1日に飲む量の目安は?黒酢の摂取量と飲み方をマスター | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

1日に飲む量の目安は?黒酢の摂取量と飲み方をマスター

健康やダイエットに効果があると言われる黒酢。サプリメントで摂取する場合は用法や容量を守る必要があります。では、飲料として黒酢を摂取場合は、1日の摂取量はどれくらいにしたら良いのでしょうか?また、飲むときに注意する点はあるのでしょうか?調べてみました。

『黒酢と食品』お勧めの組み合わせ

栄養が豊富な黒酢は食品との組み合わせ次第で、様々な相乗効果があります。
是非試してみてください。
・ひじきにかける。
  (亜鉛等の鉄分を多く含む非ヘム鉄系食品は
   鉄分の吸収が悪いので、酢をかけることで
   3倍の吸収率になります。)
   ヘム鉄=動物系(肉など)非ヘム鉄=野菜、穀類

・牛乳にいれます。
  牛乳に小さじ1ぱいほどの黒酢を入れて
  電子レンジで温めます。少し熱めのほうが
  いいです。混ぜるとヨーグルトのように
  固まりますから、それをのみます。
  効能はカルシウムの吸収が3倍になります。

ただ、黒酢を空腹な時間に飲むと、胃が荒れてしまいます。
また、寝る前に飲んでしまうと、黒酢の強い酸で歯が悪くなってしまいます。
ですから、寝る前というよりも、晩御飯の後に飲んだほうがいいでしょう。

アミノ酸や酢酸が豊富な黒酢は動いていると脂肪を燃焼させてくれます。
夜でなくてもダイエット効果は高いと思いますよ。

黒酢の1日に必要な摂取量は30mlだといわれています。
これがどれくらいの量なのか想像がつきにくいかもしれませんが、たとえば酢の物なら10人前、酢豚なら4人前、つまり、食事から摂ろうとすればとても食べきれないになってしまうというわけです。

ですから、黒酢は「飲む」のが一番簡単で確実な方法なのです。

サプリメントなら黒酢成分を凝縮してカプセルに閉じ込めてあるので飲みやすいだけではなく、1日に必要な量をしっかりと摂取することができますよ。
ただし、決められた量をしっかりと守って飲むことが何よりも大切です。一度に大量に摂取することで胃腸に負担がかかり、下痢や腹痛を招くこともあるので、特に胃腸が弱い人は注意が必要です。

ダイエット目的なら夜がお勧め?

体内の新陳代謝は1日のうち夜に最も活発に行われます。ですから、黒酢を夜寝る前に摂取すると、体内の新陳代謝が更に促進されます。美肌効果を目的としている方は、黒酢を使った料理を晩御飯に食べるのがおすすめです。ドリンクとして摂取できる方は、寝る前に一杯飲むと黒酢のパワーを存分に取り入れることができると思います。

また、黒酢の脂肪燃焼パワーを取り入れたい方は、運動する前に摂取することでより効果をあげることができます。ウォーキングなど出かける前に飲むとよいでしょう。

酢の1日の一般的な必要摂取量は15ml~30ml(大さじ1杯~2杯)です。
胃が荒れることが心配なら、料理と一緒にするか、薄めて飲むことをお勧めします。

黒酢の1日の摂取量の目安

脂肪低下効果は、酢を毎日15ml~30mlくらい(実験では12週間)摂取するだけいいそうです。
血圧低下作用は酢酸750ml(酢15mlに相当)を10週間。
血糖値上昇抑制作用は酢15mlと白米もしくは白米+ワカメとなっていますね。

お酢の効果を企業と大学が臨床試験で証明しました

ミツカンなどお酢メーカーは、お酢の健康効果を科学的に証明しようと大学などと共同で各種の臨床試験を行っています。
現在実証されているお酢の健康効果を紹介します。

・ミツカンがお酢の脂肪低下効果を実証
・お酢の血圧低下作用を検証
・血糖値上昇抑制作用も確認

ダイエット目的ならイソフラボンが豊富な豆乳。
便秘解消ならペクチンが豊富なリンゴジュース。
血糖値や血圧が気になるのなら、血液や血管に良い影響がある酢タマネギ。
骨粗しょう症の予防ならカルシウムの吸収を上げる牛乳あたりがお勧めです。

黒酢ドリンクがお勧め

以前は黒酢と言うと料理の調味料として用いられるのが一般的でしたが、昨今の黒酢ブームにより、近年はドリンクとして飲用する方も増えてきました。

一般的な食酢は酸味がきつく、ドリンクとして飲むのは難しいところですが、黒酢は普通の食酢に比べて酸味が少なく、まろやかな味わいに仕上がっているので、お酢が苦手な方でもすっきり飲めるところが特徴です。

また、調味料として使用するよりも、一度に摂取できる量が多くなるので、健康・美容目的で続ける方はドリンクとして飲むことをおすすめします。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |