産婦人科で働く前に知っておくべきこと | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

産婦人科で働く前に知っておくべきこと

看護師が産婦人科に転職する前に知っておくべきことをまとめました。産婦人科で働くことから得られる楽しさに加えて独特の苦労があるようです。

産婦人科で働く前に持っているイメージとは

看護師は人の生死に関わる仕事ですが、産婦人科は人の生に関する仕事と捉えて希望する方が多いです。
しかし、実際には堕胎の対応もありますので、死に関する部分にも全く接することがないかというとそうではありません。全てを含めて産婦人科という認識をしておく必要があります。
産婦人科で働けば、「出産に携われる」、「生まれたばかりの赤ちゃんのお世話ができる」と良い面ばかりを思い浮かべるかもしれません。
via http://ナースの宝箱.com/%E7%94%A3%E5%A9%A6%E4%BA%BA%E7%A7%91%E8%BB%A2%E8%81%B7/
 (626)

産婦人科勤務をする看護師は、他の科に勤務する看護師とは違う、特殊な仕事をしていると思われがちです。そう思われているがゆえに、他科では経験しない仕事内容に、求人を見た時点で不安感を抱く看護師もいます。
via http://産婦人科看護師.jpn.org/

実際の産婦人科の様子は?

産婦人科の場合、総合病院の産婦人科か、産婦人科専門のクリニックか、などによっても特徴は大きく異なってきます。総合病院の産婦人科病棟の場合、最近は少子化に伴い出産が少なくなっている傾向もあり、産科ではなく婦人科としての仕事メインになることや、中には混合病棟と化してしまっているケースもあります。
via http://看護師転職サイトランキング.jp/department/obstetrics.php
 (627)

他の診療科と違って、クリニックであっても入院設備がある施設が多いため、クリニックで働く看護師も同様に夜勤手当による収入アップを狙うことができます。

産婦人科で働くために助産師の資格はあったほうがいい?

助産師の資格は産婦人科で働くために必ず必要というわけではありませんが、持っていると必ずプラスになります。基本的には助産師は他の部署に異動になることはありませんし、転職することになっても助産師の資格があれば格段に採用されやすくなるでしょう。

産婦人科で働く楽しさとは

一般の診療科目であると、あまり喜びの声を聞くことがありません。しかし、産婦人科であれば人の生に関する部分になりますので、誕生を喜ぶ母親、そしてその家族を見ることができます。
 (8134)

誕生に沸き立つ家族の幸せに触れることが出来ます。
出産経験がない若手看護師の方であれば、妊娠・出産というプロセスに立ち会うことで、将来自分が妊娠・出産するときのための予行学習にもなります。
via http://看護師転職サイトランキング.jp/department/obstetrics.php

産婦人科と他の診療科の違いとは

出産は、病気ではありません。そのため、入院中も自分でシャワーや入浴を済ませることが出来、清潔ケアの必要はありません。また、自然分娩であれば入院生活も短く点滴が必要になることも少ないため、看護技術を実践できることが他の診療科と比較すると少ないことがデメリットです。

産婦人科で働くために必要な適性とは

精神的に強いことも重要なスキル
産婦人科での仕事は生命の誕生に関わる素敵な仕事ですが、現実には流産や死産で悲しい思いをした妊婦のケアなど、辛い仕事も多く、精神的にショックを受けてしまう新人看護師も少なくありません。
 (629)

流産などのつらい場面に立ち会うこともあります。

産婦人科で働く大変さ

赤ちゃんを預かった看護師は、保温や気道確保、赤ちゃんの状態観察などを行いながら、赤ちゃんの状態に応じて蘇生を行う必要があります。

判断力とスピードが要求される仕事であり、蘇生が必要かどうか、誰かを呼ぶ必要があるのか、判断できるだけの知識を持っておく必要があるといえるでしょう。

via http://産婦人科看護師.jpn.org/kowai.html
 (8135)

生まれたての赤ちゃんの状態に合わせて判断をする難しさがあります。
産婦人科で働く看護師は、新しい命の誕生という感動の場面に立ち会えます。
しかし、流産や堕胎などにも直面することになります。
生まれたての赤ちゃんの体調に合わせて、緊急の処置が必要なこともあります。
転職を決める前に、楽しさと大変さの両方を理解しておく必要があります。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |