筋肉がつくというのは本当?グルコサミンと筋肉の関係 | キュレーションメディア

筋肉がつくというのは本当?グルコサミンと筋肉の関係

グルコサミンを取ると筋肉が付くとネットなどで耳にすることがあります。それは実際のところ本当なのでしょうか。本当ならば、どのような仕組みでグルコサミンが筋肉増加に役立つのでしょう。グルコサミンと筋肉の関係について調べてみました。

筋トレではジョギングや走り込みもよく行われます。
膝をかなり酷使することになるので、膝関節のケアはしっかり行うべきです。

膝は人間の体の中でも重要な部分で、長い年月をかけて消耗していく部分です。
筋トレで筋肉を付けるのも大事ですが、膝はもっと大切といえます。
その膝をケアするためにグルコサミンを摂取したいものです。

何故グルコサミン&コンドロイチンは筋トレサプリなのか?

まず快適なトレーニングを続けて行く上でとても重要なのが、怪我をしない事です。

グルコサミン&コンドロイチンは、原材料の特徴でも触れておりますが、『軟骨に多く存在しているネバネバとした弾力成分』・『関節の動きをスムーズにしクッション材』などで筋肉量を増やすために高重量に挑戦する必要性がある筋トレでは、特に関節など痛めやすくなるので原材料の特徴からもグルコサミン&コンドロイチンは筋トレをする際に必要なサプリメントとの判断が出来ると思いました。

グルコサミン&コンドロイチン摂取する事で関節がスムーズに動き『痛くないところがこれから痛くならないようにする』事が可能なサプリメントなのです。

グルコサミンを単体で摂るよりも、コンドロイチンと一緒に摂る方が効果的です。
筋肉アップの為の関節ケアなら特に、この組み合わせは最適です。

軟骨や関節をグルコサミン+コンドロイチンでケアしていけば、関節の調子が良い状態で筋トレが行えます。

関節の具合がよければ、筋トレもはかどるはずですし、気持ちが良いはずです。

筋トレで体を負傷することは多いです。
その多くが関節を傷めることなので、筋トレと関節のケアはセットとして考えましょう。

そう考えるとプロテインを飲んで筋トレをしても、関節のケアがなっていなければケガの元です。
筋トレ+グルコサミンのサプリで関節をしっかりケアしてください。
そうすれがケガなくスムーズな筋肉増大が見込めます。

グルコサミンは関節に良い成分です。
筋肉は間接無くして機能しません。
筋肉はトレーニングで負荷をかけて大きくしていくものですが、そのトレーニング
による関節へのダメージにグルコサミンが良い仕事をします。

無理なく筋肉を育てるためには関節のケアが重要です。
筋トレにはグルコサミンは欠かせない、そう言っても良いでしょう。

関節痛のイラスト(ひざ) | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

関節痛のイラスト(首) | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

トレーニングマシンで筋トレをする男性のイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

太田市の整体院コラム: 膝に水が溜まる

膝は消耗品ともいわれます。グルコサミンでケアしましょう。

ランニングなどで筋肉をつける時には、グルコサミンは効果的です。

筋トレで傷めやすい関節のケアと回復の為です。

グロコサミン+コンドロイチンが筋トレの定番になっています。

筋肉を増やすトレーニングは、確実に関節を酷使しているんです。

筋肉を付けるためには、関節のケアが欠かせません。

筋肉を支える部分に主に作用します。

グルコサミンは軟骨や靱帯などの生成に役立ちます。

スリムボディになるのに絶大な効果を発揮するランニング。でも、30代に入ると、体内のグルコサミン量が減少してくるため、軟骨に負担がかかるようになります。そこで活躍するのが、グルコサミン&コンドロイチンのサプリメント。グルコサミンとコンドロイチンは、関節の機能を向上させる働きがあるため、ランニングで疲れた膝をサポートするのに最適です。食品にはわずかしか含まれていないので、サプリメントで摂るのが一番。グルコサミン、コンドロイチン効果をしっかり活かし、ランニングでダイエットする時の強い味方として取り入れてみてくださいね!

グルコサミンで膝を守る!

ランニングのダイエット効果をよりUPさせるためには、ランニング前に筋トレを行って、脂肪燃焼の元となる筋肉をつけることが大切です。

体力や筋力をつけるために行う筋トレでは、関節が酷使されます。例えば腕立て伏せをする時には腕を何度も屈伸させる必要があるため、肘や肩などの関節に負担がかかります。筋トレのメニューに欠かせないスクワットをする時でも、膝や足首、さらには腰への負担も大きくなります。いずれも筋力をつけるためには必要な運動ですが、長く続けていると関節を酷使することにもなるので注意が必要です。

これらのトレーニングからくる関節の痛みを改善するには、グルコサミンを多く摂取するのが効果的です。これは関節周りの軟骨に多く含まれる成分です。軟骨は毎日酷使することですり減ってしまい、骨と骨がぶつかり合うようになると痛みや違和感となって私たちを悩ませます。

今回は関節の障害を防止したり、痛みや違和感などを緩和する効果が期待できると話題になっている物質、グルコサミンとコンドロイチンについてまとめてみたいと思います。

グルコサミン

グルコサミンは軟骨や腱、じん帯などを作るために必要な成分です。

人間の体内でも合成が可能ですが、年をとることで体内で合成できる量が減ったり、激しい運動などで繰り返し関節に負荷がかったりすると必要な量が増えて不足したりする場合があります。

自然の食品としてはカニやエビなどの殻の成分(キチン質)に豊富に含まれていますが、意識して摂らないと食品から摂取する量を増やすのはなかなか難しいかもしれません。

カニとグルコサミン

なお、グルコサミンは欧米では軟骨の形成異常によって起こる関節炎や変形関節症の治療にも用いられているそうです。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |