男性看護師が転職に有利なのは「〇〇科」!その理由も公開 | キュレーションメディア

男性看護師が転職に有利なのは「〇〇科」!その理由も公開

男性看護師はキャリアアップのため、給料アップのためなど転職活動を考える機会も多くありますね。そんなときに男性看護師が必要とされる診療科について知っておきましょう。

男性看護師の転職先について

男性看護師インタビュー【荻窪病院 看護部公式サイト】東京都杉並区の看護師求人です (2177)

30代となると、
そろそろ腰をすえてじっくりと1つの診療科目を極めていきたい!

ゼネラリストではなくてスペシャリスト

という思いがとりわけ将来を考える30代の男性看護師には強く見られてきます。
将来を考える30代男性看護師の希望転職先は、民間の専門病院が多いです。

不景気な世の中でも看護師は100%の就職率という面からも、
最近では男性看護師を目指す学生も増えてきています。

ただ入職してからのギャップに耐えられなくて退職、転職を考える人も多くいます。

理由としては、男性が増えてきたといっても、まだまだ肩身が狭い世界なので、
女性ばかりの職場で仕事がやりづらいということも中にはあるかもしれません…。
また急性期看護が自分には合わないと転職を考える人もいます。

男性看護師の転職を考える上で多くの失敗をしてしまうケースがあります。それは主に下記のようなことです。

配属先が男性看護師が必要な場所になってしまう
スキルの向上が出来ない配属先も多い
女性が多いため、仕事の相談する先輩が少ない
女性スタッフとのコミュニケーションがとりずらい

「泌尿器科」

泌尿器科はデリケートな看護業務が必要であり、
特に若い女性看護師さんには不人気の診療科になるでしょう。
圧倒的に多い泌尿器科において人手不足や患者さんの精神的な負担の面から男性看護師の転職には有利に働くと考えられます。
泌尿器科|多根総合病院 (2171)

泌尿器科では診療科の性質上、男性看護師が最も求められています。男性特有の疾患が多く扱われているため、患者の気持ちを理解しやすいという点においても男性看護師が働くメリットは高いはずです。
泌尿器科では男性の性器に触れたり、陰毛を剃るといった業務があるというのが一般的に行われます。
泌尿器といえば、誰もがみな人に見せるのは恥ずかしい体の一部です。

しかし病気である以上、診察を受けなければならず、女性しかいない医療機関では、女性がそういった患者の方々の対応をしているのが現状です。

男性患者にとって、泌尿器の病気のことで、悩みを抱えていることを女性看護師に問診の際に打ち明けることには抵抗があるようで、そういった現場に同じ男性である男性の看護師がいれば、こういった抵抗を持つことなく、治療に専念できる状況になれるといったことから、泌尿器科での男性看護師の需要は上がってきているようです。

泌尿器科は女性の患者さんも多いですが、圧倒的に多数になるのが男性になります。

泌尿器科でもそのようなことから、男性看護師を募集するケースが非常に多いです。

女性看護師の募集もありますが、デリケートな業務も多いので不人気になっています。

「精神科」

精神科では精神疾患を抱えた患者さんの介護が必要になってきます。
看護師としても患者さんの状態に合わせたケアが必要なために、看護師じたいに精神負担が大きくなってしまうのも事実です。
さらに、患者さんが暴れることもあり男性ならではの力が必須です。
精神科に偏見はありますか? | ガールズちゃんねる - Girls Channel - (2174)

患者さんが暴れることもある精神科などでは、男性看護師が活躍する場面も多く、実際に男性看護師の比率は他の診療科よりも高くなっているといえます。
精神科は男性看護師が活躍できる場なんです。力仕事も多いですが、精神科は男性看護師にとって働きやすい職場と言えるかもしれません。
精神科は腕力や体力に優れた男性看護師が求められている職場のひとつで、男性看護師が多数の診療科目のある病院に就職・転職した場合、精神科に配属されるケースが多く見られます。
男性看護師が配属されやすい場所である精神科。

それは、精神疾患上、意図的ではない暴力を振るわれたり、
力ずくで抑えなければいけない場面も多々あることから、

女の人は働きにくいため、男性が重宝される場所です。

精神科への配属の多さについてですが、これは言ってみれば精神科の仕事というのは、看護業務と言いつつも、実際的には、「力仕事」がメインのようなものである、という点がその要因になります。

つまり、患者さんが暴れたり、場合によっては暴力を振るわれかねないという状況にあるため、それらを制止する役割が、男性看護師には求められるというわけですね。

「整形外科」

急変するような患者さんは多くない診療科ではありますが、
痛みを訴える患者さんを抱えたり、支えたりといった力仕事が発生することもあります。
そのために男性看護師さんは重宝される傾向があります。
理学療法士さんのような力仕事も発生するかもしれませんね。
整形外科 | JA秋田厚生連 大曲厚生医療センター (2175)

体位交換や動けない患者さんの移動介助には、体力と筋力が不可欠なので、他の診療科と比べて体力を消耗しやすいというデメリットを生み出しています。

整形外科に男性看護師が多い理由のひとつがこれで、男性にとっては転職や異動に際してメリット、女性にとってはデメリットになっています。

整形外科では怪我によって日常生活に支障をきたす患者も多く、その介助として力仕事が必要になることもあります。具体的には、足を骨折した患者に付き添ってトイレに行ったり、入浴の介助を行ったりということです。

患者の体格にもよりますが、かなり力が必要な場合もあるので、病院によっては一定の数の男性看護師を採用するところもあります。

整形外科で働くデメリットについてですが、どうしても体位交換や移動介助など
体力を必要とする仕事が多いので女性看護師には肉体的負担が大きいです。

こうした理由から整形外科では精神科と同様に男性看護師が重宝されています。

「ICU、オペ室」

ICUやオペ室での男性看護師の活躍は大きいものがあります。
とっさの判断力や器械出し(医療器具を医者の指示に従って速やかに出す操作)なども男性向きといえるでしょう。
ただ、生死の境をさまよう患者さんが多いことが事実。
精神的なタフさが求められる現場といえるでしょう。
手術室 of わきだ整形外科 (2176)

手術室やICUなどで男性看護師が重宝される理由ですが、手術に用いる機械の取扱について男性のほうが強いからだという見解もありますが、実質的にやはり体力的な理由が強くあります。
手術室の場合には、精神科の場合とは異なり「男性看護師が多い」というよりも、「男性看護師が一定数配属される」という言い方のほうがより適切でしょう。
オペ室勤務については、男性看護師と女性看護師の両方が男性向きと断言しています。やはり、手順の先読みや瞬時の判断が要求される場所では、男性のほうが適応しやすいのでしょう。
責任も重く、状況の先を読んだ瞬時の判断力が要求される仕事ですが、それだけに男性看護師のほうが適正があるという声が大きいのが事実です。 まさにオペ室こそ男性看護師にうってつけのワーキングフィールドと言えるでしょう。

転職先について、自分の性格や考えに合った診療科を見つけましょう

気になる!?男性でクリニックで働く看護師さんはいるの?? (2167)

自己分析をして、自分の適性を知ることから始めましょう。
転職活動は想像以上に労力が必要です。
自己分析によって、自分の適性を知ったうえで診療科を選びましょう。

男性看護師さんは
・力が必要な診療科
・男性患者さんの多い診療科
・機器操作や判断力などが必要とされる診療科

などで重宝される傾向にあるようです。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |