関節の痛みには、グルコサミンが効く! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

関節の痛みには、グルコサミンが効く!

テレビCMなどでもよく見かけるグルコサミン。しかし、効能に関しては、あまり詳しくない方も多いのではないでしょうか。グルコサミンをまとめてみました。

骨同士の衝撃が大きくなって骨が変形してしまうのは、グルコサミンが減少している証拠です。
軟骨が弱くなると書いていますが、この軟骨の主成分がグルコサミンになります。
このグルコサミンが減少してしまうと、軟骨が弱くなってしまい関節を痛めやすくなってしまいます。
グルコサミンとコンドロイチンは、それぞれの働きをサポートし、より良い形での相乗効果が期待出来るとされています。グルコサミンが軟骨の再生と修復をする一方で、コンドロイチンは軟骨に水分と栄養を与えて、より強い軟骨精製をサポートしてくれます。

しかし、グルコサミンは軟骨の再生と修復と同時にコンドロイチンを生成するため、その両方を行った場合体内ではコンドロイチンが不足気味となり、軟骨が再生されても十分に機能を果たすことが難しくなってしまう場合があるのです。

そのため、グルコサミンと合わせてコンドロイチンも同時に摂取することで、体内のコンドロイチンが不足するのを防ぎ、グルコサミンの軟骨再生機能をサポートすることができるのです。
この事からサプリなどを選ぶ時は、グルコサミンとコンドロイチンが両方配合されているものを選ぶのがオススメです。

グルコサミンの仲間たち

効能や効果が出るまでの期間

グルコサミンとは

関節の痛みは一度発生してしまうとなかなか取れないもので、ほとんどが慢性化してしまいます。その多くの原因が、骨の変形や、関節に負担がかかりすぎたことによって痛みが生じてきます。そしてこの原因に深く関わりをもっているのが、関節と関節の間にある軟骨をなります。この軟骨は弱くなると、当然骨同士の衝撃も強くなり、骨の変形などの原因になります。

また軟骨が薄くなってしまったり、弾力がなくなってしまうと、骨が関節の動きで削れているなどの症状が出てきます。そして痛みが出てくることになります。このような痛みの出かたになってしまうと治療は長期間必要となり、痛みとの付き合いが重要となります。このような時に軟骨の成分であるグルコサミンをとることで、軟骨を保護できたり、痛みの緩和などが可能となったりします。また関節と関節の間の細胞の新陳代謝にも効果を発揮してくれる為、関節の動きが改善するなどといったことも見られるようになります。

グルコサミンとコンドロイチンは、セットでよく聞く言葉ですね。
一緒に摂取すると、回復が早いかもしれません。
2つの成分が一緒に入った健康食品があるのは、便利ですね。
グルコサミンは、グルコース、つまりブドウ糖がアミノ酸と結びついてできたアミノ糖という物質のひとつです。グルコサミンは、関節をスムーズに動かすために必要な軟骨を作る成分でもあります。

軟骨は年齢とともにしだいにすり減っていくことが知られていますが、それは体内で生成されるグルコサミンが少なくなるからだといわれています。年を取ると膝などに痛みが出てきて、歩いたり階段を昇降するのに支障が出てくるのは、グルコサミンが減り、クッションの役割をする軟骨が次第にすり減って、骨と骨とが直接触れて変形してしまうため。
だからこそ、グルコサミンを補うことが大切だと考えられています。

軟骨を強くするためには、ある程度時間は必要です。
グルコサミンは、医療でも関節痛などで使用されているので、回復の方向に向かうと思います。

グルコサミンは、関節が痛くなってきてから飲み始めても大丈夫です。
50歳を超えてくると、明らかにグルコサミンは減少してくるので予防として摂取していてもいいかもしれません。
関節を酷使するスポーツをしている人にも、グルコサミンはおすすめです。
年齢とともに減少する人たちよりも、少ない場合もあるそうです。

グルコサミンは、関節を守る軟骨関節の成分に大きく関わっています。
20歳頃までは、体内でたくさんのグルコサミンが生産されますが、年齢とともに生産されにくくなります。
グルコサミンを飲み続ける期間ですが、症状の程度によりその期間は異なります。

仮に軽度の関節炎とすると、1ヶ月間くらい飲み続けると、症状はかなり回復するでしょう。
正座ができなくなったなどの中程度の関節炎であれば3ヶ月程度はグルコサミンを摂取するようにします。

それよりさらに症状が重い場合には、半年から1年くらいグルコサミンを飲み続けることが望ましいでしょう。

それから関節炎などの症状が治まればグルコサミンの摂取をストップさせていいかという点ですが、やめてしまうとまた症状が悪くなるということもあるようです。

完治したとはっきりわかるまでは、痛みがなくなってからも半量のグルコサミンをしばらくは飲むようにするといいでしょう。

グルコサミンをじょうずに利用して、関節炎などの辛い痛みから早く抜け出せるように工夫しましょう。

期待される効果

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |