《カウンセリング能力も試される》産業看護師(産業保健師)という働き方。 | キュレーションメディア

《カウンセリング能力も試される》産業看護師(産業保健師)という働き方。

産業看護師は新しい求人が少なく、ほとんどの場合欠員の穴埋めとして募集されます。なのでどうしても倍率が高くなってしまうのです。求人を見つけたら即行動あるのみです。

産業看護師ってどんな仕事?

企業 - Google 検索 (5839)

産業看護師とは、企業の医務室や診療所及び健康管理室で勤務するナースのことを言います。保健師資格者が多いということもあり、産業保健師とも呼ばれます。

産業看護師になるには、特別な資格は必要なく、看護師免許さえ取得していれば基本的に問題はありません。

求人数は病院などに比べると少ないですが、働きたいナースは多くいるので常に競争率が高い水準にあります。そのため、より採用されやすくなるためには、仕事で活きる資格やスキルを取得しておくことが効果的です。

企業 - Google 検索 (5840)

産業保健師とは?

保健師の仕事は、大きく分けて、自治体で地域住民の健康維持、増進活動を行う「行政保健師」と、児童、生徒、及び教職員の健康管理を行う「学校保健師」、そして、企業に雇用されている従業員の健康管理を行う「産業保健師」の3つに分類されます。

このうち「産業保健師」は、病院や保健所のように、組織として「医療」を扱う場所でなく、「企業」の中に属ずる保健医療部門という位置づけで、仕事内容や求められるものが異なります。

合格率の低い人気の仕事に出会うポイント。

合格率が低いこういったケースの転職ではモチベーションをキープすることと、不採用でも変に落ち込まないことが非常に重要になります。なので、「来年の春くらいまでに決まれば」などの少し余裕をもった転職活動をすることで心理的にゆとりを持つことが出来ると思います。
本当に企業に転職したいのか、転職出来た場合に企業に貢献出来るのかを自分自身でよく考えてくださいとお伝えしています。というのも、御存知の通り企業への転職は難易度が非常に高いので、途中で転職を諦めざるを得ない人や、転職出来たとしても数年かかってしまうケースもありますので。

産業保健師にあったら有利な資格。

企業 - Google 検索 (5841)

看護師だけよりも保健師の方が今は圧倒的に採用率が高いですね。それから衛生管理者、産業カウンセラーなどもアピールしやすいですね。但し、ただ資格を保有しているだけではなくて、そういった資格で身につけた知識を過去にどのように活かしたかというストーリーも重要です。資格以外では、労働安全衛生法についての知識もアピールポイントになると思います。

しかし、こういった資格や知識も持っているだけでは全く不十分です。アピールポイントになるのは、こういった資格や知識を活かして過去にどのような成果を上げたか、そしてこれからの仕事でどのように活かせるかを面接官にイメージさせることです。このあたりが一つの線でつながれば、面接官としては候補に残さざるを得ないと思われます。

産業カウンセラー
この中で比較的取得しやすい資格は、産業カウンセラーの資格です。メンタルヘルスケアを必要とする人が増え多くの企業が取り組みを進めているため、既に企業の医務室などで勤務している看護師にも取得を促す企業もあります。
衛生管理者
衛生管理者免許は、50人以上の労働者がいるような企業に応募する際に特に力を発揮します。衛生管理者の資格には、「第一種衛生管理者免許」と「第二種衛生管理者免許」の2種類があります。

第一種を取得すればどんな業種の企業でも衛生管理者になることが可能ですが、第二種の場合は情報通信業や金融業、保険業といった比較的有害業務の少ない事業を行っている企業でしか衛生管理者となることができません。

ですから産業看護師になる前にこの免許を取得する際は、どちらを取得するかきちんと考える必要があります。

保健師
「看護師資格と保健師資格を取得していれば有利になる」と言われていますが、実際には企業の方針や自分がどんな企業で勤務したいかによって、その通りである場合とそうでもない場合があります。

実際の求人を見てみると、看護師免許だけで応募できるものも多く見つけることができます。しかし、看護師免許と保健師免許の両方を取得しているナースだけが応募できる求人もあるのは事実で、「1人でナースとしても保健師としても働ける人材が欲しい」と考えている企業も実際に多くあります。

産業保健師に求められるものは?

企業 - Google 検索 (5842)

産業保健師に求められるのは、幅広い知識と判断力、そしてカウンセリング能力です。

企業にある「保健室」には、常勤の医師はいない所がほとんどです。その場合、従業員が体調不良や怪我を訴えた場合、適切な処置を行うのは保健師の役割です。となると、幅広い知識と技術が求められます。

特に、技術面では、病気の看護、傷の手当てなど、看護師としての経験と技術が活かされる場合が多いと言えるでしょう。

企業内の保健室では限界があるため、医療機関に受診したほうがよいかの判断も保健師に任せられます。不必要な医療機関への受診は、企業にとっては人件費、保険料ともにマイナスになるので、適切な判断が求められます。

また、従業員が心身ともに健康な状態で就労するために、保健師は「相談相手」としての役割も求められており、中にはカウンセラーの資格を取得する保健師もいます。

転職先としてのメリットは?

穏やかな職場環境
保健師の仕事に楽な職場は存在していませんので、産業保健師とにも大変な面はあります。特に産業保健師は医務室に1人で勤務することも多く、社内全体によく目を凝らしておく必要がありますし、メンタルケアに力を入れている企業も多いので、的確なアドバイスを行う必要もあります。

しかし、他の保健師の職場に比べると常に忙しいというわけではないので、体力的・精神的負担は少なく、働きやすい職場環境と言えるでしょう。

企業 - Google 検索 (5843)

もちろん夜勤もありません。
条件の良い待遇面
産業保健師は、数多くある保健師の職場でも給料が高くなっている傾向にありますし、民間企業の中でも産業保健師を採用しているのは大半が大手企業となっているので、福利厚生も公務員ほどではありませんが、かなり恵まれていると言えるでしょう。

産業保健師に転職したいと希望する人の多くは、給料が高いことが魅力的に感じているので、倍率が高くなる場合もあるのです。

基本的に産業保健師には、公務員として公共施設で働く行政保健師、学校の保健室で働く学校保健師、病院やクリニックで働く医療機関勤務の保健師と産業保健師があるのですが、この中では最も給料に恵まれています。もちろん勤務先の企業によってある程度差があるので、全ての企業で給料が恵まれているとは限りません。

採用されるためのアピールポイント

企業 - Google 検索 (5844)

企業に採用されるためにはどういったアピールが有効なのでしょうか。まず前職。どういった職場でどんな仕事をしてきたのか。すでに産業保健師としてのキャリアを重ねてきた場合にはその点を大いにアピールしましょう。そうでない場合には産業保健師の役割と関わる点を強調するようにしましょう。とくに現在ではメンタルヘルスの面でのスキルが求められる傾向があります。たとえば大学などで働く学校保健師などは最適な前職となるでしょう。

もうひとつは関連資格。保健師以外に資格を所持している場合にはそれもアピールしたいところ。看護師の資格はもちろんのこと、他にも産業保健師に関わる資格としてアピールできるものがあります。こちらもやはりメンタルヘルス方面のものが多く、産業カウンセラー、交流分析士、精神対話士などが代表的な資格として挙げられます。

産業看護師は新しい求人が少なく、ほとんどの場合欠員の穴埋めとして募集されます。

なのでどうしても倍率が高くなってしまうのです。

退職の意思表示する前に、求人を定期的にチェック、求人を見つけたら即行動あるのみです。

今年中にいつか見つかるといいな、位の感じでいると気が楽ですよ。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |