知ってた??ブルーベリーで目が健康になる! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

知ってた??ブルーベリーで目が健康になる!

ブルベリーにはアントシアニンという目に良い成分が含まれています。また美容などにも良い影響があるそうなので調べてみました。

・ハイブッシュブルーベリー系統(栽培種)このタイプはさらにノーザンハイブッシュ系とサザンハイブッシュ系、ハーフハイハイブッシュ系の3グループに分けられ、それぞれのグループにたくさんの品種がある。
・ラビットアイブルーベリー系統(栽培種) ラビットアイブルーベリーにもたくさんの栽培品種がある。
・ローブッシュブルーベリー(野生種)[1]。
ブルーベリーの春

春のブルーベリー美しく可憐な花を咲かせるブルーベリー。釣り鐘状の白色あるいは淡紅色の小花(10コ前後)を花房でつけ、4月上旬から約1ケ月間開花します。

ブルーベリーが目にいいと言われているのはアントシアニンという成分があるからなのだそうです。ブルーベリーって綺麗な青い色をしていると思いますが、実はこの天然の色素が目によい影響をもらたしてくれるみたいです。
実は私たちの目が見えているのは、視細胞の中のロドプシンという物質が働いてくれているおかげだそうです。このロドプシンの再合成を助けているのがアントシアニンなんです。またアントシアニンには血行をよくしたり、目に栄養素を送り込んだりする役割もあるそうですよ。

ブルーベリーとは?

ブルーベリーが何なのかについては知っているとは思いますが、見落としていることもあるかもしれないので調べてみました。すると、ブルーベリーにはいくつか種類があることが分かり、その種類によって成分が少し違うみたいですね。また、以外にも綺麗な花が咲くようですよ。

ブルーベリーが目の健康にいい理由

5.ロドプシンとは何か

ロドプシンは網膜の細胞にある物質で、目を使っている間に分解され、すぐまた再合成されます。その連続作用が脳の視領域に伝わり、「見える」という現象が起こります。ところが、目を酷使すると、この再合成が追いつかず、物が見えにくくなります。

ロドプシンを活性化させるためにアントシアニン色素が効果的な成分です。

<なぜ効く?>
目の網膜には光に反応してそれを脳に伝えるはたらきをする「視細胞」がある。この視細胞の中には「ロドプシン」という物質があり、これが分解・再合成をすることで光を信号に変えて脳に送りだし、物が見えるというワケだ。
ロドプシンのはたらきが鈍ると物が見えづらくなったり、視界が曇ったり、チカチカして見える、などの症状が出て眼精疲労も進んでしまう。そのロドプシンの再合成を助けているのが「アントシアニン」なのだ!

ブルーベリーのその他の栄養と効能

ブルーベリーが注目されているのはアントシアニンだけではありません。ビタミンやミネラルも豊富で食物繊維もあるんです。中でも優れているのがビタミンAとEだそうです。ビタミンAは皮膚や目、ビタミンEはアンチエイジング効果が期待できます。
トップクラスなのはアントシアニンだけではありません。
ブルーベリーにはビタミンだけでもA、C、E。さらに亜鉛などのミネラルや食物繊維が豊富に含まれ、1粒食べるだけでたくさんの栄養素を摂取することができるのです。

とくに優れているのがビタミンAとE。ビタミンAは皮膚や目を保護するチカラがあり、肌を健康にしてくれる美容効果がありますが、光を感じるロドプシンの主成分でもある為、アントシアニンとともに視力低下を防いでくれるといわれています。

ブルーベリーは小さな可愛い実の中に、健康をサポートしてくれる頼もしい成分がぎっしり詰まっています。その中でも目に良い成分として有名なのが、ポリフェノールの1種であるアントシアニン。アントシアニンには、人間のからだに有害な「さびつき」を防止する作用があり、視覚機能の改善、花粉症の症状改善、生活習慣病の予防や改善など様々な効能が期待できます。また、食物繊維をたっぷり含むことから、便秘の改善にも一役かっています。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |