看護師さんが転職先として考える<精神科>とは、どんな職場でしょうか? | キュレーションメディア

看護師さんが転職先として考える<精神科>とは、どんな職場でしょうか?

精神病院・精神科で働いていた看護師さんが、どんな理由で転職していくのかを知ると、精神病院・精神科へ転職する時の参考になると思います。

他の職場とまったく違う環境で仕事をする事になる精神科です。今まで勤めていた仕事場とは違う精神的なストレスが増えてくると思います。精神科に転職を希望するなら、あらゆる事を調べてから心して転職をするようにしてください。

精神科

 (6841)

注射などをすることはありますが、看護師として行う処置が他の科に比べると極端に少ないのが特徴です。看護師のスキルの低下を心配する人がいるほど。

ただし、病状によっては扱いの難しい患者さんがいるので注意も必要です。

精神科で働く看護師に必要なスキル|感情のコントロールスキル

 (6867)

スキルというよりは、性格的なものもあるかもしれませんが、人とコミュニケーションを取ることが好きで、なおかつ冷静に感情をコントロールできることが大切です。精神科の場合は、看護師のコミュニケーションの取り方次第で、患者さんの回復度が大きく違ってくる場合もあります。

目に見える怪我でないからこそ治すのも難しいのですが、それだけにやりがいを感じる人が多いのも確か。相手の症状や性格などによって、取るべき対応は違ってくるので、常に勉強してどう接するべきかを学んでおくことも大切です。

精神科というと暗いイメージがあるかもしれませんが、最近の病院は意外と明るく、患者が自由に散歩を楽しんだりしている病棟も少なくないので、一緒にレクリエーションをしたり、声をかけたりという取り組みができる人には向いている職場です。

精神科で働く看護師に必要なスキル|冷静に対応できる精神力

 (6869)

患者が精神の病気ということもあって、日常生活では言われないような暴言を吐かれたり、暴力を受けそうになることもあります。そんな時も、落ち込んだり怒ったりせずに、冷静に対応できる精神力は大切です。

鬱や、認知症の増加によって、精神科の需要はますます高まっているので、精神科の看護師として働くスキルを身に着けるのも看護師としてのスキルアップに繋がります。

看護師が精神科の特徴として挙げるのは男性が多いこと

 (6870)

看護師が精神科の特徴として挙げるもので多いのが、男性看護師が多い職場、ですね。というよりも、一昔前は、男性看護師は精神科で働くもの、という時代があったくらいです。

・急性期か療養型かで全く違ったものになる
一般科では、急性期が落ち着いて療養型、という流れですが、精神科はそもそもが異なっています。急性期では社会に危害を加える可能性がある状態の緊急入院などが多く、療養型は認知症などを受け入れているものがほとんどです。

・男性看護師が役職であることが多い
まず看護部長の多くは男性です。よって男性看護師がトップであるところで仕事をすることになります。人間関係という面では女性が多い一般科と比べると、比較的仕事がしやすい環境であることが多いです。

専門性を身につけることができる

 (6871)

精神科の魅力はなんといっても専門性です。他でも専門性を磨くことはできるよ、という声が聞こえてきそうですが、看護師として専門性を磨くためには、運が必要です。

病院の事情によって、専門分野での勤務ができないこともありますから。それに、精神科は専門看護師などもあり、実際に活躍している病院も増えてきています。

精神病院・精神科で働いていた看護師の転職理由

 (6872)

精神科で働く看護師が口にすることが多い代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

・ 精神科特有の閉塞感のようなものを感じて息が詰まった(慢性期)
・医療行為が少なく、看護師としてのスキルが身に付かないと感じた(慢性期)
・患者の暴言や演技などに振り回されてしまい、疲弊した(慢性期)
・これ以上長くいると一般科に戻れなくなる気がした(慢性期)
・毎日入院患者の対応に追われ、患者とじっくり向き合えなかった(急性期)
・患者の急変に対応できず困ることが多く、内科・外科の知識も学びたいと思った(急性期)
・精神疾患になってしまい辞めざるを得なくなった(急性期)

精神科を辞めた看護師の転職理由は、慢性期か急性期かによっても微妙に異なってきますし、精神科しか経験をしていない看護師と、一般科も経験したことがある看護師でも異なってきます。

精神病院・精神科の患者さんに接していると、精神的な負担が大きい

pretty asian nurse sitting (6873)

精神病院・精神科の患者さんは、当然ながら精神疾患を抱えています。そういう患者さんと毎日接していると、どうしても精神的な負担が増えてしまうんです。

また、「患者さんの悩みに共感しなくちゃ!」、「もっと患者さんとコミュニケーションを取らなくちゃ!」と仕事に一生懸命になりすぎて、自分自身を精神的に追い詰めてしまい、うつ病やパニック障害などの精神疾患になってしまうケースもあります。

一般科の経験がある看護師の場合

 (6874)

一度一般科を経験した後に精神科へと転職してきた方の中には、精神科特有の閉鎖的な雰囲気や、結果が見えづらい看護スタイルに閉塞感や絶望感を感じて、一般科に戻りたいと感じるようになった方や、精神科で働く同僚看護師の意識やモラルの低さに辟易としてしまい、一般科に戻りたいと考える方などもいるようです。

一般科と精神科では働き方も大きく異なりますので、当然ながらそれぞれの科で長く経験を積めば積むほど、専門性が身に付くとともに看護師としての価値観も変わっていきます。

違う科から精神科へと転職してきた方の中には、精神科で長らく働いてきたベテラン看護師などに対して、そうした価値観の違いから生まれる軋轢を感じることもあるようです。

毎日が同じことの繰り返しで、やりがいを感じない

 (6875)

精神病院・精神科に入院している患者さんは、長期入院が多いです。特に慢性期の閉鎖病棟だと、5年以上入院生活を続けているという人もいます。

そうすると、患者さんの回復を感じられなかったり、毎日が同じことの繰り返しでルーチンワークのみとなってしまって、看護師としてのやりがいを感じられず、精神病院・精神科を辞めたいと考えるようになります。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |