薬の開発に携わりたい!治験業界への転職 | キュレーションメディア

薬の開発に携わりたい!治験業界への転職

いつも目にしている薬。そんな薬は日々、製薬会社の研究開発によって生み出されています。看護師として患者さんと向き合ううちに、患者さんを助けてくれる薬の開発業務に携わってみたい!そう思う看護師さんもいます。

看護師が治験業界で活躍する場

看護師を今まで医療機関でしている人がキャリアを活かして転職をする場合に多いのが治験業界です。

治験業界で働く企業の看護師としては臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)などの仕事があります。

治験ってなに?

2.治験のルール「GCP」 | 新薬・治験情報 | 日本製薬工業協会 (4971)

治験とは「新しい薬」の承認を得るために厚生労働省の指導に従い実施している試験のことです。
治験は第1相から3相まで試験段階があり、結果をまとめて厚生労働省に提出しやっと薬として承認されます。ひとつの薬が誕生するまでには10~18年もの長い研究開発期間があり、効き目の確認や安全性の評価など、さまざまなテストが繰り返されます。
新しい薬が厚生労働省の承認を得て、広く一般の患者様に使われるようになるには、その薬の効果と安全性を確認することが必要です。そのためには、開発の最終段階で多くの患者様に使用していただき、その効果と安全性を詳しく調べることが必要です。このように人での効果や安全性について調べる試験を「臨床試験」といいます。このうち厚生労働省から薬として承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」といい、治験に使用する開発中の薬を「治験薬」といいます。現在販売されている薬は、多くの患者様に参加いただいた治験によって効果や安全性が確認され、厚生労働省で審査を受けて販売の承認が与えられたものです。

臨床開発モニター(CRA)と治験コーディネーター(CRC)、何が違うの?

外国人の疑問「なぜ日本人はNOと言わないの?何考えてるかわからないよ」 (4967)

治験が適正に行われているかチェックするCRA(治験モニター)や、医師、被験者、依頼者の間に入って治験を円滑に進めるCRC(治験コーディネーター)として働くことになります。
治験コーディネーターというのは製薬会社が新しい薬を作った場合に行われる試験です。病院で実際の患者さんにその薬を使ってもらって、その薬が安全なのか、効果を試す、それが治験です。

それらがスムーズに行われるようにするために治験のコーディネートをするのが治験コーディネーターとしての仕事です。

CRCとCRAの違い | CRCばんく

CRCとCRAの違い | CRCばんく
CRCとCRAは新薬の開発の最終工程である治験や臨床試験に関わり、一緒に仕事をすることも多いのですが、仕事の内容や労働環境などに大きな違いがあるため、自分がどちらに適しているかをきちんと考えた上でどちらに応募するかを選びましょう。

臨床開発モニター(CRA)への転職

株式会社エシック|看護師 求人・転職・募集なら【マイナビ看護師】 (4965)

臨床開発モニター(CRA)の仕事内容は?
CRAは、治験を実施する医療機関を訪問して、治験が薬事法やGCP(臨床試験の実施の基準)に従って適正に行われていることを確認し、保証する役割を担っています。
また、医療施設から治験のデータを回収・精査し、不備が認められた場合には、再度医療施設に掛け合って正しいデータが得られるようにします。
CRA(臨床開発モニター)は、治験の依頼者である製薬企業の立場から、医療機関で行われる治験が、実施基準(GCP)や計画書に沿って正しく行われているかどうかの監視と確認(モニタリング)を行います。
治験実施医療機関内で行われる治験が、様々な法律やルールを守って実施されていることを確認する業務(モニタリング)を行うとともに、依頼者である製薬企業と、ドクターをはじめとする医療機関のスタッフを結ぶ橋渡し役となり、ドクターが作成するCRF(症例報告書)を回収します。
臨床開発モニター(CRA)に転職する看護師は多い。
担当医師や患者と接する機会が多いうえ、その業務において医薬品に関する知識が幅広く求められるため、看護師や薬剤師、MR(医薬情報担当者)、臨床検査技師など、医療職で活躍されていた方からの転職が多いという点はCRCと全く同じです。
全国の求人数が多い状況です。大都市を中心にCRA未経験者、CRA経験者のどちらも多くの求人が発生しており、内定を非常に取得しやすい状態です。 CRA(臨床開発モニター)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。
CRAとして働きたい場合、国内および外資系大手製薬メーカー、製薬企業から治験業務の一部を請け負い実施する医薬品開発業務受託機関(CRO)などに入社後、各社内で実施される研修を受けるのが一般的です。

治験コーディネーター(CRC)への転職

治験の看護師バイト - 看護師単発バイト求人、募集が見つかるサイト (4964)

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容は?
治験コーディーネーターの主な仕事は、治験の目的やリスクなどを十分説明し、被験者がその内容を理解した上で自発的に参加することを同意してもらう「インフォームドコンセント」、被験者との面談・診察への同席、スケジュール管理、服薬指導、治験データの収集と管理、関連部署との連絡や調整など、多岐にわたります
治験コーディネーター(CRC)について聞き慣れない看護師の方もいると思います。

主な仕事内容は、治験実施医療機関(病院)などを訪問し、GCPを守って適切に治験が行われているかモニタリング、各部署を調整する事。
そして病院内で直接被験者(患者さん)と接して治験内容の説明をし、不安や心理的な負担を和らげるというとても重要な役割を持ちます。

CRC(治験コーディネーター)は、医療機関側の立場から、治験の実施基準(GCP)に沿って治験が適正に行われているかどうかのチェックをして、被験者・担当医師・製薬会社の間で調整を行います。
治験コーディネーターとして、看護師が多く採用されていますが、そうした患者さんとのコミュニケーションに多くの経験を持ち、能力に秀でた看護師が多い事がその理由と言えそうです。

看護師⇒治験コーディネーターと転職される他、臨床検査技師、薬剤師から転職される方もいます。

CRCに転職する看護師は多い。
知っておきたいのは治験コーディネーター(CRC)という資格は存在しないこと。
一方で雇う側では応募者の専門知識を確認するため、特定の業種の資格を応募資格として設定しているケースが見られます。
もっとも多いのが看護師と薬剤師。医師や保健師も応募資格として設定されているケースも見られますが、やはり看護師と薬剤師が圧倒的に多い状況です。
CRCは、治験という非日常体験を前に少なからぬ不安を持っている被験者に対して、その目的や手順、メリット・デメリットをわかりやすく説明し、被験者が自分の意思で参加の可否を判断できるように支援を行います。
CRCには医療に関する知識はもちろん、医師や被験者とのコミュニケーション能力が求められるため、その多くは薬剤師、看護師、臨床検査技師などの有資格者から転職してきた方となっています。なかでも看護師からのキャリアチェンジ組が最多で全体の40%を占めています。
治験コーディネーターについている人の資格は、看護師が46.5%と最も多くなっており、次いで臨床検査技師、薬剤師の順番になっています。これは医療に関する知識だけではなく、職業の性質上、高いコミュニケーション能力が求められていることが関係しています。

治験への転職を考える看護師さんは多い

バイアグラのジェネリック薬紹介 | バイアグラ通販サイト 【正規品 送料無料】 (4966)

看護師として働いていると毎日のように薬に接しているでしょう。

その薬が効く人と効かない人がいる・・・なんでだろう?そう思ったりしませんか?
薬がどのようにして作られているのか疑問に感じた看護師さんは治験について知っておいても損はありませんよ。

看護師さんの転職先として、臨床開発モニター(CRA)や治験コーディネーター(CRC)が挙げられます。より患者さんに接する機会が多いのはCRCでしょう。

転職を閑雅ている看護師さんは治験にも目を向けてみましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |