転職時にはよく確かめて!「病院」と「クリニック」の違い知ってる? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

転職時にはよく確かめて!「病院」と「クリニック」の違い知ってる?

転職先を考えるとき、クリニックがいいのか病院がいいのか悩みますよね。でも、その違いってきちんと把握してますか?違いや役割など、しっかり復習しておきましょう!

クリニックと病院の違いって?

クリニックと病院の違いを聞かれたときに入院するベッドがあるかどうかの違いだと答えてしまうことがありますが、それは間違いです。
クリニックは外来診療のみのイメージが強いですが、入院施設があるところもあります。
ここまでで、「あれ?」と思った方は、改めて違いを確認しておきましょう。
医療法で明確に区別されていますが、それに伴って働き方にも違いが出てきます。
たくさんの診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック」と呼んでいます。
具体的な線引きのラインは入院ベッド数にあります。
 (1378)

両者の違いは医療法ではっきりと書かれていて、入院ベッド数が無床から19床以下の医療機関をクリニック、20床以上を病院として区別されています。
必要とされるスタッフの数も異なります。病院は、医師が3名以上、薬剤師1名、患者3人に対して看護師が1名必要です。クリニックは1名の医師が必要であること以外、看護師を含むその他のスタッフの数に決まりはありません。

それぞれの特徴は?

 (1384)

実体としては、「総合病院」は入院や手術が必要な緊急性の高い病気を診てもらうところ、「クリニック」は「医院」や「診療所」とも呼び、慢性的な病気や通院治療できる日常的な病気を診てもらうところ、というのがおおまかな考え方です。
医療機関は実体として大きく3つに分かれる。限られた施設数で高度医療を提供するのが「総合病院」。地域の総合病院やクリニックと連携し、双方の役割を担い補うのが「地域連携型病院」。施設数が多く患者に最も身近なのが「クリニック」だ。
医療機関は大きくわけて「初期診療(プライマリケア)」「急性期診療」「慢性期診療」の3つの役割がありますが、クリニックでは初期診療、病院は急性期診療、老健や療養施設などは慢性期診療の役割をそれぞれ担っています。
病院には最新の検査機器が設置されていたり、専門の医師が勤務していますので、詳しい検査が必要な病気や難しい病気の場合でも対応することができます。クリニックでは対応できないような患者を受け持つのが病院の役割です。
 (1426)

クリニックは高度な医療を提供することはできませんが、風邪や腹痛のような日常的な病気に対して力を発揮します。地域に根ざし、患者が気軽に来院することができるので、多くの患者に医療を提供することができます。
クリニックとしての分類の中に、「医院」や「診療所」も含みます。
より地域に密着しているのがクリニックという認識ですね。

さて、両者に違いがあるということは、働く看護師の業務も違ってきます。
そういった看護師の仕事の違いを見てみましょう。

仕事内容の違いをチェック

 (1443)

医師の診療介助は、看護師の必須仕事です。しかし、病院などで働く場合では研修医が介助についていたりするため、大学病院などでは看護師が介助しないことも多いです。一方、クリニックになると医師がそれぞれ一人で診察・処置を行う為看護師の介助が必須になります。
クリニックでの勤務は基本的に診療の時間帯です。午前診療が終わったら、午後診療までの間の時間に昼食をとり、午後診療が始まる時間まで休憩し、午後診療の時間になったら仕事に戻り、診療時間が終わったら帰宅です。
ひとりでカバーする部分が多そうなクリニック。
ただ、夜勤がないのはクリニックの魅力かもしれませんね。
どういった規模のところでどういった仕事したいのかにもよりますね。
転職する時の参考にしてみてください!

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |