血糖値が上がる?≪グルコサミンと血糖値の知られざる関係≫ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

血糖値が上がる?≪グルコサミンと血糖値の知られざる関係≫

糖尿病患者はグルコサミンを摂取するときに気をつける必要があると言われます。これはインスリンとグルコサミンの相性があまり良くないからですが、一体どのような関係なのでしょうか?調べてみましたので参考にしてみてください。

臨床研究ではグルコサミンはインスリンに影響しない

インスリンが上手く機能性なくなって、血糖値がコントロールできなくなるのが糖尿病です。
最近は新しい治療法が出てきているとはいえ、恐ろしい病気であることに変わりありません。
グルコサミンは関節を作る物質の元となる成分です。
皮膚の健康にも影響があるので、美肌成分としても注目を集めています。
グルコサミンは年齢と共に減少する上に体内では生成できません。
多くの方がサプリメントを利用しているのはそのためです。
グルコサミンとインスリントの関係は、実はあまり臨床試験などのデータがないそうです。
そのためかつては糖尿病の患者はもちろん予備軍の方でも、グルコサミンは絶対に摂取してはいけないと言われていました。
しかし、最近の研究では血糖値をコントロールできていれば、グルコサミンを摂取しても問題ないとも言われています。
いずれにしても、医師の方と相談することが大切です。
一つ目はグルコサミンは血糖値を上げる働きがあることが知られているということ。糖尿病は血糖値のコントロールが必須ですよね。グルコサミンが血糖値に作用する値は「それほど深刻に考えなくても良い」と言われています

二つ目はグルコサミンはインスリンの働きを悪くするということです

この臨床試験の結果からはグルコサミンの摂取で血糖値が上がることなないようですね。
ヒト臨床研究を中心とした文献レビューの結果、2型糖尿病あるいは糖尿病予備軍(境界型)の患者において、グルコサミンの投与(最大3年間)は、臨床的に有意ではない程度の空腹時血糖値の低下を生じうることが見出されています。

一方、グルコサミンによる糖代謝への影響(インスリン感受性や耐糖能)による有害作用に関しては、研究デザイン等の限界から、臨床的意義の妥当性はないとされています。

またこの研究では、現状の科学的根拠に基づくと、グルコサミンの摂取は、健常者、糖尿病患者、耐糖能異常を有する糖尿病予備軍のいずれにおいても、空腹時血糖値、糖代謝、インスリン感受性に有意な影響を与えることはない、と考察しています。

糖尿病が悪くなっているときは必ず医師に相談してください。
万が一のことを考えるなら、グルコサミンの摂取は控えたほうがいいと思います。

血糖値をコントロールしてくれるインスリン

グルコサミンは関節の動きをサポートする

グルコサミンは、関節軟骨の損傷や老化に有効に働くといわれています。すり減った関節軟骨を補修するだけでなく、骨をつくりだす軟骨芽(なんこつが)細胞そのものを刺激して機能を高めて軟骨を強化する作用もあるのです。

骨と骨の間にある軟骨は、骨同士がぶつかり合わないようにクッションの役目を果たしています。そのクッション性を高める働きをしているプロテオグリカンという成分があるのですが、この材料になるのがグルコサミンです。また、関節軟骨の主成分であるヒアルロン酸やコンドロイチンといったグルコサミノグリカンの材料でもあります。

インスリンは、すい臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられています。食事によって血糖値が上がると、すい臓のβ細胞がこの動きをすばやくキャッチして、すぐにインスリンを分泌します。血糖が全身の臓器にとどくと、インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり、たくわえたり、さらにタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりするのです。こうして、食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれるのです。

糖尿病で気になるグルコサミンとインスリンの関係二つ

それでも重度の糖尿病患者は注意が必要

「グルコサミンは糖尿病患者が摂取してみ大丈夫」「血糖値を上げることはない」というのは、血糖コントロールが出来ている人に限りいえることであり、血糖コントロールができない人、血糖コントロールの悪い人は、はっきりと影響がないとは言い切れないのです。

そのため、グルコサミンは、血糖コントロールの悪い糖尿病患者や、血糖コントロールできない糖尿病患者への使用は、医師の指示を仰ぐことが必要です。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |