課税対策をしてFX最大のコスト税金を減らそう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

課税対策をしてFX最大のコスト税金を減らそう

FXで税金の対象となる利益は?


http://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA150701278561_TP_V1.jpg

税金の対象となるのは、FXでの「為替差益」と「スワップポイントでの利益」です。

ポジションを保有中で、まだ決済していない含み益や含み損は、課税対象とならないことが多いですが、取引会社によって異なります。含み益と含み損が課税対象に含まれるかどうかは、取引会社のホームページなどで確認しましょう。

また、同じ年の損益は相殺することができます。たとえばあなたが複数の口座を持っていて、ひとつの口座で100万円の利益を出したものの、もうひとつの口座で60万円の損失を出した場合は、FXでの利益は40万円という計算になります。FX以外の外貨預金など、雑所得に該当する損益はすべて合算して計算します。

http://www.fx-startup.com/tax.php

同じ年であれば、別々の口座での利益と損失が合算されるんですね。
これなら複数の口座で取引をしている方でも安心だと思います。
また、個人だと3年間の損益繰越が可能となるので、たとえ年間の収支がマイナスであっても確定申告をしておくと、翌年取り戻したときに節税になりますよ。

夫婦で口座を別々にする


http://01.gatag.net/img/201507/05s/gatag-00009576.jpg

税金は世帯ではなく、その人にかかってきますので、結婚している人は、夫婦それぞれの名義でFX口座を持てば節税になります。

サラリーマンは20万円、専業主婦なら38万円を超えた場合に確定申告の必要があります。

たとえば、サラリーマンの人がFXで30万円の所得があった場合、確定申告して納税しなければなりませんが、夫婦で口座を持ち、夫が15万円、妻が30万円の利益であれば、合計45万円でも申告の必要はありません。

FXで利益が出た時に節税する方法

夫婦で口座を一緒にしてしまう方は少ないかもしれませんが、もし一緒にしているのならすぐに口座を分けましょう。

必要経費を利用して節税対策


http://01.gatag.net/img/201507/27s/gatag-00012236.jpg

FXは利益を出すための必要経費が認められています。該当するものは通信費、電話代、書籍・新聞代、セミナー代などです。これらをうまく使い、確定申告時に経費として計上すれば、大きく税金を減らすことができるのです。たとえサラリーマンや主婦トレーダーの方でも、インターネット取引をメインにしているなら通信費が毎月かかります。年間に換算すれば数万円になるため、この一部を経費にするだけでも節税になります。通信費などは、月の合計取引時間によって計上できる金額の割合が変わりますが、最低でも年数千円にはなるでしょう。細かくとも経費にすれば、大きな金額となって手元に返ってきます。

http://xn--fx-lh0f425f.asia/fx%E3%81%AE%E7%AF%80%E7%A8%8E%E5%AF%BE%E7%AD%96/

通信費が必要経費となるのは大きいですね。
必ず必要となる上に高いですからありがたいです。
その他にも経費となるものが多いので、レシートなどは保管しておいたほうがいいでしょう。

FX法人化して節税する


http://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/max16011636_TP_V1.jpg

■メリット1 保険料など経費として認められるものが増える。
個人だと、経費にできるものがあまりないよね!だけど、法人ならほとんど経費にできるよ!

■メリット2 損失を7年間繰り越すことができる。
FXの税金についてのページでも書いているけど個人だと3年間の損益繰越だね!
今までは繰り越せなかったから法人化のメリットがあったけど正直、3年間繰り越せることになったからこの7年繰越での法人化メリットはあまり無くなったかな~…

■メリット3 会社の他の投資や事業の損失と相殺できる。
損益通算もFXの税金についてのページで説明したけど、法人化することによって他に色々なものと相殺できるよ!
これは結構メリットだね~!

http://korechi-fx.com/step_other/houjinka.html

法人化してしまうことのメリットは大きいですね。
夫婦で一緒に会社に入ってしまえば、負担の大きな保険料など、ほとんどが経費となります。
また、レバレッジ25倍の規制が外れますから、FX会社によっては数百倍というレバレッジをかけることも可能です。
もちろん、諸々の経費が掛かるなど、デメリットもあるので注意してくださいね。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |