着物を着る際に覚えておきたい単語集 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

着物を着る際に覚えておきたい単語集

着物には様々な単語が存在します。そういったものをしっかりと覚えたうえで、着付けなどを行えば更に着物道が深まるでしょう。

着物に関する単語は様々なものがあります。
一つは、TPOに関する用語、もう一つは季節に関する用語、種類に関する用語、着付けに関するものです。
これらを紹介していこうと思います。
ぜひ着物を着る前にチェックしてみてくださいね!

TPOに関する用語

第一礼装

結婚式やお葬式など冠婚葬祭や、各種式典の当主・列席者が
着る着物のことで、紋がついていることが原則です。
まず正装の順番で行けば、もっとも格式がある正装が振袖。つぎにフォーマルから普段着までが着物。もっともカジュアルなのが浴衣となります。それぞれ着ていく「場」が違いますので、気を付けましょう。

留め袖と振袖

着物は日本の民族衣装全般を指す 浴衣は着物の種類の一つって考えればいいと思います 振り袖は未婚の女性が着る袖の長い着物で 留め袖は既婚女性が着るものっていわれてます
振袖は結婚したら着てはいけません。ご存知でない方は覚えておいてください。
振袖

振袖

独身の特権です。

略礼装

仲の良い仲間内でのパーティーや、格式ばらないカジュアルスタイルでの結婚式や披露宴、2次会向きの装いです。イメージで言えば、形式ばらない おしゃれ着という服装です。
時間によって着るものが変わってきますので注意しましょう。

街着

町を歩いたり、買い物に出たりするときの衣服。外出着。タウンウエア。
その点、小紋は街着、そうね、ワンピースのようなもの。
ちょっとしたお出かけにもいいし、華やかな柄やあらたまった生地 ならばパーティに着てもよいという便利な種類です。
でも刺繍などが見事な、あんまりキンキラキンの着物は 避けたほうが無難です。他の小道具や帯とあわせるもの 難しいですし、何よりも大げさになりすぎて駅ビルや 映画館などでは浮いてしまいます。
色に注意して着れば、気楽に着れますね。

季節に関する用語

袷と単

着物には、大きく分けて「袷(あわせ)の着物」と「単衣(ひとえ)の着物」と「夏着物」があります。
反物(表地)を着物に仕立てるときに、裏地類をつけるものを袷の着物、つけないものを単衣の着物と呼びます。
また夏着物は、仕立て方は単衣の着物と同じですが、絽(ろ)・紗(しゃ)・麻といった透け感のある素材で作られたもののことを言います。
季節ごとに様々な意味合いがあるんですね。

薄物

7月から8月の真夏に着る着物のこと。
絽(ろ)や紗(しゃ)のように、薄い生地の着物のこと。

着付けに関する用語

着物に着けるもので有名なものですが、これについてもルールやコツがあるんですよ。
簡単に結びやすく、ウールのアンサンブルやゆかたにも似合う応用範囲の広い帯結び。
一人のときは胸元で結び、完成してからおなかを引っこめてくるっと後ろに回します。回すときは右手で結び目を持ち、左手で背中の帯の下側を持って右回りに。
こうすると上前の流れに沿って回せるので着くずれしません。
着付けの用語です

着付けの用語です

美しく見せるには重要な用語ですね。
逆に言うと、知っていると
女性としてとても魅力的ですよね!

背縫い

衣服を背筋の所で縫い合わせること。また、その縫い目。

くりこし

くりこしとは和服の衿を抜いた(繰った)ように着るため、衿肩明きを肩山より後ろ身頃側へずらすこと、またはその寸法をいいます。
その寸法は一般的には5分とされていますが、振袖などの礼装用の着物は普段着より多めにしたり、着物の格や着方、好みで5分~8分の間で加減します。また紬などの織りの着物は5分、染めの着物は7分など着物によって繰越しを変える方もあります。

終わりに

このように、着物に関する様々な単語を集めてみました。
着物には季節感や着付けを考える上で重要なことが多々あります。
まだまだ様々な用語がありますから、是非とも調べてみて楽しい着物ライフを送ってくださいね。
たくさん単語はありますが、楽しく覚えれば簡単だと思いますよ♪
みなさんで和服美人に♪^^

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |