整形外科に転職する前に知っておきたいこと | キュレーションメディア

整形外科に転職する前に知っておきたいこと

働き甲斐を求めて整形外科に転職を考える看護師は多いようです。整形外科に転職する前に知っておいた方がいいことって何でしょうか。整形外科で働く楽しさと苦労を考えてみましょう。

整形外科とは?

整形外科は、基本的に骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの疾病や外傷を専門的に治療する
診療科目でして、「形成外科」や「美容整形外科」などと同じく外科の一種です。
via http://www.看護師転職企業.jpn.com/article/414539981.html
整形外科は、脳外科や心臓外科、消化器外科と比べると、「命にかかわる病気は少ないから、ちょっと地味」というイメージがあるかもしれません。確かに、ほかの外科と比べると、命に直結する疾患は少ないですが、需要の大きな診療科なんです。
整形外科は内科に次いで2番目に多い患者数となっていますので、いかに整形外科の社会的需要が高いかがわかると思います。
整形外科のもうひとつの特徴は、患者さんの年齢層が幅広い点です。病院の一般病棟に入院している患者さんは、中年以降、特に高齢者が多いですよね。
 (391)

整形外科の看護師需要は大きい

整形外科のある病院やクリニックの数についていですが、厚生労働省から2011年に
発表されたデータによりますと、病院で4980件、クリニックが12252件です。
ちなみに精神科のある病院数は 1076件なので、約3倍以上差があります。
それだけ整形外科は需要が大きいわけでして、その分「看護師求人」も多いです。
via http://www.看護師転職企業.jpn.com/article/414539981.html
平成23年度のデータになりますが、病院では約5,000件、診療上では1万2,000件以上、産婦人科系病院では1,200件以上、産婦人科系診療上が3,200件以上という数字になっていますので、職場についてはものすごく多いです。
依然として交通事故は減りませんが、交通事故を起こして大きな病院に搬送された場合、
非常に高い確率で整形外科を受診することになりますので、とにかく需要は大きいです。
via http://www.看護師転職企業.jpn.com/article/414539981.html
 (392)

他の診療科よりも需要が大きい。
整形外科看護師としてスキルを磨けば、再度の転職にも有利。

整形外科の看護師に求められること

■整形外科看護師の仕事内容について

・医師による診察の補助
・検査準備や補助
・医療的な処置
・滅菌作業
・ギブスや包帯の交換作業
・患者さんの精神的ケア

あまりにも突然のことなので、現実を受入れられない患者さんが少なくありません。
精神的ストレスを抑えるための心のケアも看護師さんの大切な仕事の一つとなります。
via http://www.看護師転職企業.jpn.com/article/414539981.html
 (393)

治療に関する補助の他に、突然の怪我でがっかりしている患者を慰め元気づけるのも仕事。

整形外科で働く楽しさとは

整形外科で働いている看護師の方からは、レントゲンなどで怪我の状況が見えるので回復の状況が目に見えて分かりやすい、回復するスピードが早い患者の方も多く、退院時に笑顔で感謝される機会も多いので、やりがいを感じやすい、という声を良く聞きます。
via http://看護師転職サイトランキング.jp/department/orthopedics.php
 (382)

整形外科では、患者の回復や笑顔を見る機会が多い。
ベッド上で寝返りもできなかった患者さんが、治療や看護の成果で、「寝返りが打てるようになった」、「ベッド上で起き上がれる」、「車イスで移動できる」、「歩行できる」と段階を追って回復していくのを見ると、やりがいを感じますし、仕事へのモチベーションを高く保つことができると思います。何より、患者さんの回復が目に見えるのは嬉しいことですよね。
 (381)

整形外科では、治療の成果を感じられやすい。
整形外科は、命に関わるような疾患は比較的少なく、意識がハッキリしている患者さんがほとんどです。
また、若い患者さんも多いですので、ほかの病棟よりも明るい雰囲気の中で働くことができます。
via http://ナースの宝箱.com/%E6%95%B4%E5%BD%A2%E5%A4%96%E7%A7%91%E8%BB%A2%E8%81%B7/
整形外科は外来でもオペでも目まぐるしい忙しさの職場が多いのですが、テキパキと明るい雰囲気で働くことができるため、そのサバサバした体育会系的な雰囲気に居心地の良さを感じる方も多いようです。
via http://看護師転職サイトランキング.jp/department/orthopedics.php
 (394)

整形外科は、体育会系の雰囲気もある職場。

整形外科で働く苦労とは

整形外科の患者さんは、骨や靭帯など運動器官に関する疾患を持っていますので、ADLが制限されていることが多く、体位交換や移動介助などの力仕事が、ほかの診療科に比べると多い傾向にあります。
via http://ナースの宝箱.com/%E6%95%B4%E5%BD%A2%E5%A4%96%E7%A7%91%E8%BB%A2%E8%81%B7/
最近は整形外科病棟に介護士が配属されているケースも多いので、そこまで大きなデメリットとは言えないかもしれません。
 (395)

看護師が体力を使う作業も多い。
介護士がいるかどうかでも左右される。
実際にリハビリ一つとっても実に幅広く、これに薬物療法なども加わるので、診療介助
だけでも覚えなければならないことが山のようにあるので、途方もなく大変です。
というのも整形外科が対象としている部位は、脊髄や脊椎、骨盤、肩・肘・手・手の指
などの上肢、股・膝・足・足の指などの下肢まであるので、覚えるのが大変です。
via http://www.看護師転職企業.jpn.com/article/414539981.html
 (396)

勉強して覚えないといけないことが非常に多い。

整形外科への転職を決める前に確認すべき要素とは

整形外科でも、どういう疾患が多いのかをチェックしておきましょう。病院によって、得意な疾患は違います。疾患が違えば、若い患者さんが多かったり、高齢者が多かったりと患者さんの傾向も違ってくるんです。

また、脊髄損傷の患者さんや骨盤骨折の患者さんが多いと、入院期間が長くなり、力仕事も増えてきます。

あらかじめ、その病院にはどういう疾患の患者さんが多いのかをチェックしておきたいですね。

via http://ナースの宝箱.com/%E6%95%B4%E5%BD%A2%E5%A4%96%E7%A7%91%E8%BB%A2%E8%81%B7/
 (397)

病院ごとに整形外科患者に傾向がある。
それを把握することでどのような作業がメインになるかを推測して、転職活動の参考に出来る。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |