ブルーベリーは冷凍物を食べてみよう。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ブルーベリーは冷凍物を食べてみよう。

基本的にブルーベリーは生で食べるものですが、実は冷凍しても味わいも良く、健康にもいいってご存知でしたか?今回はそれを紹介したいと思います。

生の方が栄養があると思われていましたが・・・

生の方が栄養があると思われていましたが・・・

初めに

ブルーベリーには様々な魅力があります。
目が良くなるといわれていますし、健康にもいいといわれています。
こうした物を毎日食べる事が出来ればいいのでしょうが、
やはり旬の時期にしか置いていないことが多いというのはとても残念です。
しかし諦めなくて大丈夫です。 実は冷凍のブルーベリーがあるのです。
そのあたりをいくつか紹介していこうと思います。

美味しく食べよう

つめたーいです

つめたーいです

とても良い色!
美味しそうですね。
・ジュース用としてジューサーに入れて使えます
・凍ったままシャーベットとして食べることができます
・半解凍もしくは凍ったままヨーグルトに混ぜてデザートとして食べることができます
・ジャムの材料としても使えます

冷凍ブルーベリーは魅力!?

スムージーの定義は、氷のように冷たくて濃度のあるシャーベットの食感に近い飲み物。 使うフルーツは凍らせて使うかクラッシュした氷を入れて作られている。ビタミンサプリメントを摂る代わりに必要な栄養素を能率的に自然な物から取り入れる。ってことみたいです。 シェイクにしちゃえばたくさん量がとれるし、キュッと飲めちゃいますよね。
夏場には良さそうですね。しかも冷凍しても栄養分が消えないのは大きなアドバンテージです。
昨日、ブルーベリーアイスを作りましたハート達(複数ハート)

Yahoo!クッキング?で検索して(ブルーベリーアイスでググった訳じゃないけどそれらをベースに)作りました
半分潰して、半分そのままでやりましたが、ジャムのようなきれいな出なかったけど美味しくできました
何度か撹拌する時に味見と言ってパクパク食べてたらあっという間に半分無くなり…。
たくさん入れたら結構リッチなアイスが出来ると思います

このようにブルーベリーを作ったいろんな料理法があるので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

ブルーベリーの魅力

ブルーベリーは、果物や野菜の中でも食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維が多い果物の筆頭に挙げられるバナナですが、ブルーベリーには、そのバナナを上回る豊富な量の食物繊維が含まれています。含有量で比べると、バナナの約2.5倍もあるのです。しかも、不溶性食物繊維と水溶性の食物繊維の両方が含まれている実力派。可愛い小さなひと粒に、食物繊維がダブルで詰まっているなんて、とても優秀な果実ですね。
目は有名ですが、便秘にいいのは意外なのではないのでしょうか。結果的に美容につながるという事ですよね。
購入してから自宅であえて冷凍することで栄養価が高くなる食材もあります。 その代表的な食材がブルーベリー。 ブルーベリーには、目に良いとされているアントシアニンが豊富に含まれています。

ブルーベリーに含まれているアントシアニンは、冷凍してからの方が数値が高くなったという研究結果が出ており、冷凍することでより高い栄養素を補給できるというのは真実のようです。

逆に栄養価が高くなるなんて驚きですね!?
冷凍は、生に比べて触感は少し変わりますが、摂取できる栄養価は高いとの見聞があります。
栄養がないどころか、長期間において栄養価を高く保てるということです。
生の物をすぐ食べる場合は当然美味しくて、栄養価も高いのですが、毎日少しづつ楽しみたいとなれば、どんどん鮮度が落ち、栄養価も落ちてしまいます。小分けで必要な分だけ買えば鮮度は保てますが、小分けだとなかなか安く手に入れるのが難しくなってきますね。

そういった理由で冷凍ブルーベリーが今人気があるのかなと思っています。

そして、是非冷凍して活用したい存在なのはブルーベリー。生に比べて、ビタミンCやポリフェノール、アントシアニンといった美肌に欠かせない成分の含有率高くなるという結果が出たとのこと。

食品用保存袋に冷凍しておけば、ヨーグルトなどのトッピングに使いやすいからこそ、毎朝の朝食にも使いたいものですね。

今まで冷凍は栄養価が下がるかも? と控えていた人や冷凍の野菜を食べることに後ろめたさを感じていた人にとっても嬉しいニュース。もちろん適切な方法で冷凍する、適切な期間で食べるといったことはお忘れなく。

イギリスのチェスター大学が、冷凍フルーツの栄養価と生のフルーツのそれを比較したところ、あらゆるフルーツにおいて冷凍の方が、ビタミンCや抗酸化物質の含有量が高いことが研究の結果で分かったそうなのです。
よくスーパーに売っている冷凍ブルーベリーも生と比べると、ビタミンC、ポリフェノール、アントシアニンが高かったそうです。
こうした事実は実にうれしいことですよね。そこで次の項ではこうした冷凍ブルーベリーをどうやって食べていくのかを見ていきましょう。
勿論、そのままでも行けるでしょうが、それだと飽きるはずです。そこでいくつか食べ方を紹介していきます。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |