日本赤十字社医療センターの看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

日本赤十字社医療センターの看護師転職求人のご案内

日本赤十字社医療センターは、東京都渋谷区にある病院です。日本赤十字社による唯一の本社直轄病院になります。

病院について

基本理念・基本方針

日本赤十字社医療センター 基本理念

日本赤十字社医療センター 基本理念

基本方針

(1)保健・医療・福祉ネットワークを基盤にした地域医療連携の推進に努めます
(2)高度な先進医療施設を目指します
(3)24時間365日対応できる救急医療の充実に努めます
(4)心のかよった、まごころ医療、まごころ看護サービスを提供します
(5)災禍に苦しむ人々への救護・救援体制を確保します
(6)教育研修施設として、医療人の生涯育成に寄与します

赤十字精神を根幹に据え、高度な先進医療や24時間体制の緊急医療の充実を目指すなど、地域との連携・医療の向上に努めています。
また、教育施設としても力を入れており、優秀な医療人の育成を行っています。

受診者の権利と責任

●受診される皆さまの権利の尊重
日赤医療センターは、受診される皆さまに次のような権利を尊重した医療を提供します
1.最善にして公正な医療を受ける権利
2.個人の尊厳が守られる権利
3.個人のプライバシーが保障される権利
4.診察に必要な医療上の情報、説明を受ける権利
5.自らの意思に基づき医療行為を選択する権利
患者さんの尊厳やプライバシーを尊重し、患者さんの意思の元、最善の医療が行われることを受診者の権利としています。
●受診される皆さまに守っていただく事項
1.ご自身の健康状態、診療中に生じた変化、その他健康に関する詳細な情報を医師や看護師等にお知らせください
2.治療や検査などの医療行為については、自ら理解し、納得したうえで医師や看護師等の指示に従ってお受けください
3.病院内では、他人の迷惑にならないように静粛を保ち、他の受診者には思いやりある態度で接してください
4.医療費の支払い請求を受けたときは、速やかに対応してください
5.その他病院内の秩序を守るために、診療に関する当センターの規則に従ってください
院内でのルールやマナーと、患者さん自身が全力で健康を目指すことを、受診者の責任としています。

院長あいさつ

  患者さんと医療従事者相互の信頼の下、
  最良の高度医療を提供すること

現在の医療を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。このような状況の下、私どもは当センターが将来においても地域の中核病院として更に成長し続けるために、“医療の原点”すなわち“医療の主役は患者さんであり、我々医療従事者は相互信頼を構築し患者さんを支えること”を行動の指標としています。2009年11月には、広尾地区再建整備事業により現病院が完成し、この“医療の原点”を踏まえ、更なる飛躍をすべく新たな環境を整えました。

患者さんとの信頼関係を構築し、支えることを"医療の原点"とし、地域の中核病院として更なる成長を目指して努力しています。
当センターでは中核となる診療機能を「がん診療」、「小児・周産期医療」、「救命救急」及び「災害救護」と定めています。特に「がん診療」においては、地域がん診療連携拠点病院として万全の態勢を整え、患者さんに対し安全かつ高度な医療を提供するとともに、2009年3月からは肝不全の患者さんに対する生体肝移植も開始しました。その他にも、2008年4月サイバーナイフ、2013年10月PET-CT、2014年3月ダ・ヴィンチなど最新の診断治療機器も揃えております。
そして、2014年11月からは腎移植を開始、2015年5月からは専門性を高めるため、肝胆膵・移植外科を「肝胆膵外科」と「肝移植外科」に分けました。

新しい環境の中、患者さんと医療従事者の相互信頼の下、最良の医療を提供し皆様の安心と安全を守り続けていくこと。それが日本赤十字社医療センターの使命であります。

日本赤十字社医療センターでは最新・最先端の医療技術を積極的に取り入れ、がん診療や小児・周産期医療、救命救急・災害救護などの分野において、地域でも最前線にあります。
病院長 幕内雅敏さん

病院長 幕内雅敏さん

看護部

 (10699)

理念

私たちは、その人が健康に生きる力を引き出すことを支援し、看護の独自性を追究し、創造性の高い看護を提供します。

人間にはその瞬間瞬間で今よりももっと健康になろうとする力が必ず備わっています。それは生まれたての赤ちゃんにも、今まさに息を引き取ろうとしている人にも存在しています。その力を少しでも多く引き出すお手伝いをするのが看護の役割で、そのために、さまざまな工夫をした看護を提供したいと私たちは考えています。

日本赤十字社医療センター看護部では精一杯生きようとする患者さんのサポートを旨とし、独自性・創造性の高い看護の提供を理念としています。

方針

1. 赤十字の理念に基づいた看護を提供します。
2. 他部門と協働し、安全で快適な病院環境を提供します。
3. チーム医療において、その人の生活に主眼を置いたコーディネーターの役割を発揮します。
4. 看護者として人間性を高め、自己の能力を開発します。
5. 看護の可能性を追究し、変革にチャレンジします。
看護師の成長と看護の可能性を追求し、赤十字精神・理念に基づいた、患者さんのための医療の提供に努めています。
 (10736)

看護部の活動

看護職員

看護部は、看護部長、看護副部長、各職場の責任者(看護師長・副看護師長・主任)、看護師・助産師・保健師、保育士、看護助手・クラーク(病棟事務)の総勢1000名余のメンバーで構成されています。

日本赤十字社医療センターでは各分野・部門など専門的看護師を含め、1000人の看護師が職務にあたっています。
 (10740)

病棟看護

当センターでは、入院から退院まで、患者さまの病状や治療に沿って、看護チームでケアを担当させていただきます。ご入院中の心配事や退院後の健康に関する諸問題など、遠慮なくご相談ください。
ご入院中にお気づきのことがございましたら、病棟の責任者までお知らせください。

入院される患者さんに対して、看護チームでのケアを行っており、入院中に何か心配事や気づいたことがあれば気軽に相談できる体制となっています。
 (10741)

外来看護

各科外来には看護職員が常駐し、患者さまが安心して診療を受けられるよう努めております。具合が悪くなった方や、ご自宅での療養に不安のある方などは、ぜひ外来の看護師にお声をおかけください。

すべての科の外来に常駐職員がいるので、具合が悪いときに訪れれば診療を受けることができます。
 (10737)

看護部の教育

日本赤十字社医療センターは、創立以来125年もの間、日本赤十字看護大学とともに歩んできました。主に実習場として看護学生の学びの場を提供しています。また、日本赤十字社助産師学校をはじめとする助産学生、高度な専門技術を身につけようとする認定看護師、専門看護師の実習なども受け入れております。当センターは未来の看護を担う人材の育成に力を注いでいます。
日本赤十字社医療センターでは、長い歴史の中で多くの優秀な看護師を輩出しています。
そのための教育環境が整備されており、学生から認定看護師、専門看護師にとってもスキルアップの場を提供しています。
 (10738)

看護部長のメッセージ

当センターは日本赤十字社の基幹病院で、赤十字の理念である「人道・博愛」の実践を基盤とした急性期病院です。診療の中心をがん、周産期、救命救急および災害医療の4領域とし、地域住民の皆さまから期待されています。
また、1890年の救護看護婦養成より始まった看護師教育は125年後の現在でも当センターの特徴となっています。その歴史が築いてきたケアの心を大切にしつつ、先進的な医療に対応した安全・確実な看護を提供できる看護職の育成を目指しています。さらに、同地区には医療だけでなく教育・福祉などの施設があり、看護職一人ひとりが自ら専門職としての学びを深め、未来に目を向けて新しいことにチャレンジできるような環境が整っています。
赤十字の理念の元に看護に務め、高度な教育環境により看護師を育成していると語る古川さん。
日本赤十字社医療センターとは、看護職務の場であり、同時に学びの場でもあるのです。
看護部長 古川裕子さん

看護部長 古川裕子さん

募集要項

 (10743)

●職種
看護師・助産師

●採用予定
応相談

●募集人数
若干名

●応募条件
総合病院にて交替制勤務の経験のある有資格者で、常勤正職員として交替制勤務が可能な方。

●処遇・勤務条件等
・雇用条件:日本赤十字社職員給与要綱に基づく正規職員として雇用
・勤務場所:日本赤十字社医療センター
・看護体制:7対1看護
・勤務体制:原則として変則3交替制または2交替制勤務。週の所定労働時間38時間45分。
【変則3交替制】
日勤 08:00 ~ 16:50
中勤 11:20 ~ 20:40
夜勤 20:25 ~ 8:25

【変則2交替制】
日勤 08:00 ~ 16:30
夜勤 16:00 ~ 09:00

・給与:(4年制卒)240,000円、(3年制卒)233,000円/地域手当含む初任給実績額。
経験年数による換算あり。
・賞与:年2回(6月、12月)
・諸 手 当:夜勤手当、時間外勤務手当、通勤手当、住居手当等
・休 日:週休2日、国民の祝日、年末年始、日本赤十字社創立記念日(5月1日)
ただし、交替制勤務者は月々のシフトによります。
・福利厚生:(看護宿舎) 院内宿舎、借上宿舎あり /(保育施設) 附属乳児院内に併設 /
(社会保険)日本赤十字社の規定による/ (被服) ユニフォーム、靴の貸与 /(奨学金制度) 指定校のみ /
(退職金) 日本赤十字社の規定による

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |