准看護師と看護師の違いって分かる?准看護師から看護師にキャリアアップも。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

准看護師と看護師の違いって分かる?准看護師から看護師にキャリアアップも。

私たち患者が看護師だと思っている人たちの中に、看護師さんと准看護師さんがいるんです。その違い分かりますか?

准看護師ってなに?

准看護師 - Google 検索 (1807)

准看護師制度は、1951年(昭和24年)に設けられましたが、当時は女性の進学率が低く看護師国家試験のための資格(高卒以上)を持てない人も多かったので、看護師不足を解消するための暫定措置的な背景がありました。
中学校を卒業し高校の衛生看護学科(3年)もしくは准看護学校(2年)を修了し、都道府県で実施する准看護師試験に合格すれば、最短で准看護師として働くことができます。
准看護学校のカリキュラムは登校日や時間が限定されているため、病院などの看護助手やアルバイトなどをしながら学校に通うことも可能です。
准看護師 - Google 検索 (1808)

職務内容に関しては、准看護師は医師(歯科医師)と看護師からの指示に従って補佐的な業務を行うものであり、医師(歯科医師)と看護師から指示なく独自の判断で業務を行うことは許されていません。 とはいえ、実際の現場での基本業務にはあまり違いがないようです。
看護師さんの中に看護師と准看護師がいるなんてまったく知りませんでした。

患者にとってはどちらも看護師なんですが実は大きな違いがあったのです。

准看護師と看護師の違い

准看護師 - Google 検索 (1809)

正看護師・・・厚生労働省の国家資格
医師(歯科医師)の指示」に従って診療の補助と療養上の世話などを行う
准看護師・・・都道府県知事免許
「医師(・歯科医師)・看護師の指示」に従って業務を行う
看護師になるには、看護学校を卒業した後に、看護師資格取得のための国家試験を受けて、それに合格しなければいけません。
そしてその看護資格は、厚生労働大臣が発行します。
准看護師になるためには、准看看護学校を卒業した後に、各都道府県知事が実施する准看護師資格取得のための試験を受け、それに合格しなければいけません。
この試験は、国家試験ではありません。
准看護師資格は、各都道府県知事が発行します。
准看護師 - Google 検索 (1810)

准看護師は、「看護師の指示に従って」業務を行うことになります。
つまり准看護師は、厳密には看護師の補助業務を行います。
・正看護師⇒国家資格
・准看護師⇒公的資格

正看護師と准看護師との一番大きな違いは、ズバリ「資格」です。
正看護師の免許は、看護師国家試験をパスした人がもらえる資格。
准看護師の免許は、各都道府県で行われる知事試験をパスした人がもらえる資格です。
准看護師は、技術をメインに学びます。看護師としての思考力・判断力や社会における役割など、基礎的なことを学ぶ時間は少ないとされています。
一方、正看護師の場合は基礎的な部分からしっかり学ぶことが可能です。

看護の道を極めたいとお考えの方は、正看護師を目指すことをオススメします!

准看護師と看護師ではお給料がぜんぜん違う。

准看護師 - Google 検索 (1811)

これがもしかしたら、看護師と准看護師の違いかもしれません。
看護師の平均年収は、約450万円です。
准看護師の平均年収は約400万円弱です。
50万円ほどの違いがあるのです。
※年収ラボ参考

しかし、実際の業務は同じようなことをしている。
また、看護師であれば管理職に就くことも出来ますので、さらに給料をアップさせることも可能です。こうした待遇の違いから、看護師を目指される准看護師の方もたくさんおられます。
まとめ

准看護師 - Google 検索 (1812)

看護師の年収よりはかなり少なく、同年代の年収を比べると70~100万円ほどの差がついています。
准看護師は役職に就くことが難しく、昇給の機会も少ないため年収の伸び率も看護師のそれに比べて大きくありません。
患者から見ると看護師と准看護師の違いはあまり変わらず、仕事の内容にも大きな違いはないのに

お給料の面ではまったく違うんですね。

准看護師から看護師になるにはどうしたらいいの?

准看護師 - Google 検索 (1813)

1. 定時制の看護専門学校に通う(3年間)

昼間、准看護師として働きながら通うことができますが、授業の時間によっては職場の協力や理解が必要です。

2. 全日制の看護専門学校に通う(2年間)

昼間の全日制なら2年ですが昼間の仕事ができないので、その間の収入は夜間のアルバイトなどになってしまいます。

3. 通信教育(2年制)

准看護師の免許を取得して10年以上の経験があれば、通信教育でも受験資格を得ることができます。自宅での勉強になるので、時間的には融通がききますが、自己管理が必要でしょう。 なお、看護師学校養成所2年過程(通信制)の進学者を対象にした奨学金制度などもあります。

准看護師はあくまでも看護師のサポート役というイメージだそうです。

なので准看護師から看護師になるべくキャリアアップを目指す人も少なくありません。

しかし、准看護師として働きながら2年もさらに勉強することになるなんて

並大抵のことではありませんね。

准看護師のメリットは?

准看護師 - Google 検索 (1814)

准看護師のメリット
高齢化社会の今、医療施設はどんどん増え続けています。しかし、医師や看護師などの働くスタッフは減少傾向にあるようです。
でも、まだまだ需要が高い職種なので、全国どこでも活躍することができます。特に准看護師は、正看護師に比べかかるコストが低いのが特徴です。
施設形態によっては、コストを安くするために准看護師を募集しているところもあります。

准看護師のメリットは、これだけではありません。
正看護師の資格を取得するための教育課程は3年から4年を有します。
一方准看護師は、2年で取得することが可能です。
早い段階で現場に立つことができるため、実戦を多く経験することができます。
准看護師は、より早く社会に役立ちたいとお考えの方には最適です。

准看護師と看護師では職場の違いも多少あるようです。

准看護師と看護師では若干働く所にも違いがあります。准看護師は看護師と比較して収入は低めです。しかし業務は看護師と同じ事を行っています。そこで個人経営をしている診療所やクリニックは人件費が抑えられる准看護師を比較的雇用します。
もちろん大きい病院などでも採用枠はありますが、准看護師は看護基準を満たせません。看護基準は診療報酬に関係します。要は看護師を採用する方が病院は診療報酬が高めになります。こういった理由も加味され准看護師と看護師では職場に違いが出てくるのです。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |