潜れなくても大丈夫! グラスボートで海中気分を味わおう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

潜れなくても大丈夫! グラスボートで海中気分を味わおう

船の中から海中が観察できるグラスボートなら、水に入ることに恐怖心をもっている方でも海を堪能することができます。グラスボートでどんなものが見られるのかまとめてみました。

グラスボートとは

船底がガラスになっている船のことです。ガラス底ボートやグラス底ボートなどの名称で呼ばれることもあります。どれも同じものを指しています。これで水に入らずとも海の中が見られます。

いろんな構造のものがあります。こちらはシンプルな仕組みのグラスボートです。ちょっと乗り出さないと見えませんが、開放的で周辺の景色も楽しめるタイプです。

下のほうに水槽みたいに真四角な穴があり底がガラスになってます。
顔をいれて、ボートの底を見ます。
ただずーっと底を見ていると酔うので、ポイントにつくまでは見ないようにと注意されました。
下を見るタイプはずっと下をみていると酔うのが難点でしょうか。

海中に没してる船体の側面をガラスにし、横から見られるようにした船もあります。大掛かりな仕組みため、利用価格もいくらか高めになるようです。首を下に向けずとも見られるのが利点ですね。さながら移動式水族館です。

美しい海中が堪能できます

構造からくるイメージとしては、大していいものはみられないんじゃないのか、と思いがちでしょうが、思いの外素晴らしい海中模様がみられます。

けっこうクリアーに見えます。

ポイントがあって、そこに停まってエサで魚を引き寄せてるみたいです。
本当に魚がいっぱいです。そして、海の青さに感激です。
動きまわる魚をグラスボートで追いかけるのは難しいようで、だいたいエサで引き寄せてポイントへ行くという形になるようです。ところによっては、ダイバーが餌付けしてジンベエザメをボート近くに引き寄せて観察させるところもあります。

サンゴのような、動かないものを観察するにはグラスボートはうってつけです。

ダイビングと違い、タンク容量の制限をうけないのでいくらでも見ていられるのは利点ですね。

青い珊瑚礁
グラスボートで海底の「青い珊瑚礁」を見る。沖縄の海は透明だった。
♪松田聖子の世界♪(^o^)

いくらくらいで利用できる?

グラスボートの国内でのメッカは沖縄とその周辺のようです。料金は1000円から2000円くらいとなっており、お手頃ですね。家族全員で乗っても1万かそこらで楽しめます。子供価格を設定しているところも多いので小学生連れならもっと安くあがるかもしれません。
また、ホテルで割引券を発行しているところもあるようです。
行く前にチェックしておきたいですね。
全ての船に乗ってみないとわかりませんが、
どこのガイドのおじさんの話が面白い、とか
どこの会社の船がキレイ、とかあるのかも。
このような決め方もありますね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |