精神科に転職を決める前に考えておきたいこと | キュレーションメディア

精神科に転職を決める前に考えておきたいこと

負担の軽い診療科への転職を考えるときに選択肢になるのが、精神科です。転職を決める前に考えておくべきなのは、精神科ならではの良さと独特の問題点です。

精神科の特徴

精神科病棟は一般病棟と比べて、在院日数が長いという特徴があります。厚生労働省の2013年1月分の病院報告によると一般病床の平均在院日数は18.5日ですが、精神病床は311.2日となっています。
精神科では数年にわたって入院している患者さんも多いんです。
via http://ナースの宝箱.com/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%A7%91%E8%BB%A2%E8%81%B7/
 (492)

精神科は入院日数が長いです。
看護師が精神科の特徴として挙げるもので多いのが、男性看護師が多い職場、ですね。というよりも、一昔前は、男性看護師は精神科で働くもの、という時代があったくらいです。
決して望ましい状態とは言えませんが、精神疾患という病気が誰にとっても身近になってきている今、精神疾患の治療に精通した看護師の存在の重要性は日に日に増してきていると言えます。
via http://看護師転職サイトランキング.jp/industry/mental.php

精神科の仕事内容は

メンタルクリニックや精神科の看護師は、内科や外科のように身体的な治療をほとんどの場合行いません。基本的には『うつ病』、『総合失調症』、『認知症』などの患者さんの心を支える事が主な仕事内容とも言えます。
via http://看護師給料アップ.com/nurse-salary/mental-clinic-nurse.html
 (493)

精神科は心のトラブルをかかえた患者さんに寄り添う仕事です。
長期入院で高齢化している患者さんも多いため、現場によっては排泄や入浴といったADLの介助をするために多少体力を要することがあります。
via http://精神科看護師.jpn.org/shinsotsu.html
基本的な業務は、バイタル確認からADL介助(食事・排泄・入浴)、医療行為、カンファレンス、レクリエーション、作業療法への送迎や監視等を行います。

医療行為は配薬、点滴管理、気管吸引、採血など簡単なものが多く、特別な医療知識や技術は必要としません。

via http://精神科看護師.jpn.org/shigotonaiyou.html

精神科が働きやすい理由とは

精神科はほとんど残業がないのが特徴です。
基本的にこうした病院では夜勤と日勤が交代することでその日の業務が終了になりますが、外科や内科の場合はそのタイミングで患者さんの急変があるとどうしても残業が発生します。一方、精神科の場合は患者さんの急変がほとんどないため、他の科に比べて残業が少ないのです。
 (494)

精神科は引継ぎ時の急変が少ないので、残業が少ないです。

精神科で働く魅力とは

精神科の魅力はなんといっても専門性です。他でも専門性を磨くことはできるよ、という声が聞こえてきそうですが、看護師として専門性を磨くためには、運が必要です。

病院の事情によって、専門分野での勤務ができないこともありますから。それに、精神科は専門看護師などもあり、実際に活躍している病院も増えてきています。

 (495)

精神科の看護師は、他の診療科に転科させられることが少ないので、専門性を高められます。
看護師が根気強くコミュニケーションを通して、患者さんを良い方向へ導いていく必要がありますので、精神科で働くとコミュニケーションスキルがアップするんです。

コミュニケーションスキルは看護師として必要不可欠なものですので、精神科だけでなくほかの診療科に転職した時にも役に立ちますよね。それどころか、仕事とは関係ない日常生活の中でもメリットは大きいと思います。

via http://ナースの宝箱.com/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%A7%91%E8%BB%A2%E8%81%B7/
 (496)

精神科の看護師は、人と会話する技術が磨かれます。
看護師の判断が治療に反映される

通常の外科や内科であれば医師や上司の指示の元看護にあたりますが、患者さんとのコミュニケーションが重要な仕事内容となる為、自分自身の判断で患者さんに行った事がそのまま治療に反映される可能性もあります。そうなった時に大きなやりがいと達成感を味わう事が出来るのもメンタルクリニックや精神科で働く看護師さんのメリットと言えます。

via http://看護師給料アップ.com/nurse-salary/mental-clinic-nurse.html

精神科ならではの独特の状況とは

精神科は医療行為が少ないのは事実なので、一般病棟で必要となる看護スキルを身に付けようと思う方にとってはスキルアップの機会が少なく、物足りなく感じることがあるかもしれません。のちに一般病棟へと戻ることを視野に入れる場合には、自ら意識的に研鑽する必要があるでしょう。
via http://看護師転職サイトランキング.jp/industry/mental.php
精神疾患を持つ患者さんとコミュニケーションすることが、いつの間にか看護師の精神状態に負担を与えてしまうケースもあります。
親身になって話をすることは大切ですが、それが原因で自分が辛い精神状態になってしまう人もいるので、精神的にタフな人でなければ務まらない職場だというのも確かです。
 (497)

患者さんの境遇を我が事のように受け止めてしまい、自分が落ち込んでしまうことがあります。
精神科には神経を使う仕事内容も多くあります。それは、措置入院時に患者さんの持ち物を確認する時です。
措置入院として患者が来院した場合、始めに患者さんの持ち物を確認しますが、その時にナイフやキリなどの危険物を持っている可能性があります。
突然に危険物で暴力を振るわれる可能性もあるので、細心の注意を払って対応をしなければいけません。
また隔離部屋に入室する時も、患者さんが部屋から出てしまわないように、かなりの神経を使います。
via http://精神科看護師.jpn.org/shigotonaiyou.html
精神科でのお仕事には、自分自身を成長させる多くの機会があります。
同時に、自分の精神にも大きな負担となる可能性があります。

向き不向きがあるので、転職前によく検討することが必要です。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |