〈安いのに効果は変わらず?〉ジェネリック育毛剤ってありますか? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

〈安いのに効果は変わらず?〉ジェネリック育毛剤ってありますか?

育毛は効果のあるもので行っても毛が生えるまでに3ヶ月から半年ほどかかります。その間毎日育毛剤を使ってケアしますので継続してお金がかかります。もし、効果が同じなら価格の安いものがいいですよね。ジェネリックは薬を継続して使う人たちの強い味方なんです。

ジェネリック(後発)医薬品とは?

ジェネリック 育毛剤 - Google 検索 (1967)

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、すでに症例を改善する効果が認められて利用されている新規開発医薬品(先発医薬品)と同成分の薬品を低価格で販売しているものです。

ジェネリック医薬品は発毛医薬品にも存在し、開発費用が発生しない安い薬品価格となることから特に保険適用のないAGA関連医薬品で利用が急増しており注目されています。

ジェネリック医薬品がなぜ安くなる理由。

ジェネリック 育毛剤 - Google 検索 (1974)

新規開発(先発)医薬品の開発と特許による権利の保護

ジェネリック医薬品を理解する上で重要となるのが、薬品にまつわる『特許』となります。

薬品は症例を改善させるために製薬会社によって開発されますが、この開発において平均300億円以上の研究費と膨大な研究試験期間(9年~17年と言われます)が必要となり、販売後に支出した研究費を回収するために特許権を取得します。

つまり薬品製造販売権を自社で独占して、開発した薬品の構造や製造方法が他社に使用されないようにするのです。膨大な資金がかかった新規開発(先発)医薬品には、この研究分費用も加算される形となるため高額になりやすいのも特徴です。

ジェネリック医薬品の特徴。

ジェネリック 育毛剤 - Google 検索 (1973)

ジェネリック医薬品は新規開発医薬品の販売から20年が経過し、特許権が消滅した段階で薬品構造や製造方法の利用が認められ、数多く販売開始されます。

新規開発医薬品の承認申請には、薬事効果発見の経緯にはじまり、規格・試験方法・安全性・毒性・催奇性・薬理作用・吸収作用・代謝作用・排泄検査・臨床試験など数多くの試験を含めた20を越える膨大な資料を提出する必要がありますが、ジェネリック医薬品では薬品の有効性や安全性が新規開発医薬品によってすでに認められていることから、一定の基準が定められた試験をおこなうだけで販売認可されます。

ジェネリック医薬品には薬品開発費が必要なく、認可試験にも時間を要さないことからコストがかからないため安く販売することが可能になっています。

ジェネリック育毛剤のメリット。

ジェネリック 育毛剤 - Google 検索 (1977)

、安い、効く、この2つがやはり最大のメリットです。

1日に1回~2回の使用量計算で大体、16円~136円×30日ほどの費用で抑えられます。

通院して治療する場合は、薬だけでも1日約200円は最低かかります。

もちろん、通院して専門家とじっくり治療するのも良いことです。

しかし、通院している暇がなかったり、お金をかけたくない、そんな人にはジェネリック育毛剤を購入して使用することが良いでしょう。

値段が安いもの=粗悪品というイメージは誰にもあるかと思いますが、ジェネリック育毛剤に関しては決して違います。

元々医薬品であった成分の物を消費者に安く手に入れられるようにしたジェネリックだからです。

ジェネリック育毛剤の種類。

ジェネリック育毛剤には様々な種類があり、人それぞれにあった物を自由に選ぶことができます。

タイプは2つあり、飲むタイプと頭部に直接塗るタイプです。

飲むタイプ有名なのは、

フィナステリド配合育毛剤フィナロ、フィンペシア
ミノキシジル配合育毛剤ミノキシジルタブレット

塗るタイプで有名なのは、
ミノキシジル配合育毛剤ロゲインやポラリスNR-08

ジェネリック育毛剤の副作用は覚えておきましょう。

どのジェネリック育毛剤も副作用が現れる人はごく僅かですが、万が一そういった症状が出た時に、冷静に対処できるようにしておきましょう。
ジェネリック育毛剤は安価かつ通販で簡単に手に入れられることができますが、使用は自己責任になります。必ず覚えておきましょう。
ジェネリック育毛剤はれっきとした薬です。

ジェネリックではない育毛剤にも副作用があるのと同じように、

まれにですが、副作用はあります。

もし、副作用?と思うような症状が出たら使用を中止して、医師や購入先に相談しましょう。

ジェネリック医薬品はどのようにすれば手に入る?

ジェネリック 育毛剤 - Google 検索 (1968)

発毛剤のジェネリック医薬品は、国内では販売されていません。

街中で、怪しい店舗が販売している例もありますが、違法ですし危険なので利用してはダメです。

発毛剤のジェネリック医薬品は、個人輸入代行業者を利用します。

インターネットを検索すればたくさん出てくるので、試しに「医薬品 輸入代行」みたいな感じで記入してみましょう。

購入は簡単です。通販ショップのような感覚で利用できるのです。

支払いはクレジットカードでも出来ます。

ここでも違法性がないのか心配になる方がいます。

個人輸入代行については、個人で使う分であれば一切違法性はありません。

ただ、販売したり他人に譲ったりすると問題となります。

ジェネリック育毛剤を海外からの通販という方法は、包装の仕方によって人から知られる可能性もグッと減りますし、価格帯は日本の医薬品より安く手に入れることができます。

そのためこの方法は多くの人から支持されており、人気があります。

その反面、リスクもないわけではありません。海外からのジェネリック育毛剤の購入というのは、厳密にいえば「通販」(通信販売)ではありません。

この方法は正式には個人輸入と言われていて、海外から自分自身で取り寄せて購入しているという形式になります。

ジェネリック 育毛剤 - Google 検索 (1970)

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

発毛剤系のジェネリック医薬品の危険性について

入っている成分がまちまちなこともある

残念ながら粗悪品が紛れ込んでいることもあります。

よくよく調べてみるとミノキシジル10%と記載してあるのに、8%しか入っていなかったり、12%も含まれていることもあるのです。

粗悪品を掴まされないようにするためには、信頼できる輸入代行業者を探しだすことです。

薬剤師が所属しており、代表者の顔写真が掲載されているか、といった部分に注目してみるのもお勧めになります。

ジェネリック育毛剤はたしかに安価ですが、安かろう悪かろうでは困ります。

また、効果のないものを使い続けても時間とお金の無駄になってしまいます。

購入先のサイトや口コミをよく見て本物かどうか見極めるようにしましょう。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |