育児中の主婦やプライベートを重視したい看護師さんに人気の<皮膚科>とは? | キュレーションメディア

育児中の主婦やプライベートを重視したい看護師さんに人気の<皮膚科>とは?

皮膚科は、日勤が多く比較的残業も少ない職場なので看護士さんにとっては働きやすい環境です。そして 皮膚科の看護師さんは患者さんとのコミュニュケーションには注意する必要があります。

皮膚科は他の科に比べると、手術をしたり治療に長い時間を必要とすることも少なく、大掛かりな治療で入院を伴うことも少ないと言うところが転職には向いているのかも知れません。皮膚科は眼科と同じように命に関わらないと言う事で人気があるようです。

皮膚科で働く看護師さんに必要なスキル

 (6649)

via goo.gl
皮膚科で働く看護師に必要なスキルは、まず患者さんの様子をよく観察して患部の状態の変化などを敏感に感じ取る力です。実際の看護スキルとしては、皮膚科の仕事は決して難しいものではなく、ブランクのある看護師の中には、簡単な処置の多い皮膚科で復帰をしたいという人も少なくありません。

確かに皮膚科で看護師が行う処置は、採血をしたり薬を塗ったりが中心で、命に関わるような病気もほとんどないので比較的気楽に勤めることができるのです。

比較的処置が難しくない

 (6650)

比較的処置が難しくないというとでしょう。基本的には肌の疾患になるので、患部は見えている場所ですし、行う処置も薬を塗ったり検査のための採決をしたりが中心で、看護師として基本的な技能があれば問題ない範囲です。

皮膚科の特徴

 (6651)

・患者の年齢が幅広い
皮膚科の特徴は、皮膚科は新生児から高齢者まで幅広い年代の人が受診することです 新生児や乳児はオムツかぶれや乳児湿疹、小児になればアトピー性皮膚炎、思春期以降はニキビや水虫、蕁麻疹などもありますし、高齢になると脂漏性皮膚炎が増加します。

・比較的軽い症状
命にかかわる重症な疾患は少ないことです。健康な人でも、何らかの皮膚トラブルで皮膚科を受診したことがあるという人は多いと思います。皮膚がんなどの重症疾患もありますが、ほとんどが入院の必要がない通院治療が可能な疾患となっています。

・外来やクリニックが中心
病棟での入院治療よりも外来やクリニックでの治療が主流であるという点です。皮膚科のクリニックは全国に約1万3000もありますし、外来は比較的小規模の病院にもよくありますが、皮膚科の病床がある病院はあまりありません。あってもほかの診療科との混合病棟であることが多く、単独の皮膚科病棟がある病院は非常に少ないのが現状です。

皮膚科とは

 (6652)

皮膚科は、アトピーやニキビ、湿疹、水虫といった皮膚疾患を治療することを目的とする診療科目です。新生児から高齢者まで幅広い年齢層の患者が利用するという点と、クリニックや診療所など小規模の医療機関が多いという点が特徴です。

総合病院などに設置されている場合は、手術設備を備えている場合が多く、反対にクリニックなどでは外来の診察のみという傾向が多いです。

皮膚科、実はこんなところです

 (6653)

皮膚科は総合病院に科を置く場合もありますが、クリニックや個人病院が大多数となっています。 医師の診察の補助が皮膚科の看護師の主な役割で、薬の塗布や説明などが主な仕事となります。 薬によっては指示通りに使用しないと効果を発揮しなかったり、塗る量や症状が軽減してからの対応など、きちんと説明が必要な場合もあります。 薬の内容をしっかりと理解して、適切な説明をすることが求められます。

器具の減菌はもちろん、感染病が患者さんの間で広まらないよう処置室や待合室などの衛生管理も看護師が行う場合もあります。 中には外科的処置が必要な患者さんもおられますが、大抵は提携の整形外科などで処置しています。 ですので比較的残業は少ないのですが、季節によっては残業がぐんと増えるのが皮膚科。

看護師の求人 皮膚科はママさんが多いその理由は?

 (6654)

via goo.gl
実は皮膚科、ブランク明けのナースやママさん、新人さんなどに人気があります。 その理由は仕事内容。 急変なども起こりませんし、比較的容易にマスターできるので技術や知識に自信のない人やまずは身体慣らしから始めたい人などに人気という傾向があります。 実際、仕事内容は入社後に研修もありますので、業務に就いてから身につけることは可能です。

しかし、中には他の科目を併設しているクリニックもあります。 その中でも看護師を科目ごとに置いているところと全ての科を同じ看護師が看ているところとがあり、場合によっては皮膚科以外の知識も身につけることが求められることもありますので、応募する前にきちんと調べることが大切です。 夜勤がなくて比較的残業が少ないとなれば子育て中のママナースでも働きやすいんですよね。

皮膚科看護師の仕事内容とは?

 (6655)

・医師の診察補助
一般的な看護師の仕事内容になります。他の科目で経験がある方でしたら、特に問題になることはありません。皮膚科については、主に外来に力を入れていることが多いので、医師の診察補助業務がメインになります。
 (6656)

・説明業務について

皮膚科では薬が出ることが一般的です。その薬についての説明が重要な仕事に入ります。説明が不十分で、使い方を間違えてしまうと薬の効果がしっかり発揮できない事もあります。患者さんに正しい使い方をレクチャーする仕事も重要です。

ちなみに、症状が軽くなったら、薬の使い方を変えることもあります。その説明が必要になることもあるので、薬に関する基礎知識も仕入れておくべきです。皮膚系の病気の説明の必要もあります。来院する患者さんは、子供から高齢の方まで様々です。付添いのご家族を安心させるためにも、説明には力を入れてください。

皮膚科…クリニックの看護師の仕事と病院の仕事の違い

 (6657)

皮膚科 クリニックでは、主に医師のサポート業務が看護師の仕事です。

患者さんに関わることも多くありますが、皮膚科 クリニックで重要なのは、いかに医師がスムーズに診療を行えるかを考えることです。 皮膚科 病棟では、看護師の方が患者さんと接することが多いですよね。 そして看護師が観察した事を踏まえて、医師が治療をしていきます。

でも皮膚科 クリニックの場合は、医師が全て観察していきます。 看護師は待合室での状態や問診表の内容から、患者さんの症状を大まかに医師に伝えます。 そこから医師は直接患者さんを観察し、診察を行っていきます。 ですから、私たちクリニックの看護師は医師の目や手足になることが大切なのです。

美容皮膚科での主な仕事内容は?

 (6658)

・ 医師の診察補助
・施術補助
・カウンセリングなど

美容皮膚科では注射や点滴を行う機会が多く、これらは看護師の役割の中でも特に重要でメインとなるものでもあります。また、お客様がどんな悩みやコンプレックスを持ち、どう美しくなりたいと思っているかなどの希望を聞いて施術内容を話し合ったり、施術に不安を感じている人の不安を取り除いたりすることも看護師の役割で、コミュニケーションを大事にして信頼を築いていくということも重要な仕事です。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |