看護師さんの転職先で、仕事がちょっと楽と人気の<眼科>転職先に好ましい職場? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

看護師さんの転職先で、仕事がちょっと楽と人気の<眼科>転職先に好ましい職場?

同じ看護師をするなら眼科に行きたいという人も多いようです。命に関わる事もなく他の科よりは仕事も楽と思っている人も多いとの事、本当の所、眼科って転職に向いているのでしょうか。

他の科の看護師さんは眼科は楽な仕事として感じているようです。命に関わらないと言う点が最大の理由なんでしょう。でも眼科は当然の事ですが目の病気に関連した科です。重病患者の場合、失明する人もいます。そんな患者に接する仕事はそれ程楽とも言えないと思います。

眼科で働く看護師に必要なスキル

 (6601)

眼科で働く看護師に必要なのは、まず基本的な看護スキルがしっかりできることです。いわゆる採血や注射、患者さんへの声掛けなど、眼下に限らず必要とされる看護スキルは最低限身に着けておく必要があります。

眼科といっても街のクリニックと大学病院ではかなり働き方も違いますが、眼科の場合は検査や治療に特殊な機械を使うことも少なくありません。

眼科経験がなくても、臨床経験を求める

 (6620)

外来の場合は特に毎日忙しい眼科が多いですから、眼科が初めてだという看護師はもちろん専用の機械の使い方などは教えてもらえますが、それ以外の基本的な看護スキルについては教えている余裕がない、というケースもよくあります。

そのため、眼科経験がなくても、とにかく臨床経験を求める眼科は多いのです。

眼科の看護師求人を選ぶポイント

 (6621)

眼科への転職を検討する場合は、外来診療のみのクリニックにするか、レーシック手術を専門に行っているクリニックにするか、総合病院の眼科病棟や外来にするかなど自分が身に着けたい技術や、生かしたい技術を明確にして転職先を選ぶ必要があります。

一般の病院の眼科病棟での勤務を希望する場合は、眼科単一の病棟は少なく、他の科との混合病棟になっていることが多くなっています。他の科の看護も身につけることができる一方、眼科の患者は、白内障手術など短期間の入院患者の受け入れがほとんどで、入退院の対応が多く、あまり様々な眼科の疾患を扱っていないこともあります。

また、平均的な看護師の給与額と比べて眼科看護師の給与額はやや低くなっていることが多いので、眼科で何を身につけたいかをしっかりと考えたうえで転職することをお勧めします。

術前・術後のケアの重要性

 (6622)

via goo.gl
眼科では、網膜剥離や白内障・緑内障の手術が代表的なものとなりますが、患者1人あたりの手術時間が短いものの、多い時で1日に7~8件の手術をこなす場合もあり、看護師にとっても慌ただしい忙しさとなることは間違いありません。

術前・術後の説明や患者指導、血管確保などの処置や術後の観察は、看護師の重要な仕事です。また、目の手術を行ったあとは、一時的に視力が不安定になるケースが多いため、食事の介助や服薬指導など日常生活のケアも欠かせない看護業務の一つとなります。

個人経営の医院やクリニックのメリット

 (6623)

個人経営の医院やクリニックでは、

・コンタクトレンズの購入を目的とした目の検査を中心に行っているところ
・老人性の目の疾患を専門的に診ているところ
・レーシック手術を専門的に行っているところ

などと、診療の専門分野が分かれている場合が多くなっています。医院やクリニック内で、眼科手術を行っていないところも多くあります。いずれの場合も、病棟の設けられていないような医院やクリニックでは、看護師も基本的に日勤業務となるので夜勤はありません。

手術介助もなく、緊急事態が発生するということは滅多にないため、残業もほとんどありません。そのため、家庭を持つ子育て中のナースや、自分のプライベートな時間を大切にしたい人にとっては、働きやすい環境だと言えます。

病棟がある病院のメリット

 (6624)

病棟の設けられているところでは、手術介助や入院患者のお世話、夜勤といった業務が加わることとなりますが、他の診療科と比べて、患者の急変というものがほとんどないため、精神的には楽だと言えます。

手術介助が必要なところでは、専門的な器具や処置などに関する知識や技術が求められることとなりますが、スキルアップを目指したい人にとっては、やりがいも感じることができます。こういったさまざまなメリットからも眼科は、看護師の転職先として人気が高くなっています。

他のメリットとしては

 (6626)

夜勤がない

勤める病院にもよりますが、クリニックでの勤務の場合は夜勤がない事がほとんどです。また、最近では日曜にも空けているクリニックが増えてきましたが、基本的には日曜、祝日にしっかりと休みがとれます。

夜勤がなくて、日祝に休みを取れるのは眼科で働く看護師の大きなメリットではないでしょうか。

力仕事がほとんどない

一般の病院であれば、入院患者さんの介助なども必要となる為、身体を起こしてあげたり、トイレまで付いて行ったりと多少の力仕事は必要となります。

しかし、眼科の場合は目が不自由なだけで、身体は健康な事がほとんどなので、手術後入院する事となっても、それほど力仕事が発生する事はほとんどありません。

デメリットは?

 (6627)

小規模だと、給与が安くなる

眼科に転職する看護師のデメリットは、クリニックなどの小規模病院の場合だと、どうしても給料が低くなりがちだということです。入院施設のない小さなクリニックは夜勤がないので、夜勤手当が得られる給料が低くなるのは確かですが、そもそも正社員で看護師を採用していない眼科もたくさんあります。

パートやアルバイトでの勤務は時間に融通は利きますが、やはり給料の面ではかなり安くなってしまうのです。総合病院での眼科勤務であれば、それほど安くはありませんが、その代り夜勤はありますし、楽なイメージのある眼科は希望者が多いので、希望を出しても配属されるとは限りません。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |