ブルーベリーの効果~飲み方【大解説】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ブルーベリーの効果~飲み方【大解説】

健康に良いとされるブルーベリーにはどういった効果があるのでしょうか。具体的に期待できる効果と、摂取方法について紹介します。

ブルーベリーの効果とは

ブルーベリー類に多く含まれるアントシアニン(ブルーベリーの紫色の色素)は、ロドプシンの再合成を助ける効能があります。ロドプシンとは、目の網膜にある紫色の色素で、ロドプシンに光が当たる事によって生じる信号が脳に送られて、『目が見える』と、認識されます。しかし、ロドプシンは光にあたる事により、ビタミンAに分解され、もう一度ロドプシンに再合成されます。長時間目を酷使し続けると、再合成が間に合わず、ロドプシンは減少していきます。ブルーベリーなどに多く含まれる色素のアントシアニンには、ロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労を回復し、視力を改善する働きがあるとされています。
アントシアニンのさらに中にあるのがロトプシンです。
この成分が、眼にとても良いとされています。
眼の疲れなどを感じる方には、ブルーベリーはお勧めですね。
ブルーベリーはとても強い抗酸化作用を持っています。

アメリカ産果実および野菜を合わせて43種(全て生鮮物)の抗酸化作用について酸素ラジカル消去能の測定(ORAC:Oxygen Radical Absorbing Capacity)法で調べたところ、ブルーベリーが最も高い結果がでました。

抗酸化作用の強い食品は、生活習慣病のがんや糖尿病、動脈硬化などを予防できることが明らかにされています。

色々な病気に効果をもたらすのが、抗酸化作用です。
ブルーベリーには、そんな抗酸化作用も期待できるのです。

アントシアニンとは

▼1.免疫力を強化してくれる
▼2.脳の活性化、老化を防ぐ役割がある
▼3.肌がつやつやになる
▼4.目にとても良い
▼5.心臓発作のリスク減少
▼6.血糖値を下げてくれる
▼7.癌予防にも一役かってくれる
▼8.膀胱に良い
▼9.お通じを良くしてくれる
▼11.ダイエット効果もあり
ブルーベリーには多くの健康に良い効果を期待することが出来ます。
ブルーベリーは、目に良いと言うことはよく知られていますが、
ここまで多くの効果が期待できる果実というのも他にはあまりありません。
ブルーベリー(英: blueberry)は、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称である。

食用
生食用途の他、ジャム等の加工食品として供給されている。一部の品種にはアントシアニンが豊富に含まれている。

ブルーベリーというと、ガムやジャムでよく見かけます。
今では、ヨーグルトなどに配合されている物などなど色々な食品に使用されているのを見かけることが出来ます。

ブルーベリーとは

ブルーベリーの成分

簡単に摂取するなら、サプリメントが良いですね。
多くのブルーベリーを毎日摂取するのは、経済的に負担が多すぎて現実的ではありません。
必要な分だけを、持ち歩くという手段もできますし、摂取方法としてはサプリメントが一番良いですね。

色々な効果が期待できる、ブルーベリーを摂取して気になる健康管理をされてみてはどうでしょうか。

ブルーベリーには15種類ものアントシアニンが含まれているという点も特徴的です。
他にも、ブルーベリーにはビタミンAが豊富に含まれています。
活性酸素を除去する効果体内につくられた活性酸素を除去する働きは、抗酸化作用と呼ばれます。
ブルーベリーに含まれているアントシアニンが、体に良いとされています。
多くのアントシアニンを配合されているブルーベリーは、それだけ期待があると言うことですね。

ブルーベリーの抗酸化作用

摂取方法

ブルーベリーの効果的な摂取方法は、やはりブルーベリーの栄養成分が凝縮されたサプリメントを利用するのが効果的で確実な方法です。新鮮な果実を生のまま食べるというのは、出回る季節や食べる量、金額で考えてみても難しいこと。サプリメントなら手軽に、そして確実に必要な成分を摂ることが出来ます。生の果実に比べたら価格もお手頃です。毎日手軽に摂れて続けやすいのが一番ですよね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |