スムーズな毎日を送る為に補うのはグルコサミン | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

スムーズな毎日を送る為に補うのはグルコサミン

20代の頃は体で不足する成分が少ないのですが、高齢になってくるとどうしても足りなくなってくる成分などが出てきます。ひざやひじの上げ伸ばしが辛い時はグルコサミンです。

年齢と共に作られなくなる

年齢も60代過ぎなどになってくると、軟骨成分が少なくなり体の変化を感じる方が多くなります。
特に男性もなのですが、女性は関節に変化を感じてしまう方が多いようです。
しかしピークは20代の時になりますので、30代の頃からグルコサミンの摂取をするように心がけたいものです。
毎日補ってあげる事で、体にかかる負担も軽減する事ができます。
年齢を重ねても健康に歩きたいと考えている方は、グルコサミンを補ってあげましょう。
その時に食べ物から摂取するのは必要な量をすべてを摂るのは難しいので、サプリメントで補うのがお勧めです。
サプリメントだと自分で決まった時間を作れば、忘れずに毎日摂取する事ができるでしょう。
今は販売している通販会社も多数あります。
ただ、グルコサミンの生産量は20歳頃までがピークとなっており、以降は年齢を重ねるごとに生産機能が徐々に衰えてしまいます。

特に50代のグルコサミン生産量はピーク時の約半分にまで低下してしまうと言われており、60代・70代以降も右肩下がりに減少する傾向にあります。

グルコサミンの体内生産量が不足すると、軟骨が十分に形成されなくなり、節々にきしみや痛み、違和感が起こり始め、やがて変形性関節症などの病気を誘発してしまいます。

特に女性は男性よりも変形性関節症を発症しやすく、80代女性の場合、約3分の2が節々に痛みや違和感を感じているというデータが報告されています。

実際に関節に痛みやきしみを感じるのは50代以降となりますが、グルコサミンの体内生産量の減少は20代後半から始まっているので、できれば30代以降は意識的にグルコサミンを摂取したいところです。

グルコサミンは体の中でつくられますが、その量は年をとるにつれて減っていきます。軟骨がすり減ったのに、グルコサミンが不足して修復できなければ、軟骨の破壊が進んでしまいます。そのまま進行すれば、ひざに変形が生じ、変形性膝関節症という病気になって痛みが起こります。
変形性膝関節症は、初期には、歩き始めなどに痛みを感じてもすぐに治まる程度ですが、骨と骨が直接ぶつかるくらいになると、痛みのために歩くことさえつらくなります。

加齢とともに軟骨がある程度減っていくのは自然なことですが、誰もが変形性膝関節症になるわけではありません。何歳になっても、自分の足で元気に歩いている人は大勢います。“いくつになっても元気に歩ける人”の仲間入りをするためには、どうしたらよいのでしょうか?
下記にそのためのヒントをご紹介します。

我々は生まれた時からグルコサミンを生産できるようにできています。

若い時は、勝手にグルコサミンを生産しており、関節にも豊かな軟骨を創造してくれるのです。

ですから、関節痛などが起こりにくいわけです。

中学生や高校生時代に運動部を乗りきれたのも、若さがあってのものなのです。

しかし、グルコサミンを生成するピークと呼ばれるものが来てしまいます。

そのピークを過ぎてしまうと、徐々にグルコサミンの生産量が落ち込みます。

グルコサミンとは、カニの甲羅やエビの殻などに含まれている成分のことです。
私たちの全身の組織に存在しています。
もともと体内にある成分ですが、年齢とともに作られにくくなるといわれています。
中高年期を迎えてからもアクティブな毎日を過ごしたい方にとって、スムーズな毎日をサポートするグルコサミンはとても大切な成分です。

グルコサミンとコンドロイチンは、
毎日、笑顔で歩くために大切な成分です。
もともと私たちの体内に存在していますが、年齢とともに体内で作られにくくなって、不足しがちになるといわれています。
日々の暮らしはもちろん、趣味や旅行、スポーツなどを楽しむためにも、健やかな歩みは何よりも大切にしたいもの。いくつになってもスムーズな毎日を過ごせるように、軟骨成分コンドロイチンやグルコサミンは、積極的に補いたい成分なのです。

グルコサミンとは

あまりじっくりとグルコサミンについて考えた事がある方は少ないと思いますが、皆人間にはこのグルコサミンという成分が入っています。
若い頃は十分にあっても、年齢と共に減少していくのです。
しかしスムーズな動きをする為には大切な成分になりますので、いつもとは違う体の変化を感じてきた時には補いたい成分になります。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |