【認定看護師】熟練した看護技術と知識が認められる資格 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【認定看護師】熟練した看護技術と知識が認められる資格

特定の看護分野において熟練した看護技術と知識があると認められる資格があるんです。看護師の上級資格、認定看護師です。患者を中心に据えた看護を大切に考えているのなら、資格チャレンジも視野に入れてみては?

「認定看護師」とは?

 (1228)

認定看護師は日本看護協会が認定する資格で特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を身につけ、高い水準の看護実践が出来る資格です。
『専門看護師』が医療現場全体の向上や、人材育成を期待されているのに対し、『認定看護師』は患者を中心に据えた看護を期待されています。
認定看護師も専門看護師のように専門性が求められる看護師で、救急看護、集中ケア、皮膚・排泄ケア、ガン化学療法看護、手術看護、訪問看護、認知症看護、不妊症看護など、専門看護師とは分野分けの方法が異なっているのが特徴です。
専門看護師に関しては下記のまとめを参照してください。

【専門看護師】看護師の上級資格でこの先の仕事の幅を広げる! – 看護師転職のレシピ

【専門看護師】看護師の上級資格でこの先の仕事の幅を広げる! - 看護師転職のレシピ

認定看護師の種類

 (1232)

2012年の段階では、21の分野に分けられています。

救急看護
皮膚・排泄ケア
集中ケア
緩和ケア
がん化学療法看護
がん性疼痛看護
訪問看護
感染管理
糖尿病看護
不妊症看護
新生児集中ケア
透析看護
手術看護
乳がん看護
摂食/嚥下障害看護
小児救急看護
認知症看護
脳卒中リハビリテーション看護
がん放射線療法看護
慢性呼吸器疾患看護
慢性心不全看護

認定看護師は特定の看護分野において、以下の3つの役割を果たします。

個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。(実践)
看護実践を通して看護職に対し指導を行う。(指導)
看護職に対しコンサルテーションを行う。(相談)

患者さんに接する際に、自分の知識不足をどうにかしたいと思う看護師は多いようです。
適切な看護を行えるように勉強して、その成果で資格を取って認められるのはいいなぁと思いますよね。

でも、意外と受験資格はハードルが高かったり!?

どうやったらなれるの?

 (1233)

「認定看護師」というとある程度ベテラン、もしくは中堅以上の方のイメージがあるかもしれませんが、これは認定看護師になるために実務経験期間が問われるためです。
どんなにやる気と実力があっても、学校を卒業してすぐには認定看護師試験にチャレンジできないのです。
では、具体的な条件を見ていきましょう。
認定看護師を目指す条件としては、まず、日本国の保健師、助産師及び看護師のいずれかの免許を有しており、実務経験5年以上(うち3年以上は認定看護分野の経験)が必要である。それらを満たした上で認定看護師教育機関(2007年7月現在23施設)にて認定看護分野に応じた認定看護師教育課程(6ヶ月・600時間以上)を修了し、認定審査(筆記試験)に合格すると、認定看護師認定証が交付され、認定看護師として登録される。
たとえば、あなたが緩和ケア認定看護師になりたいとしたら、看護師として5年以上、そのうち3年以上は緩和ケアの経験が必要ということです。つまり、いくらなりたくても未経験分野にはチャレンジすることができません。
どの分野で認定看護士なりたいかをしっかりと考える必要がありますね。
先のことを考えたときに、希望分野での経験が積めるように配属希望を出したり転職を考える必要があります。

認定看護師教育課程って何?

 (1235)

教育課程は6ヶ月以上と定められており、授業は通常平日の昼間に行われるので、勤務を続けながら通学することはできません。多くの方が、休職あるいは長期出張扱いで学んでいます。(一部、週2日の開講で勤務しながら通学できる学校もあります。)
授業は専門学校や大学と同じように1クラス15〜30名に分けられて授業を行います。 基本的なカリキュラムは共通科目、専門基礎科目、専門科目、演習・実習で構成されています。
ただ講師の話を聞くだけという授業だけでなく、ロールプレイングや技術演習、グループワークなどの授業が多く盛り込まれているのが特徴です。
 (1236)

レポートやプレゼン式の発表の機会も多いので、教えてもらうというよりは学んだ事や自分の考えを発表する参加型の授業が多くなります。
教育課程の後半になると、教育機関を離れて1ヶ月半、近くにある病院で自分の専門領域の患者を受け持つ隣地実習が行われます。

実習では看護計画の立案や記録をはじめとし、教育機関に報告用のレポートも作成します。

共通科目は105時間以上で専門基礎科目・専門科目は時間既定なし、学内演習および臨地実習は200時間以上などと定められています。時にはレポートのなどの課題を提出することもあります。
座学に実習、レポートやプレゼン、さらには隣地実習まで。
かなりいろいろ詰め込まれていますね。
なかなかハードな期間になりそうです。
認定看護師教育課程を実施する認定看護師教育機関は、2012年現在、全国に53機関あり、80課程が開講されています。

認定看護師を取得できる全国の教育機関一覧|看護師転職DX

認定看護師を取得できる全国の教育機関一覧|看護師転職DX
前回、認定看護師と専門看護師・診療看護師の違いについて説明しました。今回は認定看護師の資格を取得出来る教育機関一覧をご紹介します。認定看護師や専門看護師・診療看護師について詳しく知りたい方は下記記事を参照ください。 【参照記事】知っておきた

どんな試験なの?

 (1237)

認定看護師の認定試験は1年に1回、日本看護協会が実施しています。2013年は3月21日に受付を開始し、5月21日に試験が行われました。
教育機関での教育課程を修了後、マークシート方式の筆記試験を受けましょう。受験資格を有していることを確認し、申請を行います。毎年1回実施される認定看護師認定審査は筆記試験(マークシート方式・四択択一)で実施されます。認定看護師として必要な能力について判断されます。
合格率は90%以上とかなり高い値です。これは認定看護師になるための教育機関に入学するための試験があることや、入学しても卒業するのが大変であるため、それらを通過することができれば、必然的に認定試験の合格率が高まるためだと思われます。
教育課程を見ると、そこで必要なことはすべて学ぶ!という感じですね。
結果的に試験は復習くらいになるのかもしれません。
合格率が高いのも納得です。
ただ、取ったら終わり!ではありません。5年ごとに更新となるので、勉強は欠かせません!
認定看護師のレベル保持のため、認定更新制を施行しています。認定後5年ごとに更新審査を実施しています。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |