コールセンターでも看護師が働いています | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

コールセンターでも看護師が働いています

コールセンターでも看護師を募集しているのを知っていましたか?職場、仕事内容、おすすめポイントを見てみましょう。

看護師が必要なコールセンター

看護師さんの転職先として、メディカルコールセンター、医療相談コールセンターという職場もあります。
保険会社のコールセンターや地方自治体のサービスとして電話での医療相談、健康相談など、看護師がコールセンターで働ける機会が増えています。
 (5261)

保険会社のコールセンターでも看護師が働いています。
製薬メーカーなどがお客様からの問い合わせに応じるためのコールセンターもそのひとつ。
製薬会社や医療機器メーカーにおけるコールセンターの仕事もあります。この場合は関連商品に関する問い合わせに対応する仕事となります。その商品を購入した消費者からの問い合わせはもちろん、取引相手の業者からの問い合わせにも対応することになります。
食中毒などの心配がある飲食のメーカーのコールセンターや、製薬会社のコールセンターなど、幅が年々広がっています。
 (5263)

製薬会社のコールセンターでも看護師が必要とされています。

コールセンターで働く看護師の仕事内容は

看護師としてそれまでの臨床経験や知識を元に、相談者とやり取りをして悩みや相談について受け答えをするお仕事となります。
薬やサプリメントの飲み合わせや、この症状でこの薬を飲むべきなのかなど、薬だけでなく健康面での質問もありますので、看護師に対応してもらえるのは頼りになります。
 (5265)

素人ではサプリや薬の飲み合わせの判断に困るので、問い合わせが来ます。
体の調子が悪いのだけれど、どの診療科を受診して良いのか分からない・・・という方も結構多いんですね。

間違った診療科に受診に行って長時間待ち、また言われた診療科で長い時間待ち、といった事はいやなんですよね。

なので、こうしたコールセンターへ健康相談の電話をする方も多いんです。

 (5269)

病院でどの科にかかればいいのか分からなくて戸惑うよりは、電話で聞いてしまおうという需要があります。

コールセンターのおすすめポイントは

勤務形態が自由なケースが多いということです。もちろんフルタイムで働くことも可能ですが、一日2~3時間だけアルバイト感覚で働くことができます。就業先によっては、自分の空いた時間だけ働くことができて、非常に便利です。
日勤ももちろん多くありますが、コールセンターでの勤務だと、派遣勤務や、アルバイトなどの時間単位で勤務できる場合も多くあります。
 (5271)

時間単位で働けるので、隙間時間を有効活用できます。
コールセンターでの看護師の仕事は24時間対応になっているところが多く、働く時間を選びやすいのが特徴です。
稼ぎたい方は、夜勤をすると高時給で働く事が出来ます。
コールセンターは24時間開いているので、正社員になると夜勤もあります。でも病棟のようにずっと動いているというものでもなく、仮眠時間もしっかりと確保できる余裕のある体制が取られています。
 (5272)

夜勤で仮眠の時間がしっかりあります。
ほとんどの場合、服装や髪形などの規定が設けられておらず、好きな格好で仕事ができるというメリットもあります。
相談相手と直接接しないという点で、もうひとつメリットがあります。職場での人間関係で悩んだり、患者さんとの接し方で悩んでいた人にとって、大変魅力的な職場になるということです。
デスクワークが中心であり体力的な負担は軽いと言えます。
 (5275)

病院内を走り回るのに比べ、体力をセーブできます。
看護師を採用するコールセンターは増えてきているようです。
看護師資格を生かしつつ、比較的自由がきくシフトで働けるのは魅力的と言えます。
体力に自信のない人や、短い時間だけ働きたい人にお勧めの転職先と言えます。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |