結構ブランクあるけど・・・ブランクのある看護師の転職 | キュレーションメディア

結構ブランクあるけど・・・ブランクのある看護師の転職

看護師としていざ転職・復帰しようとして気になることといえば「ブランク期間」。長期でブランクが開いてしまえば、最新の医療情報からは置いてけぼりだし、自信はないし・・・。そう考えて当たり前です。そのブランクが転職活動にどう響いてくるのか、知りましょう。

看護師として復帰・復職したいけど・・・
結婚・出産・育児等の理由で、数年のブランクをお持ちの看護師の方が、再度、看護師として復帰・復職したいとお考えの方が多いようです。

ブランクありの転職活動、悩みがつきものです

現代医療のスピードに付いていけるのか・・・

現代医療のスピードに付いていけるのか・・・

ブランクがあるために仕事復帰に不安を抱えていないでしょうか?
しばらく仕事をしていないと、仕事の仕方を忘れてしまったり医療の進歩に取り残されてしまい苦労することも多いはず。
看護師として復職したいけれどブランクがある事により、なかなか踏み切れずにいる方も多いと思います。最新の医療技術やサービス、法改正等についていけるか、家庭の事情を考慮してもらえるかなど、悩みは尽きませんね。
現在、看護師資格を有しながら看護師としての仕事に就いていないいわゆる潜在看護師は55万人もいると言われています。
人間関係をうまくやっていけるだろうか
日々進歩している最新医療についていけるか
新天地の職場に慣れることができるか
長期間の休職から復帰する潜在看護師の方の中には、このような不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ブランクは不利ではない!目安は3年以上働いていた経験があるかどうか

慢性的な人手不足に陥っている看護師業界では、ブランクが不利にならない場合が多いようです。
ブランクがあっても転職活動がしやすいように、再就職先で研修などが用意されている場合もあります。
看護師転職は経験不足だと不利?ブランク長くてもOK?【不安な方必見】 (2021)

ブランクのある看護師も、もちろん十分に看護師として再就職できます。

看護師不足が長く続いているのですから、希望する職場に就職することも可能なのです。

日勤のみの勤務や、時間外勤務をしないなど、勤務形態の希望を取り入れてくれる医療機関もあります。

潜在看護師を少しでも社会に戻すために、ブランクのある看護師のために研修を行っている医療機関もあります。

様々な事情で一度看護師を辞めても、多くの方がまた復職しています。

ですからブランクがあることをそれほどマイナスに感じることはありません。
ブランクがあっても、それを埋める努力を自分ですればいいのです。

そして面接の際にも「ブランクがあるが、それを埋める勉強を重ねている」ことを強調し、その話が具体的であればあるほど面接官にはいい印象をもたれるはずです。

3年以上働いていて、子供が生まれたから辞めたというブランクは決して不利にはなりません。ちゃんとした理由もあり、3年以上働けるのであれば、病院側も経験者は優遇してくれるかと思います。なので、ブランクがあるからもう看護師として働けないかなと諦めず、経験した実績があるのであればまた看護師として働いてみるのもよいでしょう。
医療の世界で3年目は、まだまだ新人に近いレベル。
確かに少し早めの転職ではありますが、さほどの障害ではありません。
自分の条件に合う職場を探しているのが3年目というだけ、
不採用になる理由ではないので安心してください!
ブランクが長いほど仕事の勘などを取り戻すのに時間がかかるのは事実ですが、一概にブランクが長い=不利とは言えません。看護は、思慮深さなど人ととしての成熟度も大きく関係する仕事です。看護から離れていた間にどう過ごしていたかを伝えることがアピールにつながると考えましょう。
ほとんどの病院で看護師が不足しています。なので、ブランクがあったとしても、再就職は難しくないでしょう。看護師の資格保持者で就業していない人を「潜在看護師」と呼びますが、潜在看護師の採用に力を入れている病院も多いです。

こんな場合にブランクは不利になる!

看護師として働いていた期間が短い場合や、
即戦力を期待する病院などでは不利に働く場合もあるようです。
[彼の気持ち]多忙で会えない彼に振られて…なんとか復縁する方法は? | 恋愛その他 | 恋愛ユニバーシティ (2023)

看護師としての経験が少ない状態(目安として3年以下)で仕事を離れた人の場合、経験が少なすぎるとみなされ、職場復帰が難しい場合があるようです。

ただ、看護師不足が顕著な昨今、ブランク明けの看護師も受け入れる事業所が増えています。
注射や採血などの研修を設けて、勘を取り戻すサポートをしている職場もあるようです。

確かに最先端の医療を行う医療機関で、すぐにでも即戦力の看護師が欲しいような病院でしたら、ブランクがあると不利でしょう。

ブランクは気にせず、前向きな姿勢で転職活動を!

どんな職場でも同じですが、ブランクが開いたあとの転職活動は不安になります。
ブランクが開いたとしても、看護師として働きたい!そう思う意志の強さが大切です。

特に看護師の場合、慢性的な人手不足や高齢化社会との兼ね合いから、ブランクがあっても比較的再就職しやすい環境にあると考えられています。
職場に復帰しても、制度が充実しているところでは研修が用意されています。

例えブランクがあったとしても、もう一度看護師として働きたいと思う意志を面接で熱く伝えてみましょう。

ブランクのある看護師の復職率アップ4ヶ条 | 札幌の看護師求人・転職情報サイト【ナーススペック】 (2028)

ほとんどの面接で「ブランクがあるが大丈夫か?」という質問を投げかけられます。このときに、つい言ってしまいがちな「頑張ります」という曖昧な答えが困るのです。「頑張ります」と言っても「何を頑張るのか?」「ブランクをどうやって埋めるのか?」ということを病院側は聞きたいのです。

復職するにあたって、今自分はどんなことをしているのか?ブランクを埋めるためにどんな勉強をしているのかなど具体的なアピールが出来るようにしておく必要があります。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |