おすすめ≪育毛剤≫をご紹介!~ポイントは有効成分~ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

おすすめ≪育毛剤≫をご紹介!~ポイントは有効成分~

今では育毛剤は様々な種類が出ており、気軽に買えるようになりましたね。しかし、どんな成分が入っているかきちんと確認しなければなりません!今回、育毛剤の選び方をご紹介しようと思います。正しい成分が入っている育毛剤を使って元気な毛根を育てましょう!

1・育毛剤の失敗しない選び方とは?

 (2252)

育毛剤を医薬部外品として販売するためには、厚生労働省で医薬部外品としての審査を受ける必要があります。その審査で、用途に応じた効果が認められるかどうかを判定され、一定の効果が認められると判断された場合に、医薬部外品として認可されるわけです。
さらに、その効果を生じさせている成分を特定して「有効成分」として認定されます。つまり、医薬部外品として販売されている育毛剤は、「有効成分」が配合されていて、一定の効果が期待できるということです。
つまり、その育毛剤にどのような役割があるかを知っておくことが、あなたの毛根を強くする重要な要素なのです。

特に重要な成分の効果とは?

育毛剤の有効成分やその他有用配合成分まとめ | 薄毛のための育毛情報 (2238)

育毛剤の有効成分の役割としては、次のようなものがあります。

①毛根に栄養を与える役割
②血行を促進させる役割
③頭皮を清潔にする役割
④アレルギー反応をおさえる役割

このようないろいろな役割を持った有効成分があって、
例えば「血行促進効果を強めることで発毛をうながす」という
育毛理論にもとづく商品であれば、
「血行促進」の効果が高い有効成分を中心とした配合で設計されるということです。

センブリエキス

ジェネリック (2245)

にがーい成分、センブリエキスの主な効果は細胞分裂の促進。

髪の毛を作るための毛根の働きを活性化してくれるので、元気な髪の毛を作る手助けをしてくれるというわけなんですね。

そしてももう一つの嬉しい効果は保湿作用。 頭皮の乾燥はバリア機能低下につながりますので、これはかなり大事なポイント。

頭皮の渇きをなくして、毛が生えやすい環境にしてくれます。
そして、毛根の細胞分裂を高めてくれるのも重要な要素です。
例えるならば、土壌に肥料とお水が一杯入って、苗にもしっかりと栄養が注入される状態になるわけです。

グリチルリチン酸二カリウム

頭皮は他の皮膚に比べて、皮脂の分泌が活発であり
雑菌が増えやすい場所ですので、頭皮の環境美化を担ってくれます

またグリチルリチン酸ジカリウムには、抗アレルギー作用もあり
皮膚炎に効果があるとされえいるので、ニキビ治療薬にも
含まれていて、頭皮の消炎効果に有効なものになりますね

皮脂が出やすい頭皮はやはり細菌が発生しやすいわけですが、この成分がそれを排除してくれます。
それによって清潔な環境を作り出してくれるのです。

ジフェンヒドラミンHC

ジフェンヒドラミンHCは血行促進、
皮膚の炎症、かゆみなどを抑えてくれて
育毛に不可欠といわれる成分です。

無添加の育毛剤でも使われている場合もありますよ。

痒みを抑えてくれるという事は、フケも少なくなるということです。

バイオポリリン酸

バイオポリリン酸には、
毛乳頭に栄養を送りやすくする作用も期待されています

毛乳頭が活性化することで、髪の毛も生えやすくなります。
髪の毛が伸びたり、太くなったり、といったことも期待できるのです。

ただ、毛乳頭は深い部分にあるので、
頭皮をしっかりと綺麗にした状態で使わなければ届かない可能性もあります。

栄養を送り込みやすくする環境を作ることはとても重要です。
だからこそ前述した成分の清潔・保湿が大切になってくるわけです。

ヒノキチオール

アトピー治療にも利用される成分で、殺菌効果が強く、フケやかゆみの防止効果が期待できます。
アレルギーの人にもお勧めできますね。

使用感にもこだわりたい

育毛剤は毎日使うものなので、なるべく「使用感」にもこだわりたいですよね。
「使用感」って言うと、意味が分からないかもしれませんが、例えば・・・

・スーッとして爽快感がある
・強いニオイがしない
・ベタベタしない、サラサラタイプ、しっとりタイプ
・肌にやさしい
・液状タイプ、塗布タイプ、スプレータイプ

育毛剤は継続して続けることが大事です。なので、使用感が悪いものは続きませんよね。
自分にとって使いやすいものを選んでくださいね。

終わりに

 (2249)

いかがでしたでしょうか?
昨今は様々な育毛剤が販売されているので迷ってしまうと思いますが、
大事なのは「今の状態や頭皮環境を知ること」です。
そうれば、あなたに合う商品を見つけやすくなりますよ。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

111

カテゴリ一覧

111

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |