摩焼のカメ壺の中で、1~3年という長い年月をかけて、天日のもと、じっくりと自然に発酵、熟成させます。
①価格で選ばない
 基本的なことですが、価格と成分量は比例しているので、
 安くて、いい黒酢の製品はないと思ってもいいでしょう。
②「他社製品の~倍のアミノ酸量」にまどわされない
 「~倍のアミノ酸が」とよくTVやラジオで聞きますが、
 純粋な黒酢自体のアミノ酸の比較でなく、
 黒酢を包んでいるカプセル剤の成分も含めて計算している場合が多いのです。
安いからお得と考えがちですよね。
毎日飲むものですから。

毎日飲むものですから。

他の酢に比べて、酸味もまるみのある味わいが特徴で比較的飲みやすい酢と言われています。他の酢と比べてアミノ酸が多く含まれていて、酢の中でも抗酸化作用が強いのが特徴です。 また、長い間熟成、発酵させることで麹菌がそれとともに琥珀色になっていくので色が黒いんです。和洋中のどれにでも合うので、色々な料理に使うことができます。
このように、色々なタイプの料理に合うからこそ、いいものを選びたいと思うのは当然の気持ちでしょう。
黒酢には、液体タイプの黒酢とサプリメントの黒酢があります。黒酢の酸味が苦手な方は、サプリメントタイプの黒酢を選ぶとよいでしょう。

味のまろやかさを重視するのであれば、熟成、発酵期間が長い黒酢を選ぶことをおすすめします。

料理用か、健康用か気になるところですが、どうしても黒酢が苦手な人がいるわけで、そういう人は味が気にならないサプリメントがいいでしょうね。

黒酢の形のタイプがある。

アミノ酸は、たんぱく質を生成したり、新陳代謝を促進する役目を果たすので、人体には欠かせない栄養素です。したがって、アミノ酸が多ければ多いほど、質が高い黒酢ということになります。

すべての黒酢商品にアミノ酸や酢酸は含まれていますが、原材料の質や製法により、成分含有量は異なります。

黒酢を選ぶ場合、パッケージをよく見て、成分の含有量を確認するようにしましょう。

一番重要なのは、成分ですからしっかりと確認しましょう。勿論おいしくて健康に良ければいう事はありませんけどね。
アミノ酸は体の代謝を正常にし、また健やかな状態へと導く力があります。

また肌のもとにもなりますから、美肌効果もあります。

ではどれくらいのアミノ酸が含まれているものがおすすめになるのかといえば、多ければ多いほど良いわけではありません。

やはり適量があります。摂り過ぎてしまえば、やはりカロリーが多過ぎる状態になってしまうので、要注意です。

ダイエットに良いとされている黒酢ですが、正しい飲み方をしないと逆に太ってしまう事があります。実は黒酢と一口に言っても黒酢ドリンクなどは飲みやすくするため糖分が入っているものも多く、飲みすぎることで当然ですが糖分を取りすぎてしまう結果になってしまいます。その為、黒酢の中に入っている糖分なども良くチェックしてみてから飲むようにする事で糖分の取り過ぎを防ぐことが重要です。
ダイエットをしようというのに、糖分が多くなってしまえば本末転倒ですね。いかにいい成分でも糖分が多くないものを選びたいものです。
サプリにしますか?それとも一気に飲みますか?

サプリにしますか?それとも一気に飲みますか?

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |