看護師の転職には、年齢ってネックになるの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

看護師の転職には、年齢ってネックになるの?

看護師の業界と限らず、再就職には年齢が関係すると言われています。女性の場合は、結婚や出産、育児など仕事を辞めなくてはいけないこともあります。しかし、看護師の資格は一生使える!と言われますよね?そこで、看護師の転職と年齢の関係について、まとめてみました。

全国的な看護師不足?!

 (6895)

厚生労働省によると、2011年から2015年にかけて、最大で約5万6000人の看護師が不足するといわれています。

現在働いている看護師は約140万人いますが、資格を持ちながら働いていない看護師が約60万人いると予想されています。

なぜこんなにも看護師が不足してしまうのでしょうか?

大きな原因の1つとしてあげられるのが看護師の高い離職率です。

日本看護協会の「病院の看護職員受給状況調査」によると

2010年 全国の病院で常勤看護師の離職率は11.2% 新卒看護師の離職率は8.6%でした。

看護師は女性の多い職場なので、結婚・出産・子育てなどによる離職率が高い傾向にあります。

そのため、育児や家事と両立しながらの勤務が難しかったり、育児休暇後に復帰を考えても技術の早い医療現場ではたった数年離れていても追いつかない傾向にあるので、そのまま離職してしまうケースも多いのです。

そして、看護師は他の職種と違い入院設備のある病院では夜勤が必要になります。
(看護師の平均夜勤回数は三勤交代制で7.8回。二交代制で4.6回。)

夜勤による不規則な生活、看護師不足による激務、その上さらなる長時間労働・・・

その結果、看護師が疲れ切って辞めていく、こんな悪循環が高い離職率を生み出しているのです。

 (6904)

東京だけで7500人の看護師が不足している現実

また、東京民医連では、2009年3月に、都内の病院の看護配置状況を調査。200床以上の病院でDPC(診断群分類)制度導入を検討している看護配置基準「10対1」が52病院、合計1万9779床となり、それらの病院が同「7対1」体制をとると、都内だけで4000人の看護師が不足すると試算した。

東京都の需給計画は2006年時点で2011年に3565人が不足するとされており、「7対1を考えると実際のところ7500人が不足するのでは」(東京民医連)と指摘する。

離職率が高いのが、看護師不足の理由なようです。
労働環境の向上が、早急に求められます。

看護師不足の対応

 (6910)

看護師不足を解消するための対策は、各病院などが頭を悩ませながら色々取り組んでいるようです。

看護師不足を解消するために有効な対策には、主に夜勤の回数を減らす・相談できるようにする事などがあるようです。看護師を悩ませている原因の一つに夜勤といったものがあります。これは、入院患者のいる比較的大きな病院に限ったことですが、平均して月に8回以上もの夜勤を強いられている看護師が全体の40%以上にも及び、非常に大きな問題ともなっているのです。また、休日もできるだけ取りやすくするために配慮を行うなど、看護師の待遇について改善がなされ始めているようです。

他にも、病院などではよくある話ですが、女性ばかりの職場である事から、人間関係のストレスが退職に繋がる大きな原因ともなっており、こうした事を改善するために、定期的に配置換えなどを行うところもあるようです。

このように、各病院やクリニックでは、看護師不足を解消するために、さまざまな対策を取っているようです。このため、以前よりも看護師の人数自体は全体的に増えてきているとも言われており、さらには、看護師を目指そうとする人も増えてきていると言います。

もっとも、こうした背景には、現在における不況が大きく影響しているとも言えるのですが、理由はどうあれ、看護師を目指す人・看護師が増えていく事は、看護師不足解消に繋がっていくものと言えますので、良い傾向にあると考えられます。

これから転職しようとしている看護師は、これらの改善策が取られている病院へ転職する可能性が高いため、現在よりも状況が改善されると言えます。また、転職支援サービスを利用すれば、転職に失敗する事もなく、また、高待遇を手にする事もできてしまいますので、お勧めです。

転職支援サービスを行っている会社は、例えばリクルートナースバンクなどのような、多数の実績を誇るところが多く、全ての利用が無料になっていますので、安心です。看護師不足に少しでも貢献できる転職を、転職支援サービスを利用して成功させてください。

労働環境の整備
看護師という仕事は朝昼晩常に必要とされている仕事となっていますので、その勤務形態は非常に不規則です。 8時間勤務がベースであるということは他の職業と同様ですが、勤務時間は朝9時から夕方5時までではなく、0時から8時までというケースもありえます。
こうした不規則な勤務形態においてはワーク・ライフ・バランスの崩壊が招かれやすく、看護師の疲労は回復しづらくなってしまいます。 加えて医療という現場は、常に研究の最先端に触れる現場です。新しい治療法や薬品が生まれたのであればそれに対応するために研修を受ける必要があり、 看護師は定期的に8時間勤務の後、数時間の研修を受けているのです。
そうした労働環境は離職率の上昇を招く要因の一つでもあるため、この労働環境を整備することによって看護師不足に歯止めをかけようとしています。
今なら看護師の転職は有利な状況

看護師,不足
看護学校の数を増やしたり、さまざまな補助を出すなど国はさまざまな対策に乗り出していますが、まだ目に見えるような効果は表れていません。

しかしこんな状況も看護師の資格を持っている人にとっては逆にチャンスかもしれませんね。

病院の多くが新たな働き手を求めて盛んに求人を出しています。中には給与が高い高待遇の病院もありますよ。格安の社宅を用意してくれたり就職お祝い金を出してくれる病院も増えました。

看護師転職サイトなら家庭と両立しやすいパート求人もそろっています。待遇、労働時間など自分の望む条件に合う職場を見つけて賢く資格を生かしてくださいね。

看護師不足を解消すべく、いろんな対策が練られています。
病床数を減少させるという案も出ているようですが、今や高齢化社会で病院を利用する人は今後も増え続けるでしょう。
きちんとした整備が求められます。

転職と年齢の関係ってどうなの?

 (6920)

看護師で再就職を希望している場合、気になってくるのが「年齢」の問題です。

ある程度年齢がいっていると再就職は難しいという意見もあります。

年齢のせいで条件のいい職場は見つからないのではないかと心配する看護師も少なくないのです。

現在、全国的な看護師不足であり、医療機関や施設でも人手が足りないと頃が殆どです。

しかし人手不足の原因は、仕事がハードだったり給料が低めであったりと条件の良くない職場である場合もあるのです。

年齢がいった看護師にまったく再就職のチャンスがないかというと、実は必ずしもそうとはいえません。

再就職時に、ある程度の年齢でも歓迎されるのが、病棟勤務経験のある看護師です。

特に老健や老人ホームなど高齢者関連の施設では、病棟勤務経験のある看護師を求めています。

転職先を選ばなければ常勤での再就職も充分に可能です。20~30代の若い看護師は出産や育児などで休業したり、日勤のみの勤務スケジュールを希望するケースが多いのです。

夜勤や深夜勤務が可能であったり、夜勤専従でも構わないということであれば求人先の選択肢も増えてきます。

最近では夜勤専従の常勤正規職員の求人も出ています。年齢に関わらず病棟経験があれば応募してみると良いでしょう。

看護師が転職しやすい年齢は?

看護師の求人は、年齢不問の求人から、45歳前後を上限とした求人まで様々です。ただし、実際には看護師不足を深刻な問題として抱えている施設がほとんどであり、年齢よりも実務経験と本人のやる気次第で採用が決まるケースも少なくありません。

改正雇用対策法(2007年10月1日施行)により、年齢制限を設けた求人は原則禁止となりました。また、例外として年齢制限が認められる場合(例外事由)がある場合には、下記のような対応が求められることになりました(雇用対策法施行規則第1条の3)。

例外事由がある場合の法的義務には、
求人広告内にその理由を明記する
求職者からの問い合わせに対して、書面やメールなど、記録が残る形ですみやかに回答するがあります。

年齢はあまり関係なく、実務経験や、やる気が採用のポイントとなります。
また、多忙な職場だと、丁寧に指導する時間がない場合もあります。その場合は、経験の浅い人を雇うのではなく、経験のある人を採用することがあります。

40代看護師、採用のメリット・デメリット

例として、40代を挙げてみます。
 (6926)

40代看護師のメリットには、大まかに以下の3つがあります。
1.経験値があり、優遇されることもある
2.臨機応変に対応できるので、需要が高い
3.コミュニケーション能力が活用できる

いちばんのメリットは、やはり1の「経験値」。
知識やスキルはもちろんですが、経験から2の臨機応変に対応することも自然と身についていますから、若く経験がなければ戸惑ってしまうことも対処でき、頼りにされるでしょう。

また場合によっては、経験優遇により管理職になることもできます。若い人が多い職場へ転職しながらも評価してもらえると居場所ができます。管理職をすることで収入も安定しますし、優遇、または管理職になることでより働きやすい環境を整えられるかもしれません。

さらに人生経験の豊富さから得られるのが、3のコミュニケーション能力。
年下ばかりの職場に気はひけるものの、経験のある看護師からは誰もがアドバイスをしてもらいたいものです。会話力を上手に活かせば、よりスムーズに適応することもできるでしょう。

逆に40代のデメリットは「覚えの悪さ」。
これはアラフォーの私も否めない残念な事実で、物品の場所や病院内の構造など、ちょっとしたことがすぐ覚えられません(苦笑)とは言え知らないままで仕事はできませんから、ここは聞いて覚えるのみ。時間とともに身につくものなので、致命的なデメリットにはなりません。
覚えられるまでは謙虚に聞き、メモをとるなど覚える姿勢が大切です。

40代って、かなり社会人として魅力的だと思います。
実務経験、豊富な人生経験、円滑なコミュニケーション能力・・若い年代にはとても勝てません。

介護施設は、看護師の年齢層が高め

 (6931)

■介護施設で働く看護師の実態

意外に思われるかもしれませんが、実際に「介護老人保健施設」や「特別養護老人ホーム」
などの介護施設で働いている看護師さんの年齢層はかなり高いです。

大抵「幅広い年齢層の看護師さんが働いている」と求人には書かれていますが、実際には
20代の看護師さんよりも40代、50代の看護師さんの方が圧倒的に多いです。

このため肉体的にも精神的にも病棟勤務に限界を感じている50代の看護師さんの転職先
候補の一つとして介護施設は最も多いのですが、決して人気があるとはいえません。

北海道大学が過去に行った学術調査によりますと、介護老人保健施設で働く看護師さんの
平均年齢は45歳、一方特別養護老人ホームの平均年齢は45.5歳となっています。

しかも、20代の看護師さんは全体の5%程度しかいません。

50代の看護師さんがもっとも多く働いていることが明らかになっています。

介護施設で働いている看護師さんの8割以上が過去に病院勤務を経て転職しています。

ちなみに施設看護師として介護施設で働く場合の注意点についてですが、それぞれの業務
が病院のように明確でないため、職場で自分のポジションを確立しないと働きにくいです。

また、お世辞にも人間関係に関しても決して良いとはいえません。

また病院のように業務がしっかり明確化されていないうえに介護職の人材も不足している
ため、どうしても「介護の仕事」も自ら積極的に手伝わなければなりません。

ですので、病院勤務をされていた看護師さんの多くが施設看護師は職場での地位が低いと
感じるようです。こうした点も若い看護師さんが定着しない理由の一つです。

そうした状況の中で施設内で働く他の職員たちと良い関係を築きあげながら働くとなると、
必然的に経験のある40代、50代の看護師さんだけが残る恰好となります。

また、40代、50代のベテラン看護師さんは、キャリアアップを目指して転職、再就職
するわけではないので、逆に都合がよく、施設側もベテランの方を求めています。

決して、環境が良いとは言い難いです。もちろん、その施設によって違います。
介護施設での就職を考えた場合は、労働条件や職場環境などの下調べをしたほうが良さそうです。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |